世界遺産 元興寺(がんごうじ) 極楽坊へ

元興寺 極楽坊

郡山市から近鉄で近鉄奈良駅へ、ここから徒歩10分程度で、世界遺産「元興寺」へ行きました。
何度も奈良は訪れてますが、元興寺は知りませんでした。
たまたま、奈良の世界遺産を見ていたら、「元興寺」を知り、本日訪れました。

1998年、元興寺(がんごうじ)は、世界文化遺産「古都奈良の文化財」のひとつとして登録されました。日本最初の本格的伽藍である法興寺(飛鳥寺)が平城遷都にともなって、蘇我氏寺から官大寺に性格を変え、新築移転されたのが、元興寺(佛法元興の場、聖教最初の地)です。かつては南都七大寺の1つに数えられたが、中世以降次第に衰退して、現在に至ってる。



東門にある石碑 (ここで拝観料を払います、東門は重要文化財)


国宝 極楽坊


国宝 禅室


かえる石 (元興寺の北側に、どっしりと構えたガマガエルのような石があります。古くから有名な奇石で蛙石と呼ばれてきました。)


禅室前の庭

収蔵庫には、「国宝・五重小塔」がありました、屋内のため傷みが少なく、奈良時代の建築を知るうえで貴重な資料であす。内部構造まで省略せずに造られてます。)

展示物には、国宝が多数あり見所が一杯でした。暑くてバテてしまいましたので、花の咲く頃にも訪れたいと思います。

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事