箕輪初心:生方▲北海道bT−5【世界遺産:知床B:知床5湖&知床峠】

原生林の中に幻想的な湖が5つある。我々は1つの湖に行くことに
なっている。展望台・高架木道はバリアフリー構造で、ヒグマ対策
として電気柵が併設されている。私はサンダルで歩いた。エゾシカ
が見られたが、ヒグマは見られなかった。知床峠は斜里町ウトロと
羅臼町を結ぶ知床横断道路の峠である。標高738mある。知床連
山の尾根のキレット部分に当たるの峠である。残雪が印象的であっ
た。天候に恵まれ、北方領土:国後島も望むことができた。山スキ
ーを楽しんでいるカップルもいた。

 (★知床5湖)

 (★知床岬)


 (★ポスターより)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箕輪初心:生方▲北海道旅行5−1「北海道知床グルメ旅」
http://53922401.at.webry.info/201506/article_5.html

箕輪初心:生方▲北海道bT−2「羽田〜女満別〜オシンコシンの滝」
http://53922401.at.webry.info/201506/article_6.html

箕輪初心:生方▲北海道bT−3【世界遺産:知床@知床の海からの眺め】
http://53922401.at.webry.info/201506/article_7.html

箕輪初心:生方▲北海道bT−4【世界遺産:知床Aオロンコ岩】&夕陽台

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





2】6月1日(月)
05:30 起床
06:30  パソコン
07:30 朝食
08:40 ホテル発


●絶景ポイント
●岩尾沢・・・

◆魚の話
「カラフトマス・鮭の養殖場があります。秋になりますと、
先にカラフトマスが川を上ってきます。その後に鮭が遡
上します。・・・荒巻シャケに加工され、東京などに出荷
されます。卵は養鱒場で孵化され、育てられ、・・・川に
放流されます。10000匹に1匹の割で岩尾川に3年
後に戻ってきます。・・・」
※ヒグマの話
◆「岩尾川に魚が遡上してくると、ヒグマもやってきます。
知床五湖はヒグマの生息地です。ヒグマは臆病な生き物ですが、
驚かせると攻撃行動をとります。春は子どもを守るため、特に攻撃
的です。子グマを守る心がとても強い生き物なのです。」
「食べ物は鱒や鮭が大好きですが、主食はに動物の死骸です。」


09:20●知床5湖・・・往復40分程度
○「知床5湖には年間約50万人の方が訪れる。」そうである。
 今日も多くのバスや車が停まっていた。
・ビジターセンター

※2・3・4.5湖はガイドが必要である。

ヒグマは春が出産の季節なので、ガイドなしでは入れないのだ。

◆スマホで検索
「平成7年度以降、知床五湖ではヒグマが頻繁に出没するようにな
 った。現在はパトロール、追い払い、歩道の閉鎖、ヒグマ対策の
 高架木道の整備などの対策を実施している。」

・エゾシカがいた。

・高架木道の展望台・

・第一湖と知床連山の大パノラマが見渡せる。


・折り返し地点

・第一湖・・・樹林や知床連山を湖面に写している。

・原始の中の楽園は、数多くの植動物を目にすることができる。




.10:20出発
●メロン酒・・・★甘かった。



◆食べ物の話・土産の話
「北海道の人達は何でも食べる。
  ヒグマ・エゾシカ・トド・牛・カラフトマス・鮭・ほっけなど・・」
でも、馬だけは食べません。人間と同様の扱いだからです。
コゴミ・フキノトウも食べますが、数が多すぎて、あまり、
食べません。・・・」

◆白樺の話
 「水分の多い木。薪にも使えません。11月ストーブを使いますはが、
  火力が低すぎ、すぐ燃えてしまいます。最近、電化が進んでいます
  が、電気代が高すぎて、・・・私の家も使っていますが、・・・。」
  
●エゾシカ3頭


◆鹿の角
 「子供の角が精力剤になります。中国に両角で

◆水芭蕉&フキノトウの話
 「水芭蕉はヒグマのえさになります。サトイモ科なので、好んで
食べます。フキノトウも胃を活発にさせるので、食べます。」

11:00
●知床峠
◆「斜里町ウトロと羅臼町を結ぶ知床横断道路の一番高い標高738
mの峠です。・・・」


★残雪が印象的である。羅臼岳が美しかった。
雪は7月下旬でも見ることができるらしい。

国後島がが見えた。

◆北方領土の話
「国後島はここから16kmの距離にあります。
島の長さは130kmあります。これから、バスで向かうと
形はどんどん変化します。」
 
国後島のチャチャ岳が見えた。
滅多に見えないそうである。


●山スキーを楽しんでいるカップルもいた。


◆北方領土の話
「今はロシア人が住んでいる。墓参りには根室から行ける人もい
いますが、一般的には行くとすると、樺太で許可を取り、船で回
って来なければ、なりません。
墓参りの方々はロシア人宅に泊まることが多いそうです。お土産は
何と、カップラーメン・インスタントラーメン・整理用品・化粧品
などをお土産にすると喜ばれるそうです。」

◆知床横断道路の話
18年かかってできた道・・・S36〜両方から88億円。

◆羅臼温泉「熊ノ湯」の話
「羅臼温泉は世界遺産にも登録された温泉です。「熊ノ湯」は硫黄泉
で、無料露天風呂があります。熊の湯は近くに熊が出没したことや、
上流に熊越の滝があるということで命名されました。熊の湯は羅臼
町民の愛好会によって管理運営されています。漁師さんなどの羅臼
の方、キャンプ場を利用している方々で賑わっている温泉です。もし
かしたら、男性が温泉に入っているのが見えるかもしれません。
女性の女性用露天風呂は後から造られましたが、男性用の浴槽に比べ
ると、かなり小さいです。女性も男性用になはいれます。
もら、この橋をを渡った先です。男性が見えましたね。」


11:30 知床羅臼・・・
「トドの内臓・骨を埋めた所」・・。
 
●依田さんからTEL・・・「???の振込先がありません。
  うちの旦那も今日、函館に行きました。・・・」
 
●知床食堂昼食「さめがれいの煮付け」
★床食堂が有名で、旅番組でも見たことがある・・・

・羅臼・・・羅臼の町並みと国後島を眺めた。
・足湯
・羅臼を出たら根室を目指して国道244号を南下していく。

・キタキツネ

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事