レビュー&Tips その5 富士山頂往復マラニック通過タイムMAP編



画像はタップで拡大します。富士山頂往復
マラニック(往路)の実際の通過タイムです

毎年8月のアタマに開催されるこの大会。

“富士山頂往復マラニック”

海抜0mの田子ノ浦から、富士山頂の
剣ケ峰にタッチして、24時間以内に
また田子ノ浦まで戻ってくるという
全長112kmの大会です

マラニックというのんびりした言葉の
響きとは裏腹に、真夏の強烈な暑さと、
富士山頂の極寒、さらに高低差3,776m
という過酷さをいっぺんに味わえる
かなり強烈な大会となっております。

往路は夕方に出発して、夜通し走ることに
なるのですが、速いランナーさんは
ご来光を山頂で迎えるんですよね。
スゴイ!


続いては復路の通過タイムです



同じくタップで拡大します。
復路は、何はともあれ5合目を
朝9時には出発する事。

これが出来れば完走の確率が
グッと上がるのだそうです。
最悪でも10時までに出発するのが
鉄則なのだとか。

この大会、オイラ達は富士宮まで
下ったあたりで灼熱地獄にやられ、
走れなくなりました(泣)

以上、
「このタイムより速ければいいんだな」

という感じで参考にしていただければ
幸いです!

※この記事は2015年8月の記事の
再構成となります

最近の画像付き記事