淡路町・「潮」限定のイワシ、生涯一美味いかも〜83杯目 潮



潮(うしお)
東京都千代田区神田淡路町2-4-4 アール神田淡路町 B1F
電話 03-6206-9322
営業時間
11:00〜19:00(L.O)
※スープなくなり次第終了
日曜休み
ここの所2日出ては休み、3日出ては休みというシフトで。
今日行きたいのは去年の9月にオープン。
石神氏がTBSラジオの荻上チキの番組でオススメしてたから、気になってしまった。
朝から暑い。
電車に乗って、今日は、らーめん道場店主さんの誕生日だからメールして、淡路町に向かう。
11:35着。
鶏白湯が洋風で新しい感動を与えるみたいで評判だ。
ネットを見ても、ほとんどの方がこれを抑えている。
しかし、自分は次に書き込みが多い醤油ラーメンを食べてみたい。
動物系のスープは使わず、魚だけでダシをとっているそうだ。
店内は自分が入ってちょうど満席。
店内は半地下で、女性客がほとんどだ。
黒ーにほんいち醤油そば、840円を頼むつもりでいた。
そしたら、限定に惹かれてしまった。
青ーイワシ尽くし冷製煮干しそば840円。一日20食限定。
これを注文。
大盛無料だが、普通盛にした。
さて来た。

イワシ乗ってる。
真鰯のオイルサーディンだ。
その上に糸唐辛子。
煮玉子と見えるのはつけダシに浸けて温燻にしたもの。
それにレモン、大根千切り、カイワレ。
麺は全粒粉を使った中太麺。

それを引き出して啜る。
^o^^o^^o^^o^^o^^o^〜!!!!!
何だ〜、来た〜!!
ひょっとして?もう生涯一美味いかもしれない。
麺に絡まったイワシのダシがブワッと口に広がった直後に麺の旨さ、素材の粉の旨さが身震いするほど。
そして固めの食感が快感!
冷たいスープを啜ってみると、本当に清らかな全く汚染されてない水から出来てる感じ。

日本蕎麦のつけタレにイワシのギラギラした皮が粉末で浮かび、チョット度を越すと、灰汁に変わりそうな手前で止めてる。
イワシを食べる。
もちろん缶詰のとは違うぞ。
高級感漂う味わい。
イワシ臭いんじゃない。
甘く軽やか。
糸唐辛子が合う。
も一度、麺を千切り大根と合わせて食べる。
シャキシャキした食感が心地よい後に驚きのイワシ攻撃。
大根を齧るごとに、大根が吸い込んだイワシのスープがジュワッジュワッと舌を攻撃。
どうだ?どうだ?と言わんばかりに旨さを主張する。
喉の奥にまで旨さが広がる。
まるで喉の奥に味蕾があるみたいに。
玉子を齧ると燻製の香ばしさがブワッ〜!
これもまた快感。
少しづつ味わって食べる。
本当に綺麗な透き通ったものを食べてるなぁ〜。
心まで洗われそうだ。
レモンを少し齧りながらの麺もサッパリ感動増増。
さて食べ終わり、スープ割り出来るそうだ。

割ってもらったスープを飲むと、今度は使用してる「にほんいち醤油」の旨さが全面に出た。
さらりとしてるがコクの深さがその上品さの柱となっている。
醤油の旨さの後にイワシの風味がまだまだ追いかけてくる。
感動。
ご馳走さま。
大勢の客がいる前で、店の方三人に本当に美味しかったと言っちゃったよ。
感動をありがとう。
汚ねぇけど、ゲップまでウメェや。
帰りは大行列。
これは他のメニューも美味いはず。
近いうちにリピートしたい。
さて、こうなると連食のラーメン選択が難しい。
二郎系じゃないことはわかっている。

気持玉(0)
トラックバック (0)

トラックバック用URL

コメント (2)
今日は道場店主さんの誕生日なんですね^^知りませんでした(笑)糸唐辛子の下にあるのは真鰯のオイルサーディンでしたか!ホント美味そうです♪
ノック
ノックさん、感動です。
これは限定なのでノックさん来る八月まであればいいですね。
冷製だからあるのでは。
道場さん、お祝いしてあげて下さい。
くどうはじめ

コメントする

ニックネーム
本文

最近の画像付き記事