箕輪初心●箕輪城110 秋本太郎先生@「本丸西虎口&郭馬出」

秋本太郎先生は平成10年(1998)〜平成18年(2006)まで、箕輪
城の発掘の中心となった先生である。現在も箕輪城の公園整備計画
の中枢にいらっしゃる大先生である。時には堀の草刈りもしている。

平成25年(2013)6月7日、高崎市教育委員会は防御上の重要拠点
「郭馬出西虎口門」(奥行き3,6m・幅5,7m・高さ6,3m)の2階建ての
櫓門&本丸西虎口門(奥行き1,7m・幅3,1m・高さ3,9m)の高麗門、
土塁や散策用の西虎口門〜蔵屋敷に通ずる橋(17,5m)などを整備して
2018年度完成を目指すとした。秋本先生は、業者に委託して、この
2つの門の模型を作成した。さらに箕輪城語り部の会の講師として
講演して下さった。


●高崎市役所の模型見本「本丸西虎口」

●高崎市役所の模型見本「郭馬出」



〜〜〜〜箕輪初心★箕輪城の最近のブログの紹介〜〜〜〜
★今まで、109回書いたが、最近のものを載せたい。

箕輪初心●箕輪城109:箕輪城語り部の会「ヤッケ」完成
https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/ap/tool/newsedit.do

箕輪初心▼箕輪城108「石神砦」=抜鉾神社の鰻神社伝説
108・・http://53922401.at.webry.info/201307/article_25.html

箕輪初心●箕輪城107【郭馬出】=城門復元2018年度完成予定
107・・http://53922401.at.webry.info/201306/article_9.html

箕輪初心●箕輪城106『ボランティア』&御布呂ヶ池
106・・http://53922401.at.webry.info/201306/article_8.html

箕輪初心●箕輪城105久保田順一先生「箕輪城と長野氏」
105・・http://53922401.at.webry.info/201305/article_26.html








●2013年6月8日の朝日新聞
大見出し『箕輪城の2門復元へ 木製橋と土塁も』 

群馬・高崎写真:2階建ての郭馬出西虎口門の模型=高崎市提供
 高崎市は7日、国史跡に指定されている箕輪城(高崎市箕郷町)の
二つの城門を復元すると発表した。あわせて木製橋一つと土塁約500
mも復元する。戦国時代末期の状況を理解しやすくし、教育や観光に
生かしたいとしている。
 箕輪城は1500年ごろ、長野氏が築城し、戦国時代は武田、北条
氏らが支配。1590年、徳川家康の重臣・井伊直政が城主となり、
その領地は家康家臣で最大の12万石だった。城跡には空堀や土塁の
一部が残るが、建造物はない。

 市の発掘調査で2002年度、防御上重要な役割を果たした「郭馬
出西虎口門(かくうまだしにしこぐちもん)」の礎石8個すべてが見
つかり、03〜04年にかけて「本丸西虎口門」の礎石が良好な状態
で確認された。現存する他の城門などから分析して上部構造を考証。
今年3月、文化庁に復元案が承認された。

 郭馬出西虎口門は幅5・7m、高さ6・3mの櫓門(やぐらもん)
と推定され、関東で確認されている戦国時代の城門では最大という。

 着工は来年度を予定し、郭馬出西虎口門は15年度に完成予定。
土塁などを含めた事業は18年度完了を目指す。
総事業費は約2億5千万円。(★朝日新聞:遠藤雄二)




秋本先生の講演会の概要
【1】平成20年度・22年度・23年度の発掘調査

@平成20年(2008)度〜
調査・・・バイオ便所建設のための二の丸縄文遺跡調査
結果・・・1、5mの地下なので、深さ25cmのトイレ
 設置可能

A平成21年(2009)度
B平成22年(2010)度
調査・・・防空壕埋め戻しのための規模調査
結果・・・奥行き10m?であるが、秋本先生は
おっしゃらなかった。危険で怖かったそうである。
調査・・・二の丸&郭馬出の間の土橋の基底部の発掘調査。
結果・・・3mの幅であるとおっしゃった

C平成23年(2011)度からは・・・
  調査・・・郭馬出の東に馬出しがあるかの調査
※高崎城の郭馬出には門が2つある。
結果・・・「ありませんでした。」
調査・・・郭馬出の堀に土塁崩落の可能性の発掘調査。
結果・・・「ありませんでした。」とおっしゃった

D平成24年(2012)
  @本丸堀・A御前曲輪北堀・B大堀切であった。
 主に杉・雑木や孟宗竹の伐採である。非常と明るくなった。

E平成25年(2013)は@本丸&稲荷曲輪の間の元水堀〜本丸下郭、
であった。11月から本丸郭馬出・木俣南の2つの堀
の杉や竹が伐採された。それに加え、12月より二の丸
のバイオトイレの設置&四阿の改修工事が始まった。
12月3日〜2月28日まで工事車両以外入城禁止と
なった。

F平成25年(2013)3月末には、バイオトイレ使用可能になった。
 また、戦時中の零戦の燃料格納庫としての5つの洞窟の埋め戻しと
 補強土手工事も終了した。 

【2】おおまかな今後の計画
G平成25年(2013)9月〜平成30年(2018)の計画




【3】計画にない保存整備計画
@大型バスの駐車場の確保
A団体用トイレの設置
Bガイダンス施設の建設と展示品
進めていこうと思いますが、どうなるか分かりません。


【4】秋本先生の「本丸西虎口&郭馬出」の秘話
★かつての調査&解説となった。

1)本丸西虎口門(奥行き1,7m・幅3,1m・高さ3,9m)の高麗門
&本丸西虎口〜蔵屋敷に通ずる橋(17,5m)
@傾斜は1,5mの差がある。
本丸河に橋台があるが、石垣が崩れそうなので、土嚢で
隠れている。

高麗門はつっかい棒が内側だけに有る門のことである。
 高麗門は朝鮮=高麗からの渡来と思ったいたのでるが、違いのだ。
 秋本先生「高麗門は薬医門を改良・発展させたものが高麗門と
 いうことらしい。高麗門・・・て何?。
 秋本先生は「薬医門→高麗門=薬医門の改良・発展型」
 と捉えている。


・Hpでは
「高麗門は文禄元年(1592)から慶長3年(1598)にかけて、豊臣秀吉
 が命じた朝鮮侵略=出兵である文禄・慶長の役でも「高麗陣」
 (または唐入)と呼ばれた。
 この文禄・慶長の役の激戦を通じて、新しく発明された「新兵器」
 が高麗門であるらしい?
 朝鮮半島へ上陸した日本の豊臣秀吉軍は、釜山近郊に日本式の城
 郭を建造しており、今はそれらを倭城(ウェソン)と呼んでいる。
 その倭城の城門として建てられた最新型の城門が高麗門であろう。
 だから、朝鮮式の城門ではなく、全く日本式の門なのである。
 (★ウキペディア)
★でも、高麗門が簡単に「高麗門」という名前がつく訳がない。
 日本軍の朝鮮文化からの和式ではなく、朝鮮での日本文化での
 朝鮮形式の建築かもしれない。
※文禄・慶長の役・・加藤清正の『虎退治』、清正公の熊本に高麗
門がついた地名があった。高麗門の遺構は櫓門とのことで、当初は
高麗様式の関所門を設けていた(伝)。

秋本先生は有力説を主張しておられた。
 「薬医門の改良・発展型→高麗門」と考えている。
 「薬医門は屋根が大きく死角が広く防衛・防御に不都合。」
  →屋根を小さくし死角を少なくするために高麗門が創られた。
  と一般に言われている。


※『城門の種類&歴史』
@塀重門・・・塀で囲まれた場所に出入り口に高い棒・柱を建てた
A冠木門・・・塀重門の上方に冠木を渡し堅固にしようとした。
B棟門・・・・冠木門に屋根を載せて豪壮・威厳・耐久性を強化。

棟門 が3つに分化し薬医門、高麗門、櫓門に。
C棟門・・・・控え柱を後ろに設け屋根も大きくし格調高くした。
D高麗門・・・控え柱、開けた扉を保護する屋根を設け堅固にした。
高麗門は切妻屋根を持ち控柱に小屋根を設けたものである。
 文禄・慶長の役の行われた1590年代に城門として造られた。
 薬医門を簡略化した門である。(★ウキペディア)
※高麗門は従来の唐門と区別するために、
 「唐門は中国とは関係ない門」、
 「薬医門は室町時代より武家の格式ある門」
と、区別されるようになった。
E櫓門・・・・上に冠木を渡し、屋根を載せた。

●彦根城の木橋・・・★箕輪城もこの橋を参考にしている。




◆◆箕輪初心○箕輪城&彦根城の類似性 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201101/article_10.html


※中世の高麗門は6例目
@青森の「根城」
A
B熊本の「宇土城」(うとじょう)
C石川の「鳥越城」
D愛媛の「後河森」
E群馬の「箕輪城」








【4】郭馬出(奥行き3,6m・幅5,7m・高さ6,3m)の2階建て櫓門
箕輪初心■箕輪城シリーズ33「見所20」E郭馬出〜木俣
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201010/article_53.html

箕輪初心●箕輪城107【郭馬出】=城門復元2018年度完成予定
107・・http://53922401.at.webry.info/201306/article_9.html







@真ん中・・・土が硬かった。
  人や馬が通った・
A右・・・・・・・・土が硬かった。
  人が通った。
B左・・・・・・・・土が回りと同じく、柔らかかった。
  人が通っていない。・・・梯子があった。
  →2階建てであろう。



郭馬出・・・60m×30m。周りは土塁。
三の丸     ・ 二の丸
(3段の武者走り) (防空壕=燃料格納庫埋め戻し作業終了)
======日本一の大堀切(土橋)大堀切====
         ■■    ←郭馬出
       ○■■■■■    ←木俣土佐守
          ■  ←出っ張り部



 (★秋本先生の姿を掲載させていただきました。
★2003年3月9日発掘調査現地説明会に参加した。ありがとうございました。)
 
  (秋本太郎先生・田口一郎先生・井田先生?)

    
  大きな1mの石も発見された。

 @西虎口の門は関東最大。幅5,4m?(5,7mらしい)
  ・奥行き3,6m。礎石が8つ。
 A石組みの排水溝。  (埋め戻し)
  →礎石配置・排水溝から、2階建ての屋根付きの城門。
※秋本先生「八王子城の城門や太田金山城の城門を凌ぐ。」
 説明会では、1,5m掘り下げた所に遺構が見られた。
   回りは土塁である。
※秋本先生「2015年頃、屋根付きの二層の門&排水溝を復元予定?」



★箕輪初心私見「彦根城の造りに共通か?・・・
  しかし、ここなぜ、こんなに大きいの?」
    内藤・・250騎=1000人弱       
    井伊・・(1200騎)=5000人

★郭馬出の石垣・・・・★以外と見落とす。

★木俣から郭馬出へこの道は昔はなかった。








★明日は、伊豆の踊子かな?

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事