東大駒場祭大会

先週の日曜日は東大の駒場キャンパスの試合に出場しました。学園祭「駒場祭」の大会です。


1部は今回もMWF(武蔵野美術大学)のOBチームとの対抗戦でした。相手チームはトクホあきら、山本スーザンボイル広吉、ゴッチ裕三、石田翔三になぜか東京大学プロレスリング馬鹿道場の竜剛馬が加わりました。

我々HWWA(一橋大学世界プロレスリング同盟)は朝挿入、キャベツ太郎、カルク・ゴーカン、スティンコに私でした。


ホームの竜剛馬のショアにかなり手こずりましたが、キャベツ太郎のチョップ、朝挿入の決死のボディプレスとコーナー最上段からの連続攻撃の後、パンツドライバーで3カウント勝ちしました。


第2部はキャベツ太郎、カルク・ゴーカン、痴女大会と組んで、5代目タイガーマスク、スティンコ、山本スーザンボイル広吉、石田翔三組と戦いました。

現役の試合が終わった後で、今シリーズの最終戦です。椅子や噛みつきも繰り出して暴れました(笑)

私がパンツドライバーを出してタイガーに3カウント勝ちを収めました。


雨模様でしたが、たくさんのお客様に観戦していただきました。

これで秋のシリーズ、そして今年の全試合が終了しました。


2016年はどういう年だったのでしょう。特に何もなかった感じです。これではいけませんね。


テーマ
トラックバック (0)

トラックバック用URL

コメント (0)

コメントする

ニックネーム
本文

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事