箕輪初心▲世界遺産:屋久島A「宮之浦岳1935m」(百名山)

屋久島は、樹齢約7200年の縄文杉などの屋久杉で有名な島である。
周囲約130kmの円形で、東西約28km・南北約24kmの島である。
面積は約500平方kmあり、日本では7番目に大きな島である。
屋久島には、九州最高峰の宮之浦岳(1935m)をはじめ1000mを超す山
が46座(1500m峰20座)あり、「洋上のアルプス」とも呼ばれている。
屋久島の地形がもたらす気候は亜熱帯から亜寒帯まで含まれる。


   (★世界遺産理由の植物・・・名前は不明)
屋久島(1993年世界遺産登録)「東洋のガラパゴス」
 世界遺産理由・・・神秘的な森や特異な生態系に発展。
 @植物・・・1500種。日本の植物種の7割以上の植物種がある。
   植物の固有種が屋久島の90%
  固有種(世界で屋久島だけの固有植物)・・約40種。
  屋久島を南限とする植物・・・・・・・・約140種。
  屋久島を北限とする植物・・・・・・・・・約20種。

                              (★屋久島観光協会)

   (★ウメバチソウの変種)

日本の植物の固有種の多い島
 1)屋久島・・・・・・約40種。(島の90%)
 2)八丈島・・・・・・・・8種。
3)小笠原・・・・・・・・?種 (島の36%)
   湿性高木林&乾性低木林
 環境適応のために、葉の形を進化・草の樹木化・植物の雌雄化

www.ogasawara-syokubutusi.com/

   (★屋久島観光協会)

【2日目】  2004.10.12
    ★屋久島のガイド態勢に乗った。・・・来る前から予約。
    登山ルール・世界遺産への意識についてはかなりの理解がある。
   でも、知りたいのは、世界遺産の理由である。全く解らないのである。
   日本の植物は3000種。・・・俺の知っているのは500種程度。
04:40 日高徹さんの迎え・・・・軽トラック
   ※日高徹氏・・・屋久島のガイド1号。
★何が大切か解るガイドである。
    予約した弁当
06:00 @淀川登山口・・・車は10台ほど止められる。
    ■登山開始

      ★靴を間違えて、日高さんの長靴を借用。
      苔むしたアップダウンの林道から近道

06:35 A淀川小屋・・・・キリンの形の木



07:00   鉄の橋・・・・・★大便の垂れ流し「きたねえ。」
 小屋からの糞尿は、川にそのまま流されているのだ。
       ★世界遺産・・これでよいのか?       
     
高盤岳(トーフ岩)を見ながら登る。

    B展望台・・・・・朝食  
     遭難者が多い森
   
     猿が突然出没。・・・お互いびっくり。
   
    *小花之江河・・・春先はシャクナゲ

08:30 C花之江河・・・・★尾瀬似たミニ高層湿原である。
 
     やくしか の若いオスが草をはんでいる。

08:45 D黒味岳分岐

09:00 E投石平・・・・・休憩   黒味岳を望む

10:00   やや急な坂をトラバースしながら登る。
      ★小川が小さな枯山水のようだ。

10:10 F翁岳分岐・・・・ここから、急登が続く。 

10:15 G栗生岳
     祠がある。
 
10:30 H▲宮の浦岳1936m(九州最高峰)
   「屋久島の 晴れて名物 一つなし うれし悲しの  宮の浦岳」

11:00 ▼下山・・・栗生岳の祠・・・翁岳分岐・・・  投石平(昼食:缶チューハイ)・・・
12:45 黒味岳分岐(佐藤さんという別のガイドと)

    ★ここからは、固有種のオンパレードだった。

    (★オヤマリンドウの変種)



13:00 I▲黒味岳 1831m (屋久島6位)
  
       ★景色は最高。宮の浦岳や永田岳がきれい。

14:00 ▼花之江河・・・展望台・・・淀川小屋 ・・・

15:30 ■淀川登山口 
15:45 淀川登山口 ・・・日高さんの水色軽トラック

17:00 宮の浦の民宿みよしや着  
     精算15000円
  宮の浦の「みよし屋」 で焼酎「愛子」を賞味。★旨い。   
  

【3日目】  2004.10.12  
ダイビング シンデレラウミウシ 亀2匹

【4日目】  2004.10.13
白谷白雲峡 ・・「千と千尋の神隠し」の舞台      弥生杉

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事