ミニのヘッドライトをLEDバルブに!

RAYBRIGブランドから、
待ちに待ったH4タイプのLEDバルブが、
発売になりました〜!!
♪───O(≧∇≦)O────♪




LEDチップの数や配列、デザインは、
配光に大きく影響します。
RAYBRIGのLEDバルブは、
H4ハロゲンバルブから交換した時に、
配光カットラインが出る様に、
フィラメントの代わりのLEDチップが、
そっくり同じ様に配列されています。

ヒートシンクも大きく放熱良さそう。
でも、奥行き方向はコンパクト。
ファンレスなのも故障リスクが減りますね。

それでは作業内容をご報告!

まずはジャッキアップ??
御釜の裏側での配線作業必須です!

ヘッドライトを外し、
御釜の上の配線グロメットを外します。


うちのミニは、
IPFのポジション付きヘッドライト。
前オーナーが換装してたので、
ポジションライトの配線が追加されてました。


ミニのヘッドライトの御釜は、
非常に小さく、LEDバルブの他には、
H4のコネクターすら入る余地はありません。

そこで、コネクター諸共御釜の外に出す必要があります。
グロメットは使えないので、ニッパーで切って取っちゃいます。
コネクターから端子を抜いて、
御釜の穴から外に出しちゃいます。

↓配線を間違えない様に書きました。


LEDバルブのコネクターは、
直径12mmの防水コネクターになってます。
一方、御釜の穴は直径10mm。
やっぱり加工が必要ε-(´∀`; )

↓ヤスリ作業で地道に広げました。


↓コネクターが通り、組み立て開始。


↓LEDバルブからH4金具を外し、


↓ヘッドライトに取り付けます。


↓LEDバルブには突起があり、
↓逆向きには付かない様になってます。


↓ゴムキャップは防水やゴミの侵入防止の為に重要なのでしっかり付けて。


↓LEDバルブを差し込んで回します。


コネクターは防水しなきゃ!
↓自転車のチューブを使ってみました。


点灯しまーす(*´∀`*)
まず左側だけで点灯確認!
右側はハロゲンです。
↓比べて見るとΣ(゚д゚lll)


明る〜〜い!
♪───O(≧∇≦)O────♪



↓こんなに明るくなりました!


↓電圧と電流がハロゲンの半分!


明るくて、バッテリーにも優しい。
何より、明るいって事は安全・安心!
御釜の加工や、配線処理に手間は掛かり、
作業時間は6時間。
でも、満足度は最高!

以上、LEDバルブ取り付け報告でした。
(((o(*゚▽゚*)o)))

今日も最後までご覧いただき、
ありがとーございます。
お帰りにポチッとd(^_^o)
お願いしまーすm(._.)m

にほんブログ村


にほんブログ村
テーマ
気持玉(1)
トラックバック (0)

トラックバック用URL

コメント (4)
おっ!上手いこと取りつけましたね!
流石です(^^)v
明るさも申し分なし!
あとはフォグつけちゃう?(笑)
ムコ殿
私のナナハンもLEDに変えた時は明るくて感動もんでした
バイクはヘッドライトずぅーっと点いてるのでバッテリーに優しいのではと付けたんですが正解でした
サラダ
ムコ殿さん、こんばんは〜。
結構苦労しましたが、苦労の甲斐あって明るくて大満足です。
もうラリーやってないので、本気で夜の山道走りませんし、フォグまで使うまでの事は無いですよ(笑)
うっきー
サラダさん、こんばんは〜。
LEDバルブがこんなに明るいとは!Σ(゚д゚lll)
ドカもライト暗いので、LEDにしたいですね。
でも、夜は走らないんですけどね(笑)
うっきー

コメントする

ニックネーム
本文

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事