レパードS、総括!

トランセンド、自身のレコードと同タイムで快勝、レパードS初代チャンピオンとなった。

当方の馬券はシルクメビウスが10着降着(5位入線)でハズレとなったが、予想で印の付いた馬が上位5頭に入った。買い方さえ良ければ的中できたともいえるが...


って、別に反省のためにこの記事を作成するのではない。

来年以降も今回の検証がそれなり通用することがわかったので、今回のレース結果と合わせ残しておこうと...

このところ忘れっぽいので、文字に残します。問題はこの記事を来年忘れていないかということだけ


検証記事も参考に、レパードSは1ヶ月開催の早くなったJRA版のダービーグランプリの位置づけで予想すれば良い。菊花賞、秋華賞等の3歳限定重賞と同様に古馬1000万下で勝てれば通用するのも、あらためて証明された。


さて、馬券を買ううえでのチェックポイントは...

☆ダート3勝以上の無敗馬は100%連対
・このような馬がいたら迷わず軸馬に...◎トランセンドがそうでした。

☆ダート重賞、オープン特別連対馬は前走敗退でも評価!
・これに該当するのはシルクメビウス、スーニ、スタッドジェルラン、グロリアスノア

☆同様に古馬1000万下勝ちも3歳重賞勝ちと同様の評価!
これに該当するのはアドバンスウェイ、トランセンド。3歳1000万下勝ちのワンダーアキュートは押さえまで。

☆上記でダート3勝以上の馬は馬券の購入対象に、2勝以下の場合はダート出走経験の多い馬を上位に!
2001年ダービーGP2着カチドキリュウが2勝馬だったがダート戦には9回出走、古馬重賞の出走経験もあった。
今回ではダート4戦ユニコーンS2着のグロリアスノアは無印に、ダート10戦で古馬1000万特別2着のスタッドジェルランは押さえに...やはり経験は豊富なほうがいい。ただしダート9戦のコスモフォースは古馬1000万下4着と実績不足なので無印に

☆ダート1勝馬以下馬はたとえ芝実績が豊富でも無印に。来たら諦めましょう。
結論は◎トランセンド→▲シルクメビウス、スーニ、→△スタッドジェルラン、アドバンスウェイ、ワンダーアキュート

という流れで3連単フォーメーションならば当たってたね〜

来年のレパードSはこの買い方で馬を選択することにします。

しつこいようですが、来年の今頃この記事を覚えていればよいが...





BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事