海底核爆発と米国国家デフォルト



今日、こっそりとコンピュータ監視法案が衆議院で可決されたようです。
ところがどのメディアも取り上げない。報道もない。
何を隠している?言論の自由とデマは別だ!



海底核爆発と米国国家デフォルト。
そして原発停止による電力不足の嘘。
過去に原発がすべて停止したときも東電は計画停電しなかった。
さらに予め燃料棒を抜いていた可能性。

注目のリチャード・コシミズ氏のブログ記事から転載です。


【転載開始】

なぜ、東北沖で南北300キロに及ぶ海底が高濃度の放射性物質で汚染されて
いるのか?

<< 作成日時 : 2011/05/30 09:27 >>

情報拡散ツールです。ご活用ください。

なぜ、東北沖で南北300キロに及ぶ海底が高濃度の放射性物質で汚染されているのか?これが分かれば、311人工地震の背後関係が見えてきます。

巷では、文科省の発表がショックを与えています。

●海底の土から放射性物質 宮城〜千葉沖、数百倍も 海産物に影響と文科省 2011.5.28 00:53
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110528/trd11052800540000-n1.htm 
「文部科学省は27日、宮城県気仙沼市沖から千葉県銚子市沖まで南北約300キロにわたる海底の土から、最高で通常の数百倍に当たる濃度の放射性物質を検出したと発表した。文科省は「海産物に影響が及ぶ恐れがある」としている。東京電力福島第1原発から海に流出した汚染水に含まれた放射性物質が広範囲に拡散していることが裏付けられた。
9日から14日にかけ、沖合約15〜50キロの12カ所で海底の土を採取。すべてから放射性物質が検出された。濃度が最も高かったのは福島第1原発の沖合約30キロの水深126メートルの海底で、土1キログラム当たりセシウム134は260ベクレル、セシウム137は320ベクレルだった。
ほぼ同じ海域で2009年に行った調査では、セシウム134は検出されず、セシウム137は1ベクレル前後だった。半減期が短く09年の調査で検出されなかったヨウ素131も、土1キログラム当たり1.6〜6.1ベクレル検出された。」

なぜ、東北沖で南北300キロに及ぶ海底が高濃度の放射性物質で汚染されているのか?

新聞は、「福島原発の汚染水が漏出した結果」と報じていますが、勿論、事実とは異なります。また、産経読売などが虚偽報道するのにも理由があります。背後に日本メディアを操る外国勢力があるのです。(ここでは詳細は述べません。)

海底に核兵器を植え込んで爆発させ、地殻内部に亀裂を通じて海水を浸透させマグマと接近させることで、「核融合反応」を誘発する技術があると考えられます。結果、核爆発そのものの威力をはるかに超える大きな核融合爆発が発生し、大地震・大津波を引き起こします。(大地震でできた亀裂による海水の地殻浸透に伴い余震も多発します。)

今回発見された汚染域は、見事に311地震の震源域と重なります。それが何を意味するか?「人工地震」という言葉を耳にして「馬鹿じゃないの?」と鼻で笑って来られた方々が多いと思います。ですが、海底核爆発による人工地震・人工津波は、米軍が65年前に開発した陳腐な旧式の大量破壊兵器なのです。しかも、1945年の終戦前後に三度の大津波が東海地方を襲って大被害を出していますが、米軍には「津波兵器」を日本に対して使用する計画すらあったとわかっています。貴方が知らなかっただけなのです。人工地震など多くの人に知られた既存技術だったのです。その兵器の使用域の東北沖で汚染が発生しているのです。

2011年の今、同じ兵器が東北沖の海底で使用され、大津波を起こしたと確信します。海底核爆発は、当然ながら海底の土を汚染します。よって、南北300キロの震源域がそっくり汚染されていてなにも不思議はありません。これを福島原発から漏出した汚染水に原因を帰するのには余りにも無理があります。該当地域に南北300キロにわたって汚染水を運んだとする海流など見当たりません。

そもそも福島原発自体からは「放射能漏れはなかった」と考えるべきです。恐らく燃料棒は六ヶ所村などに事前に移送され、原発は停止状態にあったと思われます。(原発停止による電力不足もまた嘘です。過去に原発がすべて停止したときも東電は計画停電など行いませんでした。計画停電の後に大きな地震が静岡東部などで起きていることも覚えておいてください。地震を引き起こすのに計画停電が必要だったのです。)

「燃料棒が溶けてしまっていた」くらいの大事故だったのだから、大変な汚染水が流出したのだろうとお考えの向きもあるでしょうが、それが事実なら、非常に高い放射線量が東日本全体を覆い、原発周辺では被曝の急性症状で苦しむ人、亡くなる人が続出しているはずです。そして、東北関東の住民は、命からがら名古屋以西へ避難していることでしょう。だが、実際には、問題になるような高い放射線量は一部の地域を除いては検出されていません。

だが、実際に高い線量のところがあるじゃないか、高濃度の汚染水が原発で見つかっているじゃないか、馬鹿じゃないか、お前は?と憤る方もおられるでしょう。

放射能漏れがなかったのに、放射線量が上がるはずがない.....というのは、もっともです。だが、放射能漏れを偽装するために、地震後に福島原発で小型核爆弾を使用したらどうなるでしょうか?3月14日の「水素爆発」を覚えていますか?水素爆発程度で、鉄骨が溶けて折れ曲がりますか?小型核は、放射能を原発周辺に振りまくことで、「原発から放射能漏れがあった」原発の汚染水を海に放流したから海洋が汚染した」と偽るために使用されたと考えられます。

東北沖の海は、原発事故以前、311地震の際に使用した核兵器のおかげで汚染していたのです。核の使用を隠すために水素爆発・汚染水放流の猿芝居が実行されたのです。

あなたは、津波の到達前に東北海岸の放射線量計が作動して警報を出していたのを知っていますか?あなたは、食物連鎖の一番最後にいるクジラから早くも被曝が発見されたことを不思議に思いませんか?

我々の仮説は、燃料棒を予め抜いておいて安全な状態にしておいたうえで、水素爆発を偽装した小型核爆発を仕掛け、あとから放射能汚染を発現させたというものです。そして、裏の勢力の代理人である菅政権が、レベル7を宣言して危機感を煽ったのです。また、政府は必死に打ち消しましたが「汚染水放出は米国の強い要望があったから」というニュースも一時流れました。つまり、米国にとって、海洋汚染の原因を原発だったとしておく必要性があったのです。

だが、飯館村のように高い汚染地域があるのはなぜ?風が放射性物質を運んで選択的に飯館村を襲った?他に理由があると考えるべきです。今回の連続地震には、海底地震以外に陸地に震源のある地震もありました。それらの一部は、地中に特殊な低威力核兵器や放射能の発生しない「純粋水爆」によって引き起こされたものがあると思われます。それらの地中で起きた人工地震の結果、福島原発から離れた場所で、高い線量が検出されているのです。そして、これらも福島原発が原因だと偽装されているのです。

だが、いったい誰がそんな手の込んだテロを実行すると言うのか?東電も菅政権も米軍も全部グルだと言うのか?なにが目的なんだ、バカヤローいい加減なことを言うな!と激怒されるでしょう。ですが、文字通り全部グルなんです。菅政権は311テロを実行するために捏造された傀儡政権なのです。目的は、破綻寸前の米国経済を延命させることです。日本の「円」がドルに代わって世界の基軸通貨となることを阻止するためのテロだったのです。日本の経済活動を阻害し、国の半分の核汚染を偽装することで日本の価値を貶め円の相対的価値を下落させるのが主目的だったのです。(今も円高に振れてはいますが、311がなければ今頃一ドル50円となっていたかもしれません。)

貴方は、米国が国家デフォルト寸前であることを御存じですか?サブプライムローンをはるかに超える住宅ローン危機が起きつつあるのを知っていますか?大学卒の85%が職を見つけられないのを知っていますか?なぜ、日本経済新聞がこれらの大ニュースを報道しないのか、わかりますか?S&Pの日本国債の評価格下げも日本の国家の価値下落を偽装する目的だと知っていますか?

お知りになりたかったら、リチャード・コシミズの新刊、「3.11同時多発人工地震テロ」をお読みになってください。今、日本が戦争の真っただ中にあることがわかります。そして、武器を使わずに敵と戦い善戦していることも判ります。貴方の世界観が変わります。大手書店、ネットの書籍販売、リチャード・コシミズ後援会、独立党のHPから書籍の購入ができます。あなたの家族を守るため、「彼ら」が企画している大きな極東戦争を阻止するため、是非、この書籍を手にしてください。

リチャード・コシミズでした。

党員、心情党員諸君、足りない部分、訂正すべき部分があればご指摘ください。
改訂しますので。


【転載終了】

★リチャード・コシミズ氏のブログ★
(ここウェブリブログのアクセスランキング第1位!)



現在、私はこのベストセラー本2回目読破中です。
すべてがスッキリ見えてきます。
リチャード・コシミズ氏のいつもながらの日本を想う熱い気持が溢れてます。
友人・知人にもどうぞお勧め下さい。情報拡散です!



3.11同時多発人工地震テロ
リチャード・コシミズ
リチャード・コシミズ


Amazonアソシエイト by




BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事