箕輪初心◆群馬の名湯巡り【草津→尻焼→四万→伊香保】

平成24年(2012)6月16日、梅の出荷は例年の6分の1
程度であった。収穫量が少ないので、今年は早く終わった。
妹がどうしても、草津温泉と四万温泉に入りたいというので、
梅で頑張った慰労を兼ねて、5人で群馬の温泉巡りに行くこ
とになった。コースは草津温泉→野反湖→尻焼温泉→赤岩
→四万温泉→榛名湖→伊香保温泉であった。群馬の温泉を
妹に教えるドライブでもある。


 (★草津の湯畑)

梅の不作の理由
@花が咲く時期の気温が低く、開花が遅れたこと。
A自家受粉しない『白加賀』という群馬名産の梅の花に
  ミツバチが成長できず、受粉量が少なかったこと

B私の地区に雹が降ったこと・・・などによる。


【1】草津温泉
草津には、高校時代の吹奏楽の偉大な先輩が4人いたが、
 現在も交流があるのは、山本氏&宮脇氏のみである。

 
○大滝の湯に駐車した。
・五郎次1回・・・イスラエル・エジプト旅行で仲良くなった
 埼玉の新井さん・斉藤さん・浦○氏・中ちゃん達と宿泊した。

・富士美館2回・・・山本先輩の母が女将で無料宿泊

を通り過ぎた。

@草津の湯畑


○泊まったことのある大東館


A白旗の湯・・源頼朝の三原野の狩に立ち寄った伝説

○湯もみの館・・・09:30〜


B光泉寺の松尾芭蕉句碑

湯畑の西に真言宗豊山派の光泉寺の境内に松尾芭蕉の句碑も
建てられている。句の文字は不明である。

 『 山なかや 菊は手折らぬ 湯の匂ひ 』
 芭蕉が『奥の細道』の旅の途次、加賀の山中温泉で詠んだ名句で、
山中温泉と並ぶ名湯草津温泉の効能をたたえたものと思われます。
明和末年頃、是非庵という人の建立と伝えられています。芭蕉翁
の眠る義仲寺の『諸国翁墳記』に、この句碑が記録されており、
群馬県内にある芭蕉句碑のなかで2番目に古いものです。碑の裏
には、芭蕉に桃青の号を贈った深川臨川寺の佛頂禅師(ぶっちょう)
が芭蕉の句境の高さをたたえた詩句が刻んであります。
(★草津町教育委員会の案内板より)


C白根神社の松尾芭蕉の句碑
 草津の湯畑から北へ向かって300m程左にカーブしながら歩くと、
白根神社の階段下に出る。急な階段を上って白根神社の社殿を左に折れると、
松尾芭蕉の句碑がある。
『 夏の夜や 谺(こだま)にあくる 下駄の音 』
 天保13年、俳聖芭蕉の150回忌を修めた草津の俳人:一夏庵
坂上竹烟(いっかあんさかうえちくあん)によって建てられまし
た。「夏の夜や谺にあくる下駄の音」の句は、芭蕉が元禄4年、
京都嵯峨にいた門人去来の落柿舎で作ったもので、芭蕉『嵯峨
日記』に収められています。竹烟は湯治場温泉の夜のにぎわい
をこの句に感じたのでしょうか。書は竹烟の師・田川鳳朗
(たがわほうろう)によるもので、碑背は碑建の趣旨が、同じく
鳳朗の書で刻まれています。通称「夏の夜塚」と呼ばれています。
 (★草津町教育委員会案内板より)
松尾芭蕉の二つの句碑は草津町指定文化財である。

D草津温泉『大滝の湯』・・800円
・内湯・・・54℃

・露天風呂

・合わせ湯・・・温度の違う湯に低い温度から
1分ごとに4つ入る。
昔は、湯もみをやっていた場所であるが、今は
仕切られ、女湯の合わせ湯となった。湯もみは
湯畑に面した北の場所に移動した。9:30~湯もみが
始まる。

箕輪初心の草津温泉で宿泊した宿
@富士見館2回・・山本先輩の母が雇われ女将。
A五郎次1回・・・陶芸青木師匠の推薦で、陶芸同僚が女将。
B大東館1回・・・元草津吹奏楽団所属のフロントマン
C遠州屋1回・・・元草津吹奏楽団所属の御曹司の旅館
D桜井ホテル1回・・温泉療養のため。
E山本先輩宅5回&宮脇先輩宅1回+温泉

箕輪初心の草津温泉で入湯した宿
@桜井ホテル3回・・・皮膚病の治癒のため3回
A望雲10回位・・・・・山本先輩の近所。
B大滝の湯4回・・・・スキーの帰りなど
C西の川原露天風呂1回
D公共の湯は、4つほど入っっているが、忘れた。
  ベルツの湯2回、蟷螂の湯1回など。

◆◆ 箕輪初心▲草津白根山&蟷螂の湯 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201107/article_4.html

【2】旧六合(くに)村 →中之条町
@野反湖・・レンゲツツジが咲いていた。
 ニッコウキスゲの固有種版ノゾリキスゲは咲いていない。

・コケモモジュース300円

 ・小栗清水・・・小栗上野介の妻:道子が
  和光原の「やまに」に連れられ、飲んだ水。


A尻焼温泉
★ここには、4回入っている。
 川の増水で、川の温泉には入れない。

 川岸の小屋風呂のみである。


◆◆ 箕輪初心▲野反湖と尻焼温泉 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201107/article_23.html


B湯の平温泉の遠望
 ★昔、1回入ったことのある露天風呂が見えた。


C応徳温泉の遠望
 ★昔、1回入ったことがある。


D赤岩の高野長英の隠し湯
 ★2年前、1回入った。


E赤岩の伝統的建物群保存地区・・・4回目
・湯本家・・高野長英を匿った家

 (第C日曜日のみ公開)
・関家・・・養蚕農家の遺構

  ★世界遺産候補「富岡製糸とその関連施設」から
   赤岩地区が外れたのが残念である。


F昼食
水車で引いたそば粉使用の山菜蕎麦400円
きびおにぎり100円



◆◆ 箕輪初心◆群馬:赤岩=伝統的建物群保存地区 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201107/article_24.html

【3】暮坂峠・・若山牧水の像
 ★真田昌幸の岩櫃城進軍コースである。


【4】沢渡温泉の遠望
草津温泉の上がり湯
★まるほん旅館には2回泊まったことがある。


○赤ちゃん猿をおんぶしている母猿が道を横切った。

【5】四万温泉
・山口館か川原の公衆浴場にしよか迷った。
【日向見公衆浴場】・・・無料

日向見薬師堂(国重文)

  足湯



泊まったことのあるホテル
  ・四万グランドホテル3回・・・一昨年2月の高校同窓会
  ・ゆずりは荘1回・・・・・・・・・今年の2月の高校同窓会

◆◆ 箕輪初心◆四万温泉と中之条の城砦 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201202/article_7.html

入ったことのあるホテル
  ・山口館・・・南無阿弥陀仏の巨石の川露天がいい。


【6】榛名湖
 ・レンゲツツジが咲いていた。


【7】伊香保温泉
・『露天風呂』・・・450円



【8】高崎の浜川御風呂が池の花菖蒲



★明日は、かしょう山&玉原湿原かな?

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事