今年もレパードSの検証

今年も夏の3歳ダート重賞の季節がやってまいりました

昨年のレパードSの検証はそれなりの成果が出てましたので、今年も活用してみることに...

※昨年の記事「レパードS、総括」はこちら


まず今年は「☆ダート3勝以上の無敗馬」がいないので、軸馬選定に悩みそう

もっとも近いのはダートで(3,0,0,1)のミラクルレジェンドか?唯一の敗戦もジャパンダートダービー(Jpn1)0.1差4着だったので今回のメンバーではダート実績最上位といえるか?

昨年のワンダーアキュートがあおぎりS1着→JDD5着でレパードS5着と微妙なローテ(ミラクルレジェンドはあおぎりS1着→JDD4着)が気になるとこだが、コースの違いや着差も違うので気にしないことに...


「☆ダート重賞、オープン特別連対馬は前走敗退でも評価!」に該当するのは...

・ソリタリーキング(ヒアシンスS2着)
・ビッグバン(北海道2歳優駿1着)
・プレファシオ(昇竜S1着)

「☆同様に古馬1000万下勝ちも3歳重賞勝ちと同様の評価!」に該当するのは...

・ソリタリーキング(鷹取特別)
・プレシャスジェムズ(駒場特別)
・ミッキーバラード(天草特別)

あと3歳限定の1000万下ですが...
・ミラクルレジェンド(あおぎりS)

昨年に比べると今年は3歳ダート路線は手薄な感じですね〜昨秋からのこの世代のJRA所属馬のダート重賞勝ちがバーディバーディ(兵庫CS,ユニコーンS)、シンメイフジ(関東オークス)の2頭しかいないのですから...
とりあえず上記の馬について検証を↓

ソリタリーキングはダート(3,1,0,1)、ヒアシンスSは重賞2勝バーディバーディと差のないレースと世代上位は間違いない。鷹取特別で1000万下も勝っており3歳限定のここでは印を回す必要はありそう。

ビッグバンは昨秋の北海道2歳優駿勝ちで今年は未勝利ですが、2走前の昇竜S0.1差5着、前走は準オープンの灘S0.1差3着(宮崎S勝ちのインバルコに先着)と復調してきてます。今回のメンバーならば久々の勝利も期待できそう。

プレファシオは昇竜S勝ち馬ですがダート(3,0,0,4)と安定感がないのは気がかり...昇竜Sも上位6頭は差がないだけに抜けて強いとは感じない。とはいえ押さえは必要かと...

その昇竜Sで0.1差6着だったミッキーバラードはあおぎりS0.4差3着と先述のミラクルレジェンドに敗戦、ソリタリーキング(4着)には先着とほぼ互角の実績。前走天草特別で1000万下を快勝しており、今回も印を回す必要はあろう...

プレシャスジェムズはダート(3,0,1,8)と500万下を中々勝ちあがれなかったが、函館で500万下、1000万下の特別を連勝と好調に...前走は芝の準オープンで度外視。穴ならこの馬か?



「☆上記でダート3勝以上の馬は馬券の購入対象に、2勝以下の場合はダート出走経験の多い馬を上位に!」

ダート2勝クラスで注目するのは1000万下で上位に来た馬であろうか?

瀬波特別0.5差2着のグリッターウイングはダート(2,4,0,0)と連対率100%、前走で新潟1800mを経験と馬券の押さえに必要か?

麒麟山特別0.4差4着、猪苗代特別0.4差2着のブレイクチャンスはダート(2,1,0,5)とダート経験は豊富。この馬も前走で新潟1800mを経験しており押さえる必要はあろう。ただ昇竜S、端午Sなどで着外なので良くて3着か?



とりあえず8頭から買い目を考えます

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事