箕輪初心:生方★高崎城【井伊直政&高崎城&彦根城の縄張り担当:早川幸豊】

★平成27年(2015)4月3日〜7日まで、高崎シティギャラリ
ーにて、中嶋宏氏の主唱する【長野堰を語り継ぐ会】の長野堰
の絵図展が開催された。いくつかの新聞社の掲載記事、NHK
報道もあり、5日間で約2000人近くの来場者があった。慶長3
年(1598)に徳川四天王の「井伊直政」が本城を箕輪城→高
崎城に移した。高崎城の縄張りは早川幸豊がしたのであろう。
長野堰からの新井堰の取水口→高崎城への水堀&高崎の城下
町の用水路は秋元長朝、新井喜左衛門などに命じて作らせた
のでないかと思われる。 「長野堰を語りつぐ会」の会長:中嶋
宏さんをはじめ、副会長:西山さん、清塚さん、上原先生、
今井先生、福島先生など多くの会の方々にお世話になりました。
感謝申しあげます。楽しかったです。


 (山崎一先生作&西山保氏の補作の復元模型
高崎歴史民俗資料館蔵)
★現在の本丸堀は残っていない。



****井伊直政シリーズ*******************************
◆◆ 箕輪初心●箕輪城「井伊直政」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201010/article_40.html

http://53922401.at.webry.info/201011/article_25.html

◆◆ 箕輪初心●井の国千年物語前編 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_3.html

◆◆ 箕輪初心●井の国後編:「井伊直政」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_4.html

◆◆ 箕輪初心●井伊直政の箕輪城時代の家臣団 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_15.html

◆◆ 箕輪初心●静岡:井伊直政の井伊谷城 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_5.html

◆◆ 箕輪初心●井伊直政の造った町:高崎&彦根 ◆◆
高崎高校 VS 近江高校
http://53922401.at.webry.info/201203/article_28.html

◆◆ 箕輪初心●中村達夫氏の「井伊軍志」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_14.html

◆◆ 箕輪初心●小和田哲夫氏の「井伊直政」 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201212/article_13.html


箕輪初心●群馬の城「和田城→高崎城」
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201012/article_16.html
  (★高崎城の畝堀:発掘調査)

箕輪初心★箕輪城140【秋本太郎先生の箕輪城→高崎城+城下町】
http://53922401.at.webry.info/201410/article_9.html

箕輪初心▲箕輪城153【長野氏の箕輪の寺社→井伊直政の
高崎移転の寺社】
http://53922401.at.webry.info/201412/article_15.html

箕輪初心★箕輪城103川野辺寛「高崎誌」&井伊直政
http://53922401.at.webry.info/201310/article_8.html

箕輪初心★西田美英【高崎素奈子】&川野辺寛【高崎志】
http://53922401.at.webry.info/201410/article_14.html


箕輪初心:生方▲【長野堰を語り継ぐ会の絵図展】&【高崎城の桜】
http://53922401.at.webry.info/201504/article_5.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





●▲■ 井伊直政の高崎城時代 ■▲●〜〜〜〜〜〜
※徳川家康は、豊臣秀吉が死ぬと、軍事上、街道の整備を命じ、北関
東の守備を固めようとした。
★個人的には、おそらく、井伊直政には、中仙道&三国街道の整備
と交通の要所であり、且つ新しい本拠を考えるよう指示したので
あろう。

●井伊直政は箕輪城から高崎城に移り、城下町を造った。
1)高崎城の築城
 慶長3年(1598) 井伊直政は、所領の中で、松枝・安中・和田・
 倉賀野を検討した結果、和田の地を選んだ。
  (★高崎誌:川野辺寛)

 和田城は中世の城である。和田城の位置は、音楽センターから
 高崎高校に向かって行くと、和田橋の手前に出る。和田橋の
 たもとが和田城である。烏川の淵を自然の守りとした要害である。
  (★山崎一先生)
 今は立体交差になっている場所である。


 発掘の結果では遺構は発見できなかったらしい。
 
  元々、和田義盛の子孫:和田氏は赤坂荘にいた。
  戦国時代、和田業繁(長野業政の娘婿)
 →和田信業(武田家臣:跡部資勝の子)がいた城である。
 城とはいえ12万石を支えるのは、城の規模で小さかった。 
 
 井伊直政は和田城のあった所から東に広大な城&城下町を築いた。
 つまり、音楽センターとか、高崎市役所とかある場所に・・・

 高崎城の東は平地であるので、大きな堀を築かなければ、ならな
 かった。三の丸堀が井伊直政の遺構という学者もいる。
 発掘調査では、保健センター〜高松中学校の庭に、大きな
 北条流の畝堀が確認された。
 
 大規模な縄張の必要性があった。
 井伊直政の石高は12万石であった。
  関ヶ原の戦いには、5000人の兵がいた。家族や町人を想定
 すると、23000人〜25000人いた。
 高崎には1000人程度の家臣+4000人程度の部下が集まる
 居城が必要であった。しかも、築城当時の越後に上杉景勝や
 信濃の真田昌幸などがいた。彼らに対する抑制だけでなく、
 出陣の可能性も考えると、さらに大きな町割が必要になった。
 広大な城の敷地と家が必要であった。
 関ヶ原の戦いでは、徳川秀忠が関ヶ原に向かった時、烏川の
 大水で3日間高崎に足止めになった。
 高崎城&城下の寺院も宿舎となった。
 高崎城の縄張は長方形をしている。
 外堀と土塁がほぼ一直線に延びた縄張りである。
 シンフォニーロードの先に「出桝」のみ凸形になっている。
 ※上の写真の左下
井伊直政の第一家老:木俣守勝が推進した。
縄張は早川幸豊(武田家臣→井伊家臣)であっただろう。
早川幸豊は馬場美濃守の基で武田流の築城を学んだ。
井伊直政の家臣になって、徳川流を学び、更に箕輪城で北条流
の築城法を見たのであろう。
  
 従って、高崎城は箕輪城の畝堀の手法が用いられていた。
 (★発掘調査より)
●箕輪城の「槻木(つきのき)門」の材料を移築。
  箕輪城の4倍?(縦横2倍)の大きさか?





2)高崎の城下町

@城下町は、城の大手前から東に延びる道=慈光通りを中心に町割
 が行なわれた。大手前に箕輪から移した連雀町を配した。
 慈光通りに直角に結ばれる横道を配した町割を行なった。
家臣団(約5000の武士団の家族/工業系の職人/商家/民家)
関ヶ原の戦いには、5000人の兵がいた。家族や町人を想定すると、
 23000人〜25000人いた。
 高崎には1000人程度の家臣の住居+4000人程度の部下が集まる
 居城+寺などが必要であった。
・箕輪から町家や社寺を移築。高崎城と城下町が誕生。

A11の寺+3寺・・石上寺(現在はない)・正法寺(現在妙福寺)
・慈上寺(長野業政時代の修験道:湛光風車などの寺)・大雲寺
・法華寺・慧徳寺・安国寺・大信寺(徳川忠長の墓)・金剛寺
・龍広寺・延養寺

 5の神社・・・津波岐那神社(←椿山)・布留明神(←石上寺)
       ・八幡宮(←真応寺)・上諏訪神社・下諏訪神社

*箕郷には東明屋・西明屋の町名があるが、「空き屋」が転化した
 呼び名では?

B地名を高崎と改名。・・・箕輪の龍門寺白あん和尚のアドバイス。
※町名・・・・・・連雀町・田町・紺屋町・鍛治町

 


3)高崎宿&交通網の整備          
 中山道は東山道に即して造られた。
  宿駅制として各駅に伝馬を設置した。
  宿駅は北条時代には高崎〜鎌倉〜小田原まで
  鎌倉上道に造られた。
 ★徳川家康は北条氏の宿駅制を真似たのであろう。
 高崎宿・・・中山道と三国街道の宿
 本陣がなかった。旅籠も町の大きさの割には少なかった。
 
井伊直政は中仙道・三国街道宿も造らせた。
@中仙道:倉賀野宿〜新しく高崎宿〜豊岡の一里塚・豊岡宿
 〜板鼻宿〜新しく安中宿〜原市〜新松井田宿〜〜〜〜の

A三国街道:金古宿・白井宿を整備。



4)長野堰=生活用水+農業用水+工業用水
 高崎城下は平地ではあるが、北西から東南に向けて下っている。
 ★現在の長野堰の取水口は烏川であるが、戦国時代には、榛名白川は
 現在の沖町の所を流れていたのではないだろうか。何故なら、
 住吉城は沖町郵便局の裏であるからである。 
 早P川も箕郷町のふるさと公園&箕輪城祭戸用水から流れて
 きている用水路である。
 長野堰は楽間130m→上沖120m→我峰110m→上並榎町100m
 →高崎城の堀&城下町95m〜90mに水路に流れていった。
 家臣・町民の生活用水となった。そして、高崎の南東部の水田の
 用水路になった。また、城下町の染め物業の工業用水となった。






【1】早川幸豊の生涯  
早川氏は藤原系姓、または甲斐源姓武田氏の支流であるらしい。
武田信光の9男:早川信平からはじまる早川氏説が有力である
同族に一條氏、馬淵氏、山田氏、一宮氏、上條氏、円井垣氏らが
いる
早川幸豊は武田信玄→勝頼に仕えた。
早川幸豊は各地を転戦した。
★『甲陽軍鑑』では馬場信房(信春)が山本勘助の築城法の継承
者という。馬場信房(信春)の直属の家臣?同心衆で、築城法を
伝授されたとされたとある。
早川弥惣左衞門(三左衛門) 幸豊 は馬場美濃守信房(信春)
流・山本勘介流(甲州流)の築城法を山県昌景より伝授された。

・天正10年(1582)武田氏滅亡。
 徳川家康の命により井伊直政付足軽大将になった。
その後、甲州流の他に徳川流・後北条流をマスターしたのだ。


@天正18年(1590)〜箕輪城の改修工事・・・
  二の丸と本丸の間の堀、新曲輪、水堀か?


A慶長元年(1598)〜高崎城の築城
 (北条流畝堀が残存。
  ★箕輪城から北条流を盗んだ=学んだのであろう。
 (★高崎城本丸の畝堀発掘調査平成21年1月6日)

・慶長3年(1600) 関ヶ原の戦い
井伊直政は休憩中に隣にいた松倉重政に
「我が隊の前を通っていく黒武者の一団は誰か?」
と問うた。
「さて、分かり申さず。」
と答えた。隣にいた早川に
「いかがか?」
と聞いた。
「敵にござる。」
と答えた。この返答で井伊直政は島津を追いかけた。
・・・しかし、井伊直政は負傷した。
後で早川は松倉に叱られた。
これが原因で、井伊直政は近江の佐和山城で亡くなった。

・慶長7年(1602) 井伊直政が死去した。
  幼少の井伊直継が家督を継いだ。
  井伊直政の第1家老の木俣守勝が徳川家康と相談した。

・慶長8年(1603) 彦根山(金亀山)に彦根城の築城を開始した。
   公儀御奉行3名、尾張藩や越前藩など7か国12大名(15大名?)
  が手伝いを命じられる天下普請であった。

・慶長11年(1606) 天守完成し、井伊直継が入城した。

・元和2年(1616) 彦根藩のみで御殿が建造された。

・元和8年(1622) 彦根城が完成した。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心●滋賀の城「箕輪城&彦根城の類似性」
http://53922401.at.webry.info/201101/article_10.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

B彦根城の築城(一城別郭構造・・・箕輪城と同じ)
 ★築城術は早川弥惣左衞門幸豊が東日本bPであろう。
「早川氏は甲斐武田氏へ仕ふ。武田氏歿落したる後、神君へ仕ふ。
早川幸豊は彦根城築城の奉行なり、のち無嗣断絶す。」

●縄張りの中心人物は甲州流軍学者:早川弥総左衛門であった。
 縄張りを担当した早川幸豊は甲州流築城術をもっていた。それは
 山本勘助&馬場美濃守信春→山県昌景から甲州流の築城術を
 伝授されたのだ。徳川の城を見てさらに研究した。箕輪城で北条
 流の築城法をマスターした。郭馬出&畝堀・障子堀である。高崎
 城築城にあったては本丸堀は障子堀や畝堀を巧みに利用した。
 そして、二の丸に出丸を付けた。
     
 早川弥総左衛門幸豊は彦根城の縄張りをするに当たって、彦根
 山全体を箕輪城と似ている構造を想定したのであろう。両方、
 平山城で細長い楕円形・卵型なのである。おそらく、デザインは
 箕輪城を意識したはずである。
 @南北に別れた縄張りもその一つである。
  ・・・つまり、一城別郭方式である。
 A箕輪城で復元される木橋は彦根城と同じ太鼓型である。
  17m・・・両端は1.5mの落差があるのだ。
 B鐘の丸は馬出曲輪に見立てた縄張り であった。
 
 箕輪城には@本丸「曲尺(かねじゃく)馬出:、A北条流の「郭馬出」
 (平成27年4月23日、」復元工事が開始)、B 武田 流の「丸馬出」
 が付いている。早川弥総左衛門幸豊一番合理的だろうと思われる
 「丸馬出」を選択したのであろうと考えられる。また、武田氏の城郭
 の特徴とされる丸馬出が箕輪城の丸馬出・三日月堀から新曲輪に
 繋がる構造となっているのである。規模は彦根城の方がはるかに
 大きい。・・・

 彦根城が丸馬出状の鐘の丸を備えている理由は早川弥総左衛門
 幸豊の意見が通ったからであろう。
 
 彦根城の鐘の丸の内堀に面した周囲が半円形であることについて
 は、早川弥総左衛門幸豊が彦根山の地形を最大限利用したため
 であろう。 

 彦根城は馬出曲輪を設けることで、 防御面だけでなく、彦根城から
 近くに打って出る時のことも考慮した縄張りを考えたのである。
 彦根城の縄張りは、攻めてくる敵に判らないように馬出曲輪が設け
 てあるのが特徴なのである。
 それは、豊臣秀吉の恩顧の大名が江戸への攻撃を想定した時を
 考えた縄張りなのである。彦根で食い止めなければならなかった
 のである。 


● 彦根城築城の関係者以下であった。
@縄張り  : 早川幸豊(山県昌景→井伊直政)
        :石原主膳(山県昌景→北条氏政→井伊直政)
        :横地吉晴
        :孕石泰時・  
A普請奉行: 富上喜太夫
        :伴加右衛門
        :加藤金左衛門
B作事奉行: 宇津木新九郎(由良国繁→北条氏政→井伊直政
        :横内弥左衛門
C大工棟梁: 浜野喜兵衛


 表門は大手門と共に非常に重要な役割を担っていた。
 木俣守勝は表門の隣に住んでいた。街道を見張る必要が
 あったのであろう。箕輪城の木俣も一城別格の城の本丸
 でない方にいたのである。


C後に早川幸豊は世継ぎがなく、早川幸豊の代で断絶した。
※山県隊で幕末まで存続した家は 20 家程度である。

D早川幸豊の弟:早川半兵衛は 土浦藩主土屋氏へ仕えた。


          
◆参考文献
・井伊軍志
・箕郷町誌
・高崎市史
・三百藩藩主人名事典
・彦根城関係の本多数
・・・・・多数。

◆参考サイト
・ウィキペディア


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方「箕輪城159&【中嶋宏氏主催の長野堰を語りつぐ会
の絵図展】
http://53922401.at.webry.info/201504/article_4.html

〜〜〜高崎市の用水路シリーズ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心◆「群馬:高崎の稲作と用水路@」
http://53922401.at.webry.info/201103/article_34.html

箕輪初心◆群馬:高崎市の稲作と用水路A「長野氏の開発@」
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201104/article_5.html

箕輪初心◆群馬:高崎の用水路B「長野氏の用水路編A」
http://53922401.at.webry.info/201104/article_6.html

箕輪初心◆群馬:高崎の稲作と用水路C「江戸時代」
http://53922401.at.webry.info/201104/article_7.html

箕輪初心★江原源左衛門&滝川用水20131010
http://53922401.at.webry.info/201310/article_11.html

箕輪初心★高崎藩8代・10代松平輝貞&「右京の泣き堀」
http://53922401.at.webry.info/201310/article_14.html

箕輪初心◆高崎の長野堰=西新波堰の歴史
http://53922401.at.webry.info/201310/article_12.html

箕輪初心◆長野堰B「染色のまち高崎に流れる長野堰
:高崎広報」
http://53922401.at.webry.info/201410/article_13.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

箕輪初心★高崎藩2代酒井家次→3代松平戸田康長→4代松平信吉
http://53922401.at.webry.info/201310/article_10.html

箕輪初心★高崎藩5〜7代安藤3人&徳川忠長
http://53922401.at.webry.info/201310/article_13.html

箕輪初心★高崎藩8代・10代松平輝貞&「右京の泣き堀」
http://53922401.at.webry.info/201310/article_14.html

箕輪初心★高崎藩9代:間部詮房(あきふさ)=正徳の治
http://53922401.at.webry.info/201310/article_15.html

箕輪初心★高崎藩主11代〜18代:松平家
http://53922401.at.webry.info/201310/article_16.html

箕輪初心★高崎藩最後の藩主19代:松平大河内輝聲(てるな)
http://53922401.at.webry.info/201310/article_17.html

箕輪初心★「高崎の文化人19+α」江戸時代編
http://53922401.at.webry.info/201310/article_19.html

箕輪初心■東京&群馬:小栗上野介C「権田村での隠遁生活」
http://53922401.at.webry.info/201107/article_1.html

箕輪初心◆水戸天狗党3−1『水戸〜下仁田戦争直前』
http://53922401.at.webry.info/201303/article_25.html

箕輪初心◆水戸天狗党3の2『下仁田戦争の詳細編』
http://53922401.at.webry.info/201303/article_26.html

箕輪初心★「高崎の文化人19+α」江戸時代編
http://53922401.at.webry.info/201310/article_19.html

箕輪初心◆高崎藩の中山道&三国街道・倉賀野宿&高崎宿
http://53922401.at.webry.info/201310/article_18.html

箕輪初心◆三国街道1:高崎〜金古〜渋川〜金井〜北牧
〜横堀〜中山峠
http://53922401.at.webry.info/201311/article_16.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201311/article_16.html

箕輪初心★高崎偉人伝「高崎五万石騒動」
http://53922401.at.webry.info/201310/article_22.html

箕輪初心★榛名「元禄内野秣場騒動」&「中野秣場騒動&真下紋弥」
http://53922401.at.webry.info/201310/article_23.html




〜〜〜旧高崎地区のメジャーな城〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★新編高崎市史資料編3には、旧高崎地区の城が154城紹
介されている。私は高崎の城154城のうち、80城近くは
行っている。有名な城は和田城→高崎城である。

箕輪初心●高崎の城一覧表「154分の71」
http://53922401.at.webry.info/201012/article_15.html

箕輪初心●高崎の城一覧「154城」復刻版
http://53922401.at.webry.info/201410/article_16.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201410/article_16.html2014/10/14 06:53


箕輪初心★群馬『乗附城=寺尾上城詳細』&高崎観音
http://53922401.at.webry.info/201302/article_26.html

◆◆ 箕輪初心●群馬高崎:寺尾中城1回目 ◆◆
http://53922401.at.webry.info/201012/article_20.html

箕輪初心●群馬『寺尾中城2回目』=新田義重の城か?
http://53922401.at.webry.info/201302/article_27.html
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201302/article_27.html

箕輪初心●群馬の城「高崎の茶臼山城=寺尾城?」
http://53922401.at.webry.info/201012/article_19.html

箕輪初心★高崎:新田義重&茶臼山城
http://53922401.at.webry.info/201309/article_27.html

箕輪初心●群馬:高崎「根小屋城」=水堀のある山城
http://53922401.at.webry.info/201102/article_28.html

箕輪初心●群馬高崎「山名城(寺尾下城)&山上の碑」
http://53922401.at.webry.info/201012/article_21.html

箕輪初心●群馬高崎【大類城】&『大類氏の歴史』
http://53922401.at.webry.info/201410/article_15.html

箕輪初心●群馬の城「高崎:倉賀野城関係」
http://53922401.at.webry.info/201012/article_23.html


箕輪初心★高崎学「上野国:山名義範〜応仁の乱:山名宗全」
http://s.webry.info/sp/53922401.at.webry.info/201309/article_26.html





   




★明日は井伊直政&秋元長朝&新井喜左衛門かな?

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事