「還元くん」で悪性リンパ腫が100%治る!?

http://open.mixi.jp/user/14311403/diary/1935225705
『参考、どのガンも完治します!?
【衝撃】90%以上のガンは数週間のうちに完治、手術も放射線治療も化学療法もいらなかった!
コメント
還元くんという壺でつくった水素茶もすごくガンの人たくさん治っています。
びっくりです。
還元くんの水素茶飲んでると唾がマイナス電荷になっちゃうの!
悪性リンパ腫は100パーセント治るそう。』

http://blogs.yahoo.co.jp/muhya79/55535323.html
『還元くん
岐阜大学医学部での実験。
シャーレの中ではあるものの、ニンゲンのガン細胞での実験。
シャーレにガン細胞。
そこに還元くんのお茶を投入。
7日間でのガンの退縮率をみる。
なんと・・・100%であった。
ビックリした教授は水素がガンの退縮を助けている・・と仮定し、全国から水素水と呼ばれるものを集め、同じ実験をした。
他の水素水は5%・・。
誤差の範疇であった。』

http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20110603155416459
『「水素水」の効能・メカニズム研究を岐阜大と関市の企業が契約
抗炎症、抗アレルギー、抗がん作用 活性酸素除き疾患治癒

中島教授は同社の開発した、液体電池内蔵の魔法瓶タイプのボトル「聖寿」「還元くん」の内部で水素を溶け込ませた水が、薬物安全試験センターでの実験で、炎症を起こさせたモルモットの皮膚の活性酸素発生量を抑えた結果に着目。』

「還元くん」の“水素茶”でガンが治る?
製薬会社や医者からすれば絶対に拡散したくない情報です。
医学界はガン患者をマスタードガスなどで殺し続ける事で、ガンを絶対的な難病!と信じ込ませる事に成功してきました。
医者と薬がガン患者を殺しているのです。
それがたかが“水素茶”でガンが治る事実が知れ渡ると、彼らの立場が危うくなります。
ガンビジネスという美味しい詐欺ビジネスを守れ!
日本では“水素茶”がガンを治す事実は報道されません。
還元陶板浴がガンを治す事実も報道されません。
テラヘルツ量子波ドームがガンを治す事実も報道されません。
ガン患者が、抗がん剤などで悲惨な死に方をする事実だけが報道されます。
ドラマや映画などでも、ガン患者は悲劇の主人公として扱われます。
“ガン=死”というウソが、日本人には徹底して刷り込まれているのです。

鈴森は同じことばかり書いています。
酸化した身体をスムーズに還元させればガンは治る!
ガン宣告されても絶望しないで!
三大療法を避けて、酸化還元療法をすればガンは治るんだよ!
酸化を還元、つまり電子を失った身体に電子を大量に与えればいいのです。
実際にそういった実験結果が出ています。
現実に還元陶板浴や還元くんでガンを治す人が続出しています。
でもTVや新聞や教科書には載らない。
だから多くの人は知らないし理解できない。
悪法をかいくぐって、真実を広める良い方法は無いのでしょうか?


気持玉(32)
トラックバック (0)

トラックバック用URL

コメント (14)
「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」内容が濃いので、毎日少しずつ読んでます。

鈴森さんの文章を読んでいると、本当の知識を知らず、抗癌剤などの治療(?)で(地獄の苦しみを味わいながら)早死する人たちへの無念な気持ちが伝わってきます。私も本当にそう思います。
活性酸素や酸化が原因の病気なんて、還元の知識と方法がわかっていれば、たやすいことなのに。
マイナス400mV以上の水素茶を飲みながら、書き込みしました。
S46男
S46男さん、おはようございます。
人間は本当に情報に左右される動物です。
特に日本人は権威側の情報を鵜呑みにするように教育されてきています。
冷静に考えれば、マスタードガスみたいな猛毒や、福島原発近辺にいるような被曝でガンが治る筈が無いのです。
医学界は最初からガン患者を殺し続けて、ガンを恐怖の難病・死病と信じ込ませたかったのです。
そんなこととは知らずに、多くのガン患者が殺されに病院に行ってしまうのです。
医者も薄々は気付いていますが、もうやめられないのです。
例えば抗癌剤が廃止になれば、ガン死が急に減ってしまいます。
だから抗癌剤をやめるわけにはいかず、抗癌剤にしがみつくのです。
自分たちが抗癌剤で患者を殺してきた事実を認めたくないし、世間にも知られたくないのです。
自分たちの地位や収入を失う位なら、ガン患者を殺し続ける方を選択するというのが日本の多くの医者の姿勢なのです。

ガンは後天性ミトコンドリア病による乳酸アシドーシスで、身体が酸化していく病気です。
酸化を止めて、更に還元すれば治る病気です。
様々な食事療法や酸化還元療法を組み合わせれば、治る病気なのです。
還元の知識と方法が分かれば“たやすい”ことなのです。
還元くんの水素茶や還元陶板浴・テラヘルツ量子波ドームなどで、ガンは治る程度の病気です。
しかし情報弱者は、今日も明日も殺されていきます。
とにかく真実を知る人を増やし、殺される人を少しでも減らす努力をすべきです。
鈴森
還元水のことは、先日、たまたま知って、毎日作っていたんです。
それも、お米のとぎ汁で・・・。

お米のとぎ汁で還元水を作ろう!』
http://amba.to/1GcPn5e
10月半ばにこの記事を見てから、1週間くらい、毎日お米のとぎ汁還元水を排水溝に流すようにしてたら・・・詰まりかけて流れが悪かったのですが、調子がよくなったんで、すごーい!って思ってたんですよ。

そしたら、先日、飯山さんが、こんな記事を書いてて、驚き!
「これはヤってみるべきだ:手づくり水素水」
http://grnba.jp/index.html#ss11191

私が作っていた還元水=水素水だったの?!って、びっくり!!!

玄米のとぎ汁乳酸菌液を作るのは、2011年からずっとやっていて、毎朝フルーツスムージーに入れたり、夏のガスパチョに加えて飲んでいて、生きた乳酸菌を摂るから体調がいいんだろう、って思っていたのですが、この中にも水素が入っていて、還元されていたんでしょうかね?!

なんと、まぁ〜って感じです♪

ひろみ
ひろみさん、おはようございます。
飯山さんとカブッてしまったんですね(笑)。
まあ還元水といえば水素水なのでしょう。
やっぱり酸化還元電位が大きくマイナスになる水は、病気の予防・治療に欠かせませんね。
お米のとぎ汁なら、お金がかからなくていいですね。
生きた乳酸菌は体内発酵して水素を発生させるのだと思います。
私たちは本当に微生物と共存共栄していますね。

調べれば調べるほど“水素茶”が良さそうです。
カテキンの水素量が多いので、水素水よりも水素茶の方が効率よく持続的に水素を摂り込めそうです。
欲しい物がどんどん出てきますが、良く考えて厳選していきます。
鈴森

ひろみさんの情報、すごいですね。お米のとぎ汁で還元水ができるなんて究極のエコじゃないですか。
とぎ汁を飲用にするのはおいしくなくないですか?

お掃除や洗浄用に利用価値がありそうです。
作ってみます。
冬はピザ生地などを、私は車の中に入れます。発酵が早いです。お米のとぎ汁にも応用できるかも。
ヤルクーツク
とてもためになる情報ありがとうございます。

基本的なことを教えて頂けないでしょうか。

還元水とは必ず水素が含有してるわけではないのか、それとも還元水には必ず水素が含有しているのでしょうか?

よろしくお願いします。
しんじ
ヤルクーツクさん、おはようございます。
私も調べてみたのですが、ひろみさんの情報は物凄かったです!
結構いろんな人がお米のとぎ汁で還元水素水を作っていました。
酸化還元電位は、何とマイナス500mv前後です。
高い水素水なんて買う必要が無いのです。
やっぱり水素茶でも感じたのですが、水に水素を加えるよりも、お茶や米の水素を引き出した方が良さそうです。
米のとぎ汁は確かにあまり美味しそうではありませんが(笑)。
鈴森
しんじさん、おはようございます。
私もあまり詳しくありません。
ただ還元水として売っていても、水素量はピンからキリまでだそうです。
そして開けた途端に水素が逃げてしまう事もあります。
効果のない水を買っていても仕方が無いので、酸化還元電位計で調べるのが確実です。
鈴森
還元くんで作る水素茶が、身体の中で、どう反応するのかわかってきたのでコメントさせてください。

結論を先に書くと、水素茶は腸の中で、大量の水素を発生させるための還元剤のような気がします。
電子の豊富な水素茶が腸に入ることで、腸内環境は改善されます。(おならや便の臭いが改善されるのでわかります。)
人間の腸では、1日に120ml〜12Lの水素を作っているそうです。腸内環境がいい状態だとたくさんの水素を発生します。悪い腸内環境では、水素は発生しません。

水素茶に限っての話ではありませんが、健康な身体は腸で発生する水素の恩恵を受けてる気がします。
S46男
S46男さん、おはようございます。
貴重なご意見をありがとうございます。
私もその通りだと思います。
腸内環境が良い人が、昔からやはり健康長寿ですね。
善玉菌が作ってくれる水素が、最も無理なく酸化を防いでくれます。
お金もあまりかかりませんし。
水素茶が腸内環境を良くするなら、還元くん2は本当に理想的なボトルですね。

「太田成男のちょっと一言」の2016年6月20日の記事に少し気になる内容が書いてありました。
「腸内細菌が発生する水素よりも水素水を飲む方が効果的」という記事でした。
太田教授は水素研究やミトコンドリア研究の第一人者ですが、最近は水素よりも“水素水”を推しているのでしょうか?
腸内細菌が作った水素は、あまり効果的ではない?
他メーカーの作った水素水は、あまり効果的ではない?
太田教授の推奨する“水素水”だけが効果的?
あまり説得力な無いように感じますが・・・。
太田教授は立派な方だと思いますが・・・。
水素にもブランドがあるのでしょうか?



鈴森
鈴森さん おはようございます。

私も、太田教授のちょっと一言(6/20)を読んで違和感を感じました。情報が片寄っていて説得力がないですね。
ただ、ネット上では水素水はインチキというイメージが定着している感じがしますので、太田教授が気の毒に感じます。私は、太田教授の本を読んで、水素のすばらしさを知りました。今後の情報発信を期待したいです。
S46男
こんばんは。
受け売り、張り合わせの知識ですが、お茶にはカテキンというポリフェノールが含まれていて、腸内でポリフェノールが壊されフェノール基がはがれ、水素が発生してくる。
それを手伝うのは、いい腸内細菌。
水素を出すポリフェノールをたくさん含むから、お茶は抗酸化食品。
水素をたくさん腸内で発生できるように、お茶以外でもポリフェノールを含んだ食品、フレッシュな食品を食べるのは大事。
水素がたくさん=抗酸化=アンチエイジング=がん予防。

還元くんは、ボトルの中で、腸内の代わりに水素を作ってくれるのですよ。
今の私たちは、鮮度のよいポリフェノールをたくさん含む食品をなかなか食べられないし、生鮮野菜の栄養価も低くなっているらしいし。
100円でコンビニ弁当やカップ麺が手軽に食べられるこのご時世に、食を考えるのは難しいのですよ。
知識があっても、つい、安い早い糖質過剰なおいしいものによろめいてしまうのは、誰?
でも、食べることって大切ですよね。
食べるものを選ぶことが、大事ですよね。
ヤルクーツク
S46男さん、おはようございます。
私も太田教授の本を読んで、ミトコンドリアの重要性や水素の素晴らしさを知りました。
太田教授はやはりミトコンドリア研究の第一人者であり、水素療法の第一人者だと思います。
だからついつい過剰な期待をしてしまいます。
お立場もありますから色々と大変な面もあるでしょうし・・・。
太田教授の影響力は大きいですから、これからもミトコンドリアや水素についての情報に期待したいです。
鈴森
ヤルクーツクさん、貴重な情報をありがとうございます。
水素茶は水素を出すポリフェノールが含まれているから、水素水よりも長時間、水素をキープできるのですね。
だから明らかに水素水よりも水素茶が優れています。
そう考えると何十日も前に作られたメーカーの水素水を買うよりも、還元くん2を買っていつも作り立ての水素茶を飲んでいた方が明らかに良いですね。
その方が断然安いですし(笑)。

人間は元々、食品から水素を取り出して酸素と反応させてエネルギーを作ってきました。
まあ作っているのはミトコンドリアですが・・・。
だから食品の鮮度は重要だったんです。
でも現代の日本では、新鮮な食品は入手しずらくなっています。
だから腸内細菌の力を借りて、水素を作ってもらう事が重要になりますね。
還元くん2で水素茶を作ってもらって、それを飲むのもいいですね。
精製糖質ばかり摂って、体内でpH5の乳酸ばかり作っていれば、本当に人体は酸化しやすくなります。
糖質制限をするか、糖質をエネルギーに変えるビタミン・ミネラル・クエン酸を摂るか、腸内細菌に水素を作ってもらうか、水素水・水素茶を飲むか、などの対策は必要ですね。
私はバイオラバーやライザブや陶板浴などで、電子を補給するのがラクチンなのですが、やはり飲食を気をつけるのが最も有効ですね。
最終的には食養生こそが最も重要なのは間違いないですね。
鈴森

コメントする

ニックネーム
本文

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る