ハリテンレック


当院の受付嬢(3代目)です。


マダガスカルの固有種でハリテンレックです。激しい性格で、世話をするために飼育ケースに手を入れると「シュッ・シュッ」と音を出して威嚇し、噛み付こうとしてきます。また、背中のハリは先端が細く尖っており刺されると痛いです。夜行性で午前中はたいてい熟睡していますが、1日に2回活動のピークがあるとされており、当院では午後の診察時間の終わりのほうで起きているのが観察できるかもしれません。


見た目は先代受付嬢のオオミミハリネズミに似ていますが、動物学的にはハリネズミよりもゾウに近い仲間とされています。テンレックは岩陰や木のうろに巣を作り、森林やその下草の生えているエリアで生活しますが、ハリネズミは地面に巣穴を掘って生活します。
 
左:ハリテンレック 右:オオミミハリネズミ

分類上も生息地域も全く違うのに、よく似た生活環境や攻撃・防御行動のために、同じような見た目に進化することを収斂進化と言いますが、ハリネズミとテンレックも”収斂進化”の一つです。



BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事