レビュー&Tips その1 山岳遭難への備え編



jROとは日本山岳救助機構の略称です。
万が一遭難した時の心強い味方なのです!

ちなみに正式名称は
Japan Rescue Organization LLC
頭文字をとって、jRO。
※リンクはこちらです

山で万が一遭難してしまった時、
330万円まで遭難費用を負担して
くれるのです。

といっても、このシステム、保険ではありません。
加入者全員で、一年間にかかった救助費用を
分担して割るシステムなんです。

なので基本料金は年¥2,000と格安!
(初年度のみ、別途入会金が¥2,000
かかります)

年度末に清算をするので、¥700〜¥800の
追加費用がかかる事が多いですが、
それでも年間¥3,000以内で済むんです

山で起こった事故ならなんでも対象に
なりますので、もちろんトレランもOK。

ヤマモリという捜索用の発信器
借りる事も出来ます(購入も可)

この発信器があれば、遭難時にかなり発見
されやすくなるので、単独行動をされる
方は必携かもしれません。


jROを含め、山岳保険など色々なものが
ありますので、山に行く機会が多い方は
加入を検討してもいいかもしれませんね。
講習会も充実していますよ。

まさに転ばぬ先の杖!

そんな情報でございました

P.S
jROは保険では無いので、傷病に対する
保証はありません。あくまで救助費用への
対応のみとなります

※この記事は2013年7月の記事の
再編集となります。
記事中のリンクはjROより許可を
いただきました。ありがとうございます!

最近の画像付き記事