夏の思ひ出2010〜弥彦とラーメン(たかみち・響・古潭)

めっきり涼しくなった。
つい2ヶ月まえ、今年の夏は暑かった。
暑いさなかに弥彦に練習に行き、撃沈しまっくた。

あの夏の思ひ出を記しておこう。

【8月8日 弥彦初チャレンジ。】

F60にまたがり、新潟から弥彦へ。
途中、岩室温泉手前のちょっとした坂を登るのにも苦労しつつ弥彦の麓へ。



あの山頂へ向かうのだと、この時点では自分を奮い立たせていた。

で、スタート地点。



このあと、2キロくらいまでは良かった。下りの区間では30キロくらいスピードが出て、
「もしかして、俺って早いんじゃない?」

大いなる勘違い。

その後、スカイラインと、シーサイドラインへ下るルートとの分岐点手前の勾配がきついところで息も絶え絶え、心臓バクバクの状態となり、分岐点(約3キロ)までは辿り着いたものの、その先の坂を見て挫折。

「こんげ暑っちぇ日に新潟から漕いで来たすけれ、しょーがねぇて。」心の中で言い訳。

下りに方向転換。登ってくるチャリとのすれ違いでは、さも頂上まで登ってきたような顔で挨拶。みじめ。

その日の昼食は、弥彦の大鳥居たもとの"たかみち"へ。





店内は混みあっていたが、カウンターの隅が空いていた。
代表的な"潮ラーメン"を注文。



一般的な塩ラーメンと比べ、ややこってり感のあるスープであるが、なんとも優しい感じ。
折れた心が癒されるよう。
ちょっと元気になったところで、再挑戦を考えた。


【8月10日 リベンジ】

こないだは、新潟からチャリ漕いで行ったすけ、登れんかったんさねー。

前回の敗因の全てをそこにして、今回は車で弥彦に移動。
弥彦競輪の第5駐車場に車を止め、支度を整え、GO。

スタート地点。



今日も暑っちぇのは暑っちぇ。
前回リタイアした分岐点の先、約4キロ地点までは我慢したが、そこで休憩。
再度踏ん張るが、約7キロ地点で再度休憩。
何度休憩してもいいから、今日は上まであがろう。

8キロ付近でひーひー言っていると、後ろから「ガンバ」の声、抜き去っていく若者。
ちょっと元気がでた。もう少しがんばろう。

初登頂達成。時間は気にしない。
証拠写真を撮ろう。



休憩所でさっき声をかけてくれた若者(無口なのと、めがねの2人組。声をかけてくれたのは、後から登ってきためがねクンの方。)がいる。
華奢な体つきなので、高校生かと声をかけると、長岡大学の学生との返事。
めがねクンによれば、無口クンはかなりのクライマーで枝折峠でも入賞したとのこと。
2人も弥彦HCに出るとのことなので、がんばろうとエール交換。



(弥彦HC当日も山頂で2人でいるところを見かけた。無口クンは入賞。めがねクンはちょぼちょぼ。めがねクン談。)

休み休みとは言え、登りきれたので充実感でいっぱい。写真も撮りたくなる。





この日は、燕市(旧吉田)の響へ初訪問。



初なので、オーソドックスな背脂醤油ラーメンを普通盛を。



自家製の太麺、背脂、魚介ダシの醤油スープなど、燕三条系。
結構すんなり食べられたので、次はとんこつ醤油かな。

などと考えていたのが、弥彦HC後の悲劇の始まり。
詳しくは過去ログで。

【8月15日? マウンテンで登り】

3回めはMTBで、新潟から自走して行ったのだが、写真がない。
撮ったような気もするんだけどな。

無いものはしょうがないので、概略だけ。

この日は、出発が遅くなったので、弥彦チャレンジの前に昼食。
西川町のR116沿い"福麺"へ。
ここは"たかみち"の姉妹店。

たかみちと共通のメニューもあるようだが、潮ラーメンはないようだ。
通常の品書きのほかに、特別メニューのような品書きがたくさんあって、この店のお勧めとか、何がうまいのか、よくわからない。
よく分からないまま、えび味噌ラーメンを注文。
よく分からないまま食べ、先を急ぐ。

今回、新潟から自走して初登頂成功。
やはり2回ほど休んだが、ちょっとずつ自分の中で課題が分かってきたような感じ。

休憩所では、だいろの湯に車を置き、登ってきたという方と出会い、しばし歓談。

下りは、セミブロックの太めのタイヤが幸いし、ロードより恐怖感なく下れた。

帰りも自走だが、疲れのせいか非常に眠たい。危うく水路に落ちそうになる。
自転車の居眠り運転てのもなぁ。

【8月21日 ロードで自走・登頂】

前回、MTBで自走・登頂を果たしたので、ロードでも挑戦。

今回も途中で休みが必要。





休憩所では、老夫婦から話しかけられる。麓から登ってきたのかとの問いに、そうですと返すと、驚いた様子。
一般の方にはすごいことと受け取られるのかな。自分なんかまだまだだけど。

下りは、岩室側へ降りてみる。こっちの方が勾配はきつそう。登りは大変そうだな。

岩室側に降りたので、昼食は遅くなるが巻駅付近まで行って、古潭で食べることに。

古潭の味噌野菜、大盛、チャーシュー追加。



以前から気になっていたのだが、この夏初めて訪問して大好きになったラーメン。
くどくないこってりさ、味噌のうまさ、トッピングの安さ。
全てが好きです。店のおかみさんも。(初めて行ってからファンです。)

帰り道、またチャリで居眠り運転しそうになる。
というか、1回か2回意識がとんだ。ヤバイヤバイ。

弥彦練習は、9月に入ると都合がつかず、結局このまま本番へ。
来年はも少し計画的に練習したい。


BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事