箕輪初心◆日光例幣使街道:高崎〜境〜太田〜足利〜栃木〜日光

日光例幣使は伊勢神宮の神嘗祭(かんなめさい)に、朝廷より
幣帛(へいはく)を奉納するために使わされた勅使のことである。
日光例幣使街道は徳川家康の日光東照宮に幣帛を奉献するた
めの勅使=日光例幣使が通った道である。中山道の上野:倉賀
野宿を起点として、@倉賀野(高崎市)→A玉村→B五料→C
柴(伊勢崎市)→D境(伊勢崎市)→E木崎(太田市)→F太田・
・・下野(栃木県)に入る。G八木(足利市)〜O佐野へ、楡木
(にれぎ)で、日光西街道=壬生通りと合流して、21今市宿、22
鉢石&日光へと至る。復路は宇都宮経由で日光街道を江戸に
向かい、東海道で京都に戻った。例幣使は正保2年(1646)〜慶
応4年(1867)大政奉還の221年間、毎年派遣された。
城廻りのお
まけなので、内容は今一歩である。






〜〜〜〜〜上野〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【1】倉賀野宿(群馬県高崎市)
中山道69次の江戸から12番目の宿場である。
江戸時代、烏川を利用した舟運搬の河岸があった。
長さ11町38間(約1.2km)で、上町、中町、下町があり、
中町が中心地だった。
・天保14年(1843)297軒・・・宿内人口は2,032人。
本陣1軒、脇本陣2軒、旅籠32軒&H小屋が多かった。
 (★『中山道宿村大概帳』)

●起点・・・中山道と日光例幣使街道の分岐
日光例幣使街道は中山道倉賀野宿から別れる。
分岐点の閻魔堂の道標と常夜灯
 「これより、右江戸道、左日光道」




〜〜〜〜〜寄り道:群馬の森〜〜〜〜〜
○岩鼻
・寛政5年(1793) 徳川幕府は直轄地の代官所を置いた。
・明治2年(1869) 岩鼻県庁。
・明治4年(1871) 岩鼻県が廃止。

※陸軍の火薬製造工場→群馬の森(★明治100年記念)
 *群馬県立博物館 
 *群馬県立美術館
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○不動山古墳・・・前方後円墳。
 古墳の上に立つ不動尊を祭る不動山神社。
箕輪初心◆群馬の古墳H「綿貫古墳群」=群馬最大の石室
http://53922401.at.webry.info/201103/article_29.html

○滝の慈眼寺・・・★江原家の慈眼寺城
箕輪初心★江原源左衛門&滝川用水
http://53922401.at.webry.info/201310/article_11.html


【2】玉村宿(群馬県佐波郡玉村町)
日光例幣使街道と三国街道の脇往還:佐渡奉行街道と交差する交通
の要所であった。
・幕末・・・270軒、36の旅籠
★玉村町の皆さん、すみません。20回以上は通っているのに。
  いつも通りすがりの者になってしまいます。

木島本陣跡の歌碑)・・・

・上の問屋跡=泉屋井田酒造
○玉村八幡宮
・家鴨塚(称念寺)
・下の問屋:大黒屋跡・

○木島本陣跡:木島家

 (★群馬県教育委員会製作ビデオより)
※本陣跡の参議有長の歌碑
「玉むらの  やどりにひらく たまくしげ
   ふたたびきそのかへさやすらに」
と刻まれている。



○佐渡奉行街道分岐=下新田交差点

箕輪初心◆群馬:沼田街道→清水峠越往還
http://53922401.at.webry.info/201311/article_22.html

箕輪初心◆群馬:佐渡奉行街道=沼田街道西通り
http://53922401.at.webry.info/201311/article_21.html

@軍配山古墳

A梨木山古墳

B角渕八幡宮
箕輪初心●群馬【玉村の城3/11城】
http://53922401.at.webry.info/201301/article_15.html





【3】五料宿(群馬県佐波郡玉村町)
○常楽寺:薬師堂内・・・薬師如来と馬頭観音。庚申塔。


【○】五料関(群馬県佐波郡玉村町)
・慶長5年(1601) 前橋藩が街道唯一の五料関所が設けた。
  関所に接する形で数軒の宿による小さな宿場町が形成された。
  日光例幣使街道の渡し船の渡船地点でもあり、舟運の中継地
  にもなっていた。:公認河岸だった。
・元和2年(1616) 関所が幕府公認になった。
・7月25日・・・水神祭り

C川井城

○利根川〜〜〜


【4】柴宿(群馬県伊勢崎市)

※宿場は4町〜5町程度(500m)
・文化2年(1805) 107戸・431人、宿石高は約730石。
 本陣1軒・脇本陣1軒・旅籠10軒となっていた。


○柴宿本陣:関根家・・・柴町524


江戸から13宿である玉村宿で一泊した例幣使一行
 が利根川を渡り、柴で休憩したのだ。
黒松と門が再生された石積みの水路の脇に立っている。
関根甚左衛門が勤めた。

○問屋場・・・柴宿および加宿中町・加宿堀口が10日ごとの持ち
 回りで負担した。
・水路跡
・雷電神社


【●】「加宿」の宿場町として中町・堀口が連なっていた。
*全体として14町(1.4km)規模の宿場町を構成していた。

▲那波城跡=現名和小学校


那波無理之介は箕輪城攻撃の先鋒として、・・・
 長篠の戦いで戦死。

箕輪初心●群馬【茂呂城】と『那波一族の歴史詳細』
http://53922401.at.webry.info/201301/article_14.html

箕輪初心●群馬伊勢崎【那波城&那波無理之介】
http://53922401.at.webry.info/201301/article_13.html


・昌雲寺の入口の庚申塔
  「従是 南本庄 北伊勢崎」。



【5】境宿(群馬県伊勢崎市)

境町の皆さん、すみません。20回以上は通っているのに。
  いつも通りすがりの者になってしまいます。

★質問「境って何?」・
★答え「伊勢崎藩:酒井家&新田一族の領地だそうである。
 つまり、国境・・・・」

○本陣:飯塚家・・・★専門書にお手上げ。・・・

(★飯塚家から視た「日光例幣使街道」:中谷誠著)

●本陣:織間家・・・

○道しるべ「右赤城・・・



○広瀬川〜〜〜渡し〜〜〜〜〜

○八海山・・一里塚




〜〜〜寄り道:旧尾島町へ〜〜〜〜〜
箕輪初心★新田岩松の歴史&男爵:新田俊純
http://53922401.at.webry.info/201311/article_9.html

箕輪初心●群馬旧尾島@『新田館』世良田総持寺
http://53922401.at.webry.info/201303/article_1.html

箕輪初心●群馬旧尾島5『安養寺館』新田義貞居住最有力説
http://53922401.at.webry.info/201303/article_7.html

箕輪初心●旧尾島7『堀口館』=新田系堀口一族
http://53922401.at.webry.info/201303/article_10.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※東武線の踏切りを越える。
※国道17号の高架下を通り、国道352号バイパスを横断する。

○新田中江田町
新田中江田町交差点を右へ曲って1〜2分
○「矢抜神社」・・・横穴式石室を持つ古墳なのだそうだ。
○江田館


〜〜〜〜寄り道:旧新田町〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心●群馬新田荘遺跡:江田館跡=江田行義館
http://53922401.at.webry.info/201303/article_14.html
★新田氏の始祖義重の子孫:江田行義の館

箕輪初心●群馬旧新田町「田中館=長慶寺」千利休先祖の館
http://53922401.at.webry.info/201303/article_17.html

箕輪初心●群馬新田荘遺跡『反町館』=新田義貞伝説
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201303/article_15.html

箕輪初心◆群馬太田「上野国新田郡庁跡」&太田寺尾城&グルメ
http://53922401.at.webry.info/201311/article_7.html

箕輪初心●新田義貞@「誕生〜楠木攻め」
http://53922401.at.webry.info/201102/article_40.html


旧尾島町はまだまだあるよ。徳川家康の詐称とか?
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



【6】木崎宿(群馬県太田市)
*800m、144軒、22の旅籠
木崎は5〜6回しか来ていません。
でも、通りすがりの者ですが・・・・となってしまう。
写真がなくてすみません。


○長光寺・・・

◎平塚

○由良


【7】太田宿(群馬県太田市)
箕輪初心●群馬『太田金山城』1回目=石垣の見事な100名城
http://53922401.at.webry.info/201311/article_8.html

箕輪初心●群馬【太田金山城跡ガイダンス施設】&『金山城』2回目
http://53922401.at.webry.info/201311/article_10.html

太田は度々来ているが、よく分からない。
スキー系に新田一族の大島系や鳥山在住や新田の高林在住が
 いるのに、分かんないのだ。

中世は大田郷と称していた(★『正木文書』)。
1643年 太田宿成立以前の詳細は不明である。
1170年 大田郷 田3町7反 畠4反10代 在家3宇
     (★『正木文書』)。
1469年 金山城築城。
1565年 太田市での買い物の記事(『長楽寺永禄日記』)。
1580年10月12日 武田勝頼は上杉景勝に宛てた手紙
   9月20日「太田宿以下之根小屋悉撃砕」
    (★『上杉家文書』)。
1590年  館林藩領。
     榊原康政から橋本家が本陣にと下賜された。
1643年 太田宿が整備される。
1645年 日光例幣使街道を制定。太田宿。
1680年 天領。
明治維新まで天領。

○本陣
○脇本陣

※富士重工工場・・・★5回訪問

○新島の追分・・・追分地蔵の道しるべ
※県道213号・・・東武伊勢崎線・東武小泉線・・・

 (★太田金山城から古墳が見えるのだ。)
▲女体山古墳・・・
▲天神山古墳・・・


・鶴巻川〜〜〜〜
・馬洗い場跡碑
・地蔵堂
・賀茂神社
・台の郷の辻
・韮川用水路
・新宿の辻
・辻地蔵・勢至堂・・・・恵林寺
・矢場氏・・・

○矢場宿
矢場川〜〜〜〜〜新宿橋





〜〜〜〜下野〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
足利→唐沢山城に向かう道である。
 3週間前にバスで通ったのに・・・写真は撮らなかった。



【8】八木宿(栃木県足利市)
平安時代・・・藤姓足利氏滅亡後、源義家の三男義国が足利郡内の
  私領を譲られ、梁田御厨を成立させた。
  源姓足利氏が足利壮を領有化。

箕輪初心●足利氏館跡:足利尊氏を輩出した城&100名城   
http://53922401.at.webry.info/201311/article_5.html
箕輪初心◆栃木:鑁阿寺&板東17番:満願寺
http://53922401.at.webry.info/201311/article_6.html
@鑁阿寺・・・3回目

・建久7年(1196) 源姓足利氏2代目:義兼の居館跡に建てた
  堀内御堂が足利氏館となった。・・大日如来を祀った。
 3代目義氏が堂塔伽藍を整備して足利一門の氏寺とした。
 足利氏の館・・・鎌倉時代の武士の館の面影が残っている。
 →鑁阿寺となった。
 現在でも、四方に門を設け、境内の周りに土塁と堀がめぐっている
 大正11年「足利氏宅跡」国の史跡に指定。
*所在地:栃木県足利市家富町2220
明日は3回目を紹介しようかな?



A足利学校(日本最古の総合大学)・・・3回目

足利学校の創建
・律令制下、国ごとにおかれた国学を起源とする説。
・平安初期・・・小野篁が創建したという説。
・鎌倉初期・・足利義兼が一族の師弟教育の為に創建した説。  
・15世紀・・・関東管領上杉憲実によって再興。
・16世紀の初頭・・・学徒は三千人と言われた
・フランシスコ・ザビエルの「東方見聞録」によって「坂東アカデミー」
  として海外にも紹介された。
・江戸時代・・・落雷により消失
・現在・・復元。
・栃木県足利市昌平町2338   0284−41-2655

A足利織姫神社  
 通五丁目のバス停から織姫山の長い石段(229段)を登る。
・明治12年(1879)八雲神社境内から遷宮。
朱塗りの社殿は織姫山の緑に映えていた。
・栃木県足利市西宮町3883番地  0284-22-0313

 
○法楽寺・・・3代足利義氏の創建。
 登山道で、織姫山頂まで行くことができる。

C両崖山:足利城&行道山浄因寺・・・「関東の高野山」。
和銅7年行基上人の開創(伝)。
参道→寝釈迦→ 断崖の上に「清心亭」=両崖山:足利城。
巨石から巨石に架けられた空中橋 「天高橋」は葛飾北斎によって
「足利行道山雲のかけ橋」として描かれた。
 栃木県足利市月谷町1579    0284-42-4464

D八木宿(栃木県足利市福居町)
八木宿は多くの旅籠が軒を連ねていたが、一般庶民を対象とする
宿場町であった。
・弘化2年(1845) 96戸542人。
★例幣使街道の宿場町の中では極小規模であった。
・宝性寺
・本陣:寺山家
・脇本陣
・廓街道
※飯盛女達が歌った「新保広大寺くずし」が八木節の原型と
 いわれている。明治時代に山辺村(現堀込町)の渡辺源太郎
(初代堀込源太)が編曲し、現代の八木節となった。
・ニ柱神社
・母衣輪神社
・勝光寺・・・

現在・・・
★香雲堂本店・・最中で有名な老舗菓子店。
足利土産の一押し!「古印最中」つぶあんの最中は美味しい。
「古印最中」1個126円 5個入 682円〜
「古印煎餅」8枚袋入 525円〜

★ソースカツ丼


※国道50号・・・
★平成25年(2013)11月9日にバスで通った。



【9】梁田宿(栃木県足利市)・・渡良瀬川の右岸
梁田宿は100余戸であった。
・本陣2軒
・旅籠32軒
・長福寺
・慶長4年(1867)3月9日  栃木県内初の戊辰戦争=梁田戦争
   幕府軍 VS 西軍=新政府軍(薩長&大垣連合軍)
東日本で最初に衝突した。
  古屋佐久左衛門隊(後衝鉾隊)が戦った。
  旧幕府軍は簗田宿で飯盛女と遊んでいる時に、
  西軍に急襲され、64名が戦死者したという。
  旧幕府軍が壊滅的な負け方をしたのであった。
  大鳥圭介の幕軍が江戸を脱走していった。
大鳥圭介は江戸から仙台に向かった。


渡良瀬川〜〜〜


【10】天明宿(栃木県佐野市)

▲唐沢山城・・・2回目



★近日、紹介。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▲佐野城


★近日、紹介。

○田村耕一記念館・・・★人間国宝


○佐野厄除大師

・田中正造の墓

・石川啄木の歌碑

○観音寺
・星宮神社
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


【11】犬伏宿(栃木県佐野市)
○犬伏の別れ・・・


【12】富田宿(栃木県栃木市)
○本陣跡=富田交差点

箕輪初心★松尾芭蕉L 『奧の細道』A【間々田〜室の八島〜日光】
http://53922401.at.webry.info/201207/article_27.html


【13】栃木宿(栃木県栃木市入舟町)
・江戸時代・・日光御用の荷や塩が栃木からは木材や農産物などが
 運ばれ、栃木は商都として、巴波川の舟運で繁栄した。栃木の豪
 商達は白壁土蔵を巴波川の両岸に建てた。
○巴波川の川沿いの歩道〜〜〜
「蔵の街」の名前の由来となる白壁土蔵の散歩道
旧県庁(栃木市役所別館)より散策がてらゆったり歩くのもいい。
日常の喧騒から離れて、レトロな雰囲気に浸れる。:〜〜〜

○旧県庁(栃木市役所別館)

・明治4年(1871) 廃藩置県。
   11月、下野国は栃木県と宇都宮県にわかれた。
・明治6年(1873) 統一・・・栃木県庁の所在地。
・大正10年(1921) 町役場として建築。 総2階建て
・平成10年(1998) 国の有形登録文化財。
・現在   栃木市役所の一部である。  

○とちぎ山車会館

○とちぎ蔵の街観光館

○蔵の街川沿い

○横山郷土館

○岡田記念館 扇島別荘

○例幣使街道の大通りや嘉右衛門通り



【14】合戦場宿(栃木県栃木市)
合戦場・・・戦国時代に合戦が行われた地である。
・六基子育延命地蔵尊
・升塚
・普門地蔵堂
・延命地蔵堂




【15】金崎宿(栃木県栃木市)
・本陣跡・古沢家

・思川〜〜〜〜
※国道293号
・磐裂根裂神社
○追分・・・壬生道との分岐



【16】楡木宿(栃木県鹿沼市)
※日光西街道=国道352号線と合流。



【17】奈佐原宿(栃木県鹿沼市)



【18】鹿沼宿(栃木県鹿沼市)

 鹿沼市〜日光市にかけて日光杉並木が現存する。


【19】文挟(ふばさみ)宿(栃木県日光市)

・中世・・・文挟の地名がある。
・元和3年(1617) 壬生通りで整備された。
   日光奉行から江戸に送る信書の第1中継地だった。
・天保14年(1843) 350m、総戸数34軒、人口156人。
旅籠が14。


【20】板橋宿(栃木県日光市)


【21】今市宿(栃木県日光市)




【●】鉢石宿





【●】日光東照宮






箕輪初心★松尾芭蕉M【奧の細道】B世界遺産【日光の社寺】
http://53922401.at.webry.info/201207/article_28.html

箕輪初心■世界遺産【日光の社寺】&『日光春祭り』
http://53922401.at.webry.info/201109/article_28.html



BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事