ポール・マッカートニー

3カ月近くも前になりますが、ポール・マッカートニーの来日公演に行ってきました。

まだ3カ月弱しかたっていないのか、と思うほど前の出来事のような気がします。


実家のテレビで何となく見ていた紅白歌合戦にポールが突然出てきたのにびっくりしてから7カ月近くたったんですね。

公演の告知を知り、まず東京ドームの土日の入場券を確保しました。初日は平日なので仕事で行けなくなるおそれもあるので。

そうしたら日本武道館の追加公演が発表。2年前のようにいちばん安い4万円の入場券を買いました。


武道館の当日。2年前はTシャツを買うために昼から並びましたが、2回目の今回はさすがにそこまでの感慨や興奮はなく。全般的にもそんな感じだったと思います。














1. A Hard Day's Night
2. Jet
3. Drive My Car
4. Junior's Farm
5. Let Me Roll It
6. I've Got a Feeling
7. My Valentine
8. Nineteen Hundred and Eighty-Five
9. Maybe I'm Amazed
10. We Can Work It Out
11. Every Night
12. In Spite of All the Danger
13. Love Me Do
14. Blackbird
15. Here Today
16. Queenie Eye
17. Lady Madonna
18. I Wanna Be Your Man
19. Magical Mystery Tour
20. Being for the Benefit of Mr. Kite!
21. Ob-La-Di, Ob-La-Da
22. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
23. Back in the U.S.S.R.
24. Let It Be
25. Live and Let Die
26. Hey Jude

Encore:
27. Yesterday
28. Hi, Hi, Hi
29. Golden Slumbers
30. Carry That Weight
31. The End


1曲目が「A Hard Days Night」なことになかなか気づきませんでした。イントロがなんかちょっと違うようで(笑)

後から考えると「Drive My Car」「Magical Mystery Tour」「Evernight」と特別なセットだったかもしれませんが、いずれも過去の来日公演でやりましたし、「日本で初めて演奏シマス!」と言ってやった「I Wanna Be Your Man」なんてビートルズでやっただろ!と突っ込みたくなりました。


最初に録音したと披露したのが「 In Spite of All the Danger 」も何だか。で、私は今回気づきました。「Love Me Do 」はエルヴィスの真似なんだと。ポールのギターソロが「Heartbreak Hotel」だったところで。

「Blackbird」でギターを弾き間違えて笑いを誘いましたが、私はあれはわざとやったんだと思います。「東京ドームでもやったら残念だなー。けどポールならやりかねないなー」と思いましたが、幸いやりませんでした(笑)

「I've Gat A Feeling」はいいですね!「Junior's Farm 」も。それこそ日本で初めて演奏したのではないでしょうか。少なくとも私は初めて聞きました。「let Me Roll It」もライブ向きですね。


今年はサージェント・ペパーズが発売されて50年。翌5月には50周年記念盤も出ます。「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)」を始めた時は「まさか」と思ってドキドキして曲の終わりを待ちましたが、やっぱりやりませでしたね(苦笑)


アンコールには旗を持って出てきましたね。「HiHiHi」の前にファンをステージに上げて会話をしましたが、今一つ盛り上がらず。


日本武道館では翌日にドゥービーブラザーズ、翌々日はサンタナの公演があります。すべて行くつもりでしたが、さすがに仕事に支障を来しそうなのでまずドゥービーブラザーズを止めに(笑)。

曲と盛り上がり方が想定できたので。あと2006年の「ウドー・ミュージック・フェスティバル」の大阪で「Blackwater」を誰も「」を歌わなかったトラウマもあります。マイケル・マクドナルドもいたら考えたかもしれません。


サンタナに行くつもりでしたが、どんどん東京ドームのポール・マッカートニーに行こうかという気持ちが大きくなりました。

サンタナに行って「ポール・マッカートニーに行っておけばよかったかな」と思う度合いと、ポール・マッカートニーに行って「サンタナに行っておけばよかったかな」と思う度合いとどちらが大きいかなと思ったのと、中1の時に聴いた「Ebony & Ivory」と「All My Loving」が私の人生を変えたことを考えました。


サンタナも止めてポール・マッカートニーの東京ドームに。ダフ屋が少なく、安い席しかなかったのでドームで当日券を買って。


1. A Hard Day's Night
2. Junior's Farm
3. Can't Buy Me Love
4. Letting Go
5. Temporary Secretary
6. Let Me Roll It
7. I've Got a Feeling
8. My Valentine
9. Nineteen Hundred and Eighty-Five
10. Maybe I'm Amazed
11. We Can Work It Out
12. In Spite of All the Danger
13. You Won't See Me
14. Love Me Do
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. Queenie Eye
19. New
20. The Fool on the Hill
21. Lady Madonna
22. FourFiveSeconds
23. Eleanor Rigby
24. I Wanna Be Your Man
25. Being for the Benefit of Mr. Kite!
26. Something
27. Ob-La-Di, Ob-La-Da
28. Band on the Run
29. Back in the U.S.S.R.
30. Let It Be
31. Live and Let Die
32. Hey Jude
Encore:
33. Yesterday
34. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
35. Hi, Hi, Hi
36. Birthday
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End



これで4日すべてポール・マッカートニーのライブを見ることになりました。1990年に初めて来日公演を見て4回も見るのは初めてかもしれません。

席を移動しながらだったのであまり集中できませんでしたが、いろんな席の人たちに追いやられて流浪しながら。移民の気持ちが分かりました。





いろいろ曲をやりましたが、以前もやったなじみのある曲が多く。ただ「この曲はこうやってできたんだ」と言って演奏した「You Won't See Mee」は確かにへえー、と思いました。レコードで聴くと分かりませんが、アコースティックの小品といった趣の曲なんですね。

「Letting Go」は絶頂期のウイングスに思いを馳せました。他のコラムで知りましたが「ワインカラーの少女」という放題なんですね。


場内をぶらぶらしていたら通路には過去の主なイベントの紹介が。マジソン・スクエア・ガーデンみたいです。


コーナーの最初に飾ってある記念すべきイベント。




これも行ったなあ。




同じ年にはこんな人たちもやっていたんですね。




そして翌年の歴史的なイベント。あれ? 2月10日の「1、2、3ダー」初公開の掲示がないぞ?




翌3月はポール。公演データが更新されていないのでは? 下は昨年亡くなった偉大な歌手。




こちらの下の人も昨年…。上のライブも行ったなあ。




ジョージ。1980年代以降、唯一の公演。




猪木はこんなところに。何回も出ているぞ。知る限り、5回はメーンイベントを張ってる。





東京ドームの2日目はアリーナの向かって左。「I 've Just Seen A Face」をやっていましたね。すっかり忘れていました。

1. A Hard Day's Night
2. Save Us
3. Can't Buy Me Love
4. Jet
5. Temporary Secretary
6. Let Me Roll It
7. I've Got a Feeling
8. My Valentine
9. Nineteen Hundred and Eighty-Five
10. Maybe I'm Amazed
11. I've Just Seen A Face
12. In Spite of All the Danger
13. You Won't See Me
14. Love Me Do
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. New
19. Queenie Eye
20. The Fool on the Hill
21. Lady Madonna
22. FourFiveSeconds
23. Eleanor Rigby
24. I Wanna Be Your Man
25. Being for the Benefit of Mr. Kite!
26. Something
27. Ob-La-Di, Ob-La-Da
28. Band on the Run
29. Back in the U.S.S.R.
30. Let It Be
31. Live and Let Die
32. Hey Jude
Encore:
33. Yesterday
34. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
35. Hi, Hi, Hi
36. I Saw Her Standing There
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End

「I Saw Her Standing There」。やっぱりこれをやらなくちゃ。



とうとう最終日。初来日から27年もたっているんですね。なんか感慨深くなりました。





3日目はアリーナの正面。ミキサーのすぐそばの良い席でした。




ミキサー席に置いてあるポール人形。




1. A Hard Day's Night
2. Junior's Farm
3. Can't Buy Me Love
4. Jet
5. Temporary Secretary
6. Let Me Roll It
7. I've Got a Feeling
8. My Valentine
9. Nineteen Hundred and Eighty-Five
10. Maybe I'm Amazed
11. We Can Work It Out
12. In Spite of All the Danger
13. You Won't See Me
14. Love Me Do
15. And I Love Her
16. Blackbird
17. Here Today
18. New
19. Queenie Eye
20. The Fool on the Hill
21. Lady Madonna
22. FourFiveSeconds
23. Eleanor Rigby
24. I Wanna Be Your Man
25. Being for the Benefit of Mr. Kite!
26. Something
27. Ob-La-Di, Ob-La-Da
28. Band on the Run
29. Back in the U.S.S.R.
30. Let It Be
31. Live and Let Die
32. Hey Jude
Encore:
33. Yesterday
34. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
35. Get Back
36. Hi, Hi, Hi
37. Golden Slumbers
38. Carry That Weight
39. The End

「Get Back」。やっぱりこの曲をやらなければ。











ポールは今月からアメリカでツアーを再開しました。いつか「Tug Of War」と「Take It Away」と「Pipes Of Peace」と「No More Lonley Nights」を聴ける日が来るように。
テーマ
トラックバック (0)

トラックバック用URL

コメント (0)

コメントする

ニックネーム
本文

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事