地球と万物万象の奴隷解放に向けて“コブラ地下組織”が動いています。 コブラとは・・・?


Portal 2012 (コブラのサイト)


引用元:奴隷解放前線さん|2013年08月01日より

地球と万物万象の奴隷解放に向けて、
       コブラ地下組織が動いています。コブラとは・・・?

コブラ地下組織(コブラ抵抗運動)のサイトから転載(一部修正・コメントを入れています)
http://acinfrench.blogspot.jp/2012/04/japanese-cobra-resistance-movement.html

創始:

1975年に、コードネーム、ミカエルが彼の命を狙って追っていたイルミナティの手を逃れました。彼は自分を守ってくれる12人の仲間と共にいた。逃亡の間に、彼らはニューヨークの地下鉄につながるトンネルを発見しました。彼らはそのトンネルに入り、表面から消え、地下でグループを再編した。そこでコブラ地下組織が誕生して、ニューヨークの地下に司令センターを設けました。

ミカエルが地上にまだ持っていた膨大なスパイネットワークを通じて、イルミナティと戦っていた多くの諜報員と接触し、地下の組織に加入させました。彼らの主目的は、イルミナティの支配を終わらせ、人間に進歩した技術を与えることでした。今私たちが使っているパソコンはこの組織の支援で開発されました。1977年にはこれらのパソコンが多数並んだ部屋を見たことがあります。この組織は、数千年の間地下の洞窟に住んでいるアガルタ人(地球内部の地底人)のポジティブな文明との接触を持ちました。

彼らはポジティブなアンドロメダの人たち(アンドロメダ評議会?)と1977年には連絡を取っていて、銀色のアンドロメダの葉巻型の宇宙船を地下の基地で見たことがあります。

1990年代の初めには、彼らは軍事用のARPANETを公共用に拡張してインターネットを使えるようにするための一部の役割を果たしました。イルミナティと地球外の闇の勢力は、このコブラ地下組織を破壊するための攻撃を1996年に行って、地下トンネルと洞窟で激しい戦闘が行われ、コブラ地下組織はほとんど破壊され、アガルタ人もほとんど追放されました。

プランはこのために改定された。

1999年の初頭に、プレアデスは惑星X上の抵抗運動と連絡を取り、イルミナティに対する大規模な攻撃を開始しました。イルミナティは三週間後に敗北し、火星と月の基地に逃げ込みました。この時には、多くの抵抗運動の自由の戦士たちは地球の地下トンネルシステムに入って組織に参加した。
二つの勢力が一つにまとまり、今では、抵抗運動と称されています。

増強された統合勢力は、今では、闇の勢力を撤退させるに至りました。2000年と2001年には、イルミナティは、月と火星及びそのほかの太陽系の基地を失った。プレアデスと他の銀河の統合勢力の支援(シルバー・レギオン 銀の軍団が力になった)で、全ての残留レプティリアン、ドラコニアン、レティキュランの勢力も同じ時期に太陽系から掃討されました。これが闇の者たちをパニックに陥れ、最後の拠点である地球を確保するために、9/11事件を起こしました。


惑星X:

惑星Xは太陽系の外郭に位置します。その表面は、物理的な生命には不適切ですが、地下には、棒対なトンネルシステムが設けられ、1999年まではイルミナティの支配下にありましが、その後、光の勢力の手におちました。

2002年には、プレアデス人がこの惑星の特性と性格な軌道要素を教えてくれました。内部には岩があり、外部は氷結したメタンで覆われていて、青色を呈しています。直径は、9400マイルで、重さは、地球の0.76倍であす。軌道の半主軸は、太陽と地球の間の距離を1AUとして、70AUで、(黄道面に対して)40度の傾斜を持っています。

日本の天文学者パトリック・リカウカ(Patrick・Lykawka)が、惑星と推定される星、惑星Xは岩と氷でできていて、直径は6200〜9300マイルであり、質量は、地球の0.3〜0.7倍であち、軌道の半主軸は100〜170AUで軌道傾斜は40度であるとした論文を見て、喜び、驚いた事が想像できるでしょうか?
http://allesoversterrenkunde.nl/artikelen/755-The-mystery-of-Planet-X.html

この惑星が未発見であるとされている理由は、カバールがこの発見を隠しておくように命令したからです。又、彼らは黄道の近くの新しい惑星に集中していたが、惑星Xの軌道傾斜が大きいために惑星Xがある位置には発見されませんでした。これはかなり大きい天体なので、探す場所が特定できれば、アマチュアが使う比較的大きい望遠鏡でも発見できます。ところで、これはニビルではなく、地球に衝突もしません。



イベント:

9/11は、カバールの目論見どおりに実行されました。しかし、このイベントは、多くの人たちを目覚めさせる引き金となり、マスメディアの宣伝の裏でなにが起こっているのかを多くの人たちが気がつくようになりました。この新しい気づきは、地球からイルミナティを排除上するための抵抗運動のプランの改善を容易にさせました。
2003年までには、彼らは全ての地下軍事基地を破壊するのに成功し、最上部のものだけが残りました。それ以来、抵抗運動は、イルミナティのネットワークに約300人の諜報員を、多くは軍隊と情報機関に送り込みました。これら諜報員は、検知されず、イルミナティには、誰がどこにいるのかわかりませんでした。

2012年の1月と2月の初めには、抵抗運動は、イルミナティの手にあったほとんどの黄金を捕獲しました。山下の黄金がどこにあるのか、と聞きたいのでしたら、今、その答えがわかったわけです。この黄金はマリアナ海溝、フォーとノックス、ロスチャイルド家の別荘あるいは城の地下室、クローテン空港の地下の部屋、チューリッヒのUBSの金庫にあるわけではなく、ヒェスイットの支配下の小銀行の金庫に分散されているわけでもありません。
この黄金は抵抗運動の地下室にほかんされていて、イベントが起こった後で、人間に返却され、全ての人たちの豊穣を意味する新通貨の裏付けになります。

イルミナティネットワークの瓦解プランを改定しようとする考えは1975年のこの組織の結成以来のものでした。
1977年には、このプランを考えた人とあったことがあります。初期の考えは、軍隊を支配下において、イルミナティを抵抗運動の導きで瓦解させようとするものでした。9/11以降に起きた人々の目覚めのために当初のプランは、改定されました。今では、今では、誰も地球を乗っ取ろうとはしていません。

抵抗運動は、主にイルミナティの情報と、物資供給について軍隊を支援していますが、ほとんどの場合は陰に隠れています。軍隊は、米国で連邦保安官、国際的にはインターポールのような民間機関によるカバールのメンバーの逮捕を法的に支援しています。抵抗運動は、1999年に惑星Xで行って以来、カバールの瓦解と地球の解放の経験をしてきました。彼らは常にプレアデス人やそのほかのポジティブなETとテレパシーによってではなく、物理的に連絡を取り、全てのカバールのメンバーの、所在地、していること、考えていることについての情報を日常的に入手しています。イルミナティにとっては、今では、どこにも隠れ場所はありません。

人間の如何なる権威筋もこれを何時起こすのか、決められません。イベントを何時始めるべきかについての最終の指令は、ソースから与えられます。これは宇宙規模で重要なイベントです。闇の勢力が把握している最後の惑星は間もなく解放されますが、これは銀河中に光の波を送るでしょう。イベントが起こされる直前には、ソースは銀河連合を通じて光のパルスを送り、プレアデスは、抵抗運動に地球上の300人の諜報員を使って、軍隊と法執行官の内の鍵となる人たちに連絡を取り、その後、作戦が開始されます。

作戦が成功裏に終了した後、この状況を利用して自分たちの政府を設立し、ファンドを差し押さえようとする者が現れるでしょう。この時点では、カバールは拘留されているからといって、このことが人間の貪欲と権力欲が無いということを意味するのではありません。この様な者は、覚醒していない人間のうちのある割合の者の特性の一部に過ぎないのです。これらの者たちがだれであるかは、抵抗運動が良く知っていて、彼らの行動は、監視され、この状況を利用するようなことはさせないので、安心してください。

地球上の人たちがである程度の意識レベルに達すると、抵抗運動は、舞台裏で人間のために作業をします。ある点で、ポジティブなETとのファーストコンタクトのはるか以前に、彼らは表に出てくるでしょう。かれらは、120兆ドルのファンドを設立し、彼らの繁栄パッケージに従って人間を支援します。彼らは、多くがETから供与された高度に進歩した技術を備えています。彼らは世界中の天才たちが開発し、カバールが抑えていた6000件もの発明を支援の裏づけとして公表します。

その後、彼らは、さらに進歩している彼ら自身の技術を公表するでしょう。このブログは、地球の表面に住む人たちに2012年内のある種の発展について知らせる目的で、抵抗運動の指示に基づいて作成された者です。
多くの表面に住む抵抗運動の諜報員たちは、このブログを読み、この中に暗号化されている通信を受け取ります。インターネットは、あまり秘密の度合いが高くない情報を発信するには最も容易な方法であり、少なくとも公開チャネルを通じて安全に情報を発信する手段の一部です。将来は、抵抗運動は、一般大衆に対してある種の通信を行い、このブログは、地球上の抵抗運動にとっての公式な通信チャネルになります。

www.2012portal.blogspot.com

Translator: Taki



【参考】
1994年に撮られた約2時間に渡るアレックス・コリアーさんによる地球人類、地球、­そしてそれらを取り巻く闇と光の宇宙人勢力の衝突、アンドロメダ人の文明社会などにつ­いて詳しく語られた興味深いビデオの一部です。


#8 アレックス・コリアー:アルファ・ドラコ二ス レプティリアン



【関連記事】

コブラ13/9/29:惑星の状況についてのニュース:新金融システム
2013/10/01
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_3.html


コブラ8/27:平和のポータル活性化報告・・・9月は非常に面白い月になるでしょう
2013/08/28
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_111.html


コブラ8/16:エジプトとこの惑星一般の状況についての短信(9月の偽旗作戦と8/25のポータル)
2013/08/17
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_75.html


コブラ・・・2013年8月11日 新しい機会の窓
2013/08/12
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_49.html


コブラ最新情報:2013/08/09 イベントの後で金融に生じること
2013/08/10
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_42.html


「この情報を広めてください/変化に備えよ」 コブラ愛と光の時代へのニュース2013/07/14
2013/07/15
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_42.html


『エジプトにおける光の勝利』 これはイベントの為の大きいリハーサルでした…コブラ 2013/7/5
2013/07/08
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_22.html


コブラ5/30:アーヴィン/ラグーン会議の報告とイベントのために新設されたウェブサイトの告知
2013/06/02
http://mizu888.at.webry.info/201306/article_8.html


ポータル開放報告・・・コブラ/2013年5月28日
2013/05/29
http://mizu888.at.webry.info/201305/article_131.html


『これからのこと』 光を輝かせよう・・・レディーナダ(2013/5/24)
2013/05/26 09:27
http://mizu888.at.webry.info/201305/article_116.html


5月25日にポータルが開いてもまだイベントは起きない。
これらは必要な前段階である。(コブラ5/22)
05/23
http://mizu888.at.webry.info/201305/article_108.html


【ポータルの開口】―「5/25世界同時視覚化瞑想」
日本時間は5/26 AM4:12 コブラ5/14
2013/05/15
http://mizu888.at.webry.info/201305/article_61.html


コブラ・・・”イベント” 2013年5月10日 抄訳
2013/05/12
http://mizu888.at.webry.info/201305/article_45.html


秘密の宇宙プログラム、その“隠された目的”−コブラ(2013/04/24)
http://mizu888.at.webry.info/201304/article_95.html


イベントに必要な条件が満たされるまで、地道な多くの仕事が必要です−コブラ(2013/04/22)
2013/04/25
http://mizu888.at.webry.info/201304/article_89.html


インプラント半球と銀河中心太陽の活動―コブラ(2013/03/10)
2013/03/15
http://mizu888.at.webry.info/201303/article_40.html


舞台裏の進展−コブラ・最新情報(2013/02/24)
2013/02/26
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_66.html


【まだアルコンは残存している】―短い状況報告コブラ(2013/01/22)
2013/01/23
http://mizu888.at.webry.info/201301/article_51.html


イベントの遅れの主な要因:『エーテルのアルコングリッド』−コブラ(2013/1/3)
2013/01/06
http://mizu888.at.webry.info/201301/article_13.html


ギザのピラミッド群で何が起きていたのだろうか
−12/21:コンタクトの日に関する報告 by Cobr
http://mizu888.at.webry.info/201212/article_80.html





www.prepareforchange.net



最近の画像付き記事