2015富士山頂往復マラニック。シューズ編



間近に迫った富士山頂往復マラニック。
シューズで悩んでおります

というのも、この大会、ロードが長いので
皆さんロード用のランニングシューズで
出場されるのですが……

下山ルートに砂走りを使うと、見事に
ソールが壊れて(はがれて)しまうのです!

去年は最初の富士山試走の時に
半年しか使っていないシューズを
履いていったため、下山して泣きました。
見事にカカト部分のソールが
ベロンと剥がれてしまっていたのです。

で、もったいないので



シューズドクターという接着剤を使い
修復して、大会に挑みました。
(写真は去年の修復時のものです)

結果は皆さんご存知の通り
リタイアでしたが、修復したシューズは
再度ソールが剥がれることもなく、
無事下山まで保ちました。
シューズドクター恐るべし。
(ウレタン部分は無理かと思ったら
ガッチリ接着出来てましたよ)

で、今年は丁度ボロボロになった
シューズが無いので、なんだか捨てられ
なかった去年のシューズをもう一度
修復して使う事にします。

今年こそ、シューズと一緒に
ゴール出来ますように!


P.S
別冊カドカワ、無事発売となりました。
オイラの描いたラシュモア山の
ピンナップやフォトコミックも収録。
非常に濃い内容となっております!
テーマ
気持玉(6)
トラックバック (0)

トラックバック用URL

コメント (20)
砂走を下ると靴はボッロボロになりますね。わしも既に引退した使い古しのウルトラ用シューズで行き予想通りかかと取れてアッパーも一部擦りきれました。去年の靴も一緒にリベンジしたいですよね!!ファイト!!
van
>vanさん
おっしゃる通り、ホントボロボロになっちゃうんですよね。登山靴で登った時はさすがにビクともしなかったんですが、トレランシューズですらあえなくソールが取れてしまいました。今回同じ靴なのでさらにボロボロなんですが、リベンジ出来たら最高ですー!
おっさんランナー
吉田口の下山道は砂利で、砂走りよりもシューズの傷み方は大きいですね。新品のシューズも1回でソールもアッパーもボロボロになるから、富士登山競走では使い古したシューズが標準装備。これまでお世話になったシューズの引退レース、最後の晴れ舞台。

ただ、五合目で終わっちゃうと下山する必要もないから引退は持ち越し。ボクのシューズは今年も引退持越しに終わりました。
サイコアスロン静岡・選手会長
別冊カドカワ、濃い〜内容でしたよ。高橋メアリージェンさんってえらい美形ですね(そこかよ)フォトコミック堪能させていただきました。
 昨年一緒に行ったシューズ、今年は力強い相棒ですね。シューズドクター結構いけるんですね。仕事用の靴なんかにも使ってみようかな。
ナツオ
以前富士登山した際は、ロードシューズ(ナイキのフリー)だったので、下りの大砂走り激走も壊れずにすみました。
でもやっぱり、トレランシューズの方が良かったんでしょうね。
ださべ
ボロくなっても、捨てられないシューズって有りますよね。
私は、走り始めて最初に買ったお気に入りのは、裏側がツルツルになってから、普段履きに変えましたが、時にはジョギングでも履いてます。
さすがにジョギングでは、滑るし、ダイレクトに振動が伝わってくるんですが、革靴や普通のカジュアルシューズに比べると、脚が全然疲れないんですよね。
もう千キロ以上は履いてるけど、見た目はそんなにくたびれてもいないので、まだしばらくはお世話になりそうです。
しかし、富士山頂往復マラニックでは、何を履くのか、まだ決めてません。
長丁場なので、軽くて疲れにくいのが良いけど、砂走りのこと考えると、引退間際のが良いですしね〜。
Jimmy
私は今年もasicsGTでいくつもりです。昨年は1代前のでしたが砂の入りも少なく自分には良かったです。以前asicsのトレランシューズで御殿場口へ行った時はボロボロになりました。このマラニックはロードの下りが走れるシューズが良いのかなと思います。
suke
富士山を走る場合は古い靴でいくんですね。
新品はもったいないけど、古すぎて途中で壊れたりとかも不安の様な…
ちょうどいい頃合いの靴を大会に合すのって、微妙な時ありますよね。僕は先日の北丹時、二週間前に破けて急遽新品で出走。それで爪二本逝きました。(決して攻めの走りをしたわけではなく…) あぁ、好きなだけシューズを買える生活がしたい〜
でも靴への思い入れいい感じです!ぜひゴールへ連れて行ってあげてください(^^)b
マー
いよいよですね!!
意気込みがバンバン伝わってきますよ!!

一足先に闘ってきた富士登山競走ですが・・・
サブフォー!!しちゃいました!!
これで正真正銘、市民ランナー勲章の1つをゲッチューです!!

この勢いであと2つ!!やっつけます!!


富士山頂往復マラニック、全力で応援します!!
フレー!!フレー!!おっさぁーーん!!
フレー!!フレー!!嫁さあぁーーん!!

いけええええーーー!!

アンパパマン
>サイコさん
オイラ吉田口は唯一登った事が無いのですが、砂利なんですね。新品もボロボロになる下山道。シューズの引退レースにするという心意気が素晴らしいです。そして富士登山競争おつかれさまでした。来年は山頂へ!!
おっさんランナー
空挺団の富士登山駅伝の選手が、やはりシューズが持たないと泣いておりました!
一区間でもそうなんですから、降りて来てから高音のアスファルトを走るマラニックなんて、ソールにとっては耐久試験みたいなものですよね〜!

月間カドカワのピンナップ、すばらしい出来ですね!
私は、あそこだけ外して、空挺団の若いのにやってしまいました(笑)
だから、表紙よりもピンナップの方が嬉しかったです♪
ねこあし
>ねこあしさん
富士登山駅伝はビデオで見るととんでもない事になってますもんね。あの下りの転倒シーンの連続は凄まじいです。やはりあのレベルで走ると一瞬でソールが壊れてしまうのですね。そして別冊カドカワ、買っていただきすいません(泣)ピンナップ、気にいっていただけてうれしいです!
おっさんランナー
レースにはもう使えないな〜という現役引退させた?ランシューやトレイルシューズの行き先が富士山練習になりますね〜

富士山は岩場か火山灰の砂場が多いので、多少は土の登山道も有りますが、ランシューでも登り下りにはあまり支障無いですよね。

ソールの剥がれは接着剤の耐用年数の問題が主ですから、買ってから三年経過以降は運かな、と思ってます。

昨日丹沢の登山教室で一緒になった70代の女性に聞いた話では、小田原からも海から富士山頂往復の二日間ハイクがあるそうな(笑)

山小屋で1時間程仮眠するそうですが、距離はやはり120k超えるとか…
>亀さん
富士登山にランシューで行く場合、やはりボロボロのものを使う事になりがちですよね。それにしても70代女性で山頂往復(しかも小田原から)をされるとは! オイラ山小屋で寝ると高山病になりそうなので、色々な意味でもう仰天です!
おっさんランナー
先日誰かにのせられ張り切った砂走り、。
えー、
もちろん買わせていただきました、
おニューのホカオネオネトレランシューズ!
「安心してください、新品履いてますよ!」
・・・・・。(涙)
Mr.H
>Mr.Hさん
おーホカのNEWシューズ買ったんですね。ウルトラ向きとのことでかなり気になっております
おっさんランナー
いよいよ富士山頂往復マラニックなんですね!

僕、シューズやら、道具に感情移入するほうなんであのシューズが「連れて行ってくれよ」としゃべっているコマはグッときてしまいました!
応援してます〜!!
こばすけ
昨年ゴールまで連れていってあげられなかったシューズはいとおしく感じちゃう気持ち分かる気がします。戦友ですもんね。是非ゴールの瞬間ラインを踏ませてあげて下さい。
ラン空
>こばすけさん
こばすけさんも道具に思い入れがあるタイプですか! オイラも全くその通りです。シューズはつい先ほど修復が終わりました。24時間乾かせばもう走れます。二年越しのゴールに向かって頑張ってきますー
おっさんランナー
>ラン空さん
戦友! まさにその通り。なんだかうまい表現が無いかなーと思っていたのですが、シューズは戦友、すごくしっくりきました! シューズのためにも頑張りたいです。今年こそレッドカーペットへ!
おっさんランナー

コメントする

ニックネーム
本文

最近の画像付き記事