2017食べ初めは同郷の店主の限定背脂煮干〜1杯目麺屋弥栄



麺屋弥栄
千葉県松戸市松戸新田573
電話 047-331-6622
営業時間
11:30〜14:30、
18:00〜22:00
※スープ切れ早仕舞いあり
月曜休み
年を越した。
あけましておめでとう。
正月休みは今日だけである。
食べ初めは同郷の店主成田さんの店「弥栄」へ。
去年の元日は都心の大行列の店で寒い中並んで体調崩してしまった。
今年はそんなことはしない。
食べ初め、弥栄の限定が待っている。
同郷だから贔屓目ではあるが、煮干し好きの方に紹介したら絶賛してくれるだろう代物ばかりだ。
去年は4回訪問。
1回目→極濃にぼ&にぼ台湾 
2回目→純にぼ
3回目→赤味噌 
4回目→ジョニーさんとのコラボ 

13時着。
先客4名。
成田さんに挨拶して、券売機で「限定1」850円の食券を買う。
これが限定の「背脂煮干」。
いつもの弥栄の煮干に背脂が入っただけでも美味そうだが、そんな単純なことはしない方だから期待が膨らむ。
カウンターに新しく出来た説明書きのメニュー。

食べやすさ順の表記はわかりやすくていい。

さて、出来上がり。

盛り付けから予想通りじゃない。
何故かグリーンが多いビジュアルだ。
いつもの豚と鶏のレアチャーシュー、メンマ、タマネギザク。

長ネギは薄く斜め切り、岩海苔。
麩が浮いてるのは津軽ラーメンみたいだ。
背脂は白く適度な大きさで浮いてる。
いつもの細麺を引き出し啜る。
う〜〜ん、穏やかだ。
背脂が全然くどくない。
柔らかにコクと微かな甘みを放つ。
麺噛みながら息を鼻から吐くと、小麦粉とカンスイの自分好みなやや臭みある心地よさが吹き抜ける。
飲み込んだあとに煮干しの後味。
煮干しらしくない、美味い焼き魚を食べた後味に似ている不思議さ。
成田さんは背脂はあまり好きじゃないそうだ。
だからか、豚臭さと脂クドさ皆無に仕上げてるから、まるで揚げ玉が浮いてるイメージになる。
これが新しいものに感じる。
チャーシューはいつも固めで、しっかり噛むから味もくる。
薄いほうがいいかもと思うが、成田さんもスライサーが欲しいと言っている。
長ネギの斜め切りがいい。
スープを上手く絡め、ネギ自体の辛味を麺にかぶせてくる。
メンマはまたしても、青森のスーパーで売ってるような懐かしい味がした。

麩はスープ浸して食べる。
だんだん岩海苔がふやけてきて、味がいい磯の香りに変わる。
これは素晴らしい味変だ。
サラッと完食だ。
今日は初めて和え玉200円をもらう。

香りが不思議なのは大葉がかかってるからか。
角切りチャーシュー、タマネギ、胡椒とともに全てを混ぜる。
一口。
丿貫や宮元などで食べたのと違う。
なぜか和風だなと思ってしまう。
大葉がなす技か。
日本茶が合いそうなイメージの和え玉という表現しか言葉が見つからない。
完食。

やっぱり素晴らしい。
ガッツリドロドロのインパクト系の煮干しラーメンではない、自分好みのサラサラさっぱりだけど濃い、煮干しは後味に余韻でくる。
そんな煮干しラーメンに完成されてきている。
13:30。
他のお客さんがいなくなり、温厚な常連さんと3人でいろいろ話をした。
成田さんの今後のラーメンに対する展望は見た目からして激しい野望があっても良さそうなものの、優しく穏やか。
だんだんと繊細なラーメンが出来上がって、レベルアップして行きそう。
今年も期待してるよ。



【亀吉】青森の地酒 青森県黒石の特別純米酒 亀吉1800ml
スーパー玉井
※未成年者の飲酒は法律で禁止されております。 ※当店では、未成年者への酒類の販売は固くお断りしており


楽天市場 by















津軽藩ねぷた村製作【干支ねぷた】(酉/とり)大サイズ
青森の店
※2017年版です。 ※手作りの品になりますので、発送までにややお時間を要します。 ■自然災害が多い


楽天市場 by



最近の画像付き記事