チャリンコ中年隊 喜多へ(前編)

チャリンコ中年隊4名(若い人もいるけど)が喜多方ラーメンを目指し、新潟からチャリンコで旅立った。

朝6時出発。
他の隊員との合流地点である阿賀浦橋東詰めを目指し、県道4号、横雲橋を渡ってからは阿賀野川右岸沿いを走る。
6:30合流地点到着。



ほどなく、他のメンバーが合流地点へ。



参加メンバーは、
あっきぃ氏(SCOTT)
S上氏(COLNAGO)
K崎氏(ANCHOR)
そして私いけっち(FELT)
の4名。

このメンバーに課せられた今回のミッションはこうだ。(あっきぃ氏作成の旅の栞を改変。)
6:30 集合後、阿賀野川沿いを安田方面へ。
7:00過ぎ 安田市街でR49に入る。
9:00 津川到着。津川で補給食を入手。
鹿瀬からはひたすらR459。景色を楽しみながら喜多方を目指す。
県境越えてからの山岳部
15:00 喜多方到着を目途に頑張る。
帰りの電車を決め、(できれば17:01)喜多方ラーメンを味わう。

いざ、出発。



阿賀野川沿いに安田方面へ走り、R49へ。
だんだんと向かい風が強くなる。
あっきぃさん曰く、「だしの風」だそう。
7:07 R49に入ったところ。



土曜日まで、天候が安定せず、決行が危ぶまれたが、まずまずの好天。走っているとちょっと風が冷たい。
しばらくして、コンビニでコーヒーブレイク。



次のポイント津川を目指しR49を進む。
五十島トンネル手前の洞門。



洞門を通った後は、恐怖の五十島トンネルはパスして脇の廃道へ。
ほぼ山道化している。
途中、昔の船着場跡に降りれるところがあり、皆で降りてみる。足元に注意。(下段2枚)



ここからしか見れない風景。なんか感動。



そのあとも荒れた道。ホイール泥だらけ。
R49に復帰した地点の道の駅で泥を落とす。



しばらくいってトンネルを迂回する。ダムがよく見える。




麒麟橋が見える。もうすぐ津川。



8:50 津川駅着。





補給のため、麒麟橋を渡り津川の町なかへ。
風景が良いので写真撮影。これもサイクリングの楽しみ。



いい画が撮れた。



コンビ二で補給。あっきぃさんの携帯に、た〜亭主さんからメール。
励ましに感謝。その後の電話では、た〜亭主さんは内ノ倉方面に向かうとのこと。
次回、一緒に遠出できることを願っております。



津川からR459(途中一部迂回)
麒麟山のトンネル。このトンネルを抜けた後、ここまで先頭を引いてきたあっきぃさんに代わり、県境まで先頭を走る。



先頭を走ると、風を強く感じる。前に誰かがいるありがたさを身にしみて感じる。



R459から真っ暗な隧道を抜け、鹿瀬のダムへ。こういう抜け道に、あっきぃさんは詳しい。





ダムからR459に復帰すると、アップダウンが出てくる。
自分のマシンと一緒に遠出すると、愛着もひとしお。



その先は桃源郷。道端で、よくわからないアート作品が展示されている。
あの森のオバケ、あのネズミの彼女、あのヒゲの配管工などの案山子。



県内最後の駅。豊実駅。
SLばんえつ号が通るんじゃないかということになり、しばし待つが来ない。
通りがかった地元の方に聞くと、通過は12時過ぎとのこと。先を急ぐ。



もうすぐ県境。(つづく)

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事