Moondrop IXとAUGLAMOUR AUGLAR GR-1が届きました。

先日AliExpressにて購入したイヤホンのMoondrop IXとポータブルヘッドホンアンプのAUGLAMOUR AUGLAR GR-1が届きました。

Moondrop IXの販売ページはこちら
AUGLAMOUR AUGLAR GR-1の販売ページはこちら
どちらもHCKのフォロワー割にて表示されている価格より若干値引きになります。
GR-1についてはe☆イヤホンにて国内販売が始まっています。

Moondrop IXは13.5mmのダイナミックドライバーを搭載した真鍮躯体のイヤホンになります。
水月雨と書いてMoondropと言うメーカー名の様で昨今の新興中華メーカーとしては珍しくちゃんとしたHPが有ります。

他のメーカーはパッケージ自体無いか有っても紙箱の所が多いのですがこのMoondropは珍しくプラスチックのパッケージなります。


付属品はシンプルで本体とポーチと写真に写ってはいませんが別サイズのイヤーピースとケーブルクリップになります。


真鍮の躯体は加工時の傷が若干残った状態でコーティングされておりこれがまた良い味を出しています。


Aune M2Sで聴いた印象としては全体的にスッキリとしたフラットな音で解像度も高く好印象です。
低音が好きな方は物足りないと感じるかと思いますが美音系のイヤホンが好きな方には良い選択肢であると思います。
ダイナミックドライバーですので今後のエージングで変化する可能性もあり、音に関しての詳しいレビューは改めてさせて頂きます。


AUGLAMOUR AUGLAR GR-1はオペアンプにOPA2604を採用したポータブルヘッドホンアンプでオペアンプはソケット式なので自分で交換することが出来ます。
Twitterのフォロワーの方の情報によるとベースはtrasam HA2と言う機種であろうとのことでした。
また「AUGLAMOUR」と「AUGLAR」について、これも伝聞の情報で不確かな話になりますが「AUGLAMOUR」は中国人には長くて覚えられない為「AUGLAR」で商標登録をしたそうです。中華らしいと言えば中華らしい面白いお話しです。

実際のパッケージについてはこちらは結構確りとした箱に入っています。やはり日本での販売を意識したのでしょうか。


箱を開けるといつものあのロゴプレートが存在感を放っています。Mini-MiniケーブルはMONSTER Cableを採用している様ですが個人的には微妙な長さなので使い道がありません。その他の付属品としては充電用のUSBケーブルとシリコンバンドが一つ入っています。


本来であればイヤホンメーカーが初めて出すポータブルヘッドホンアンプなどと言うものは不安しか無いのですが他のメーカーには見られないこのゴツい見た目にやられて購入してしまいました。


音に関しては元のDAPの音から比べて解像度の向上は感じられませんが元気な音になります。ノリも若干良くなりますが盛りすぎておらず好印象です。値段を考えれば確りと音の変化を感じられる良いポタアンだと思います。
こちらについてもオペアンプの交換などがあるので音について詳しくは改めてさせて頂きます。

恐らくこの記事が本年の最終更新になると思います。
今年の2月に唐突に始めたブログでしたが丁度中華イヤホンの輸入にハマったのも有ってか思いの外沢山の記事を書く事が出来ました。
拙い文章でありながら非常に多くの方に見て頂きありがとうございました。
来年もまたよろしくお願いします。
良いお年をお過ごしください。

以上、最後までご覧頂きありがとうございました。
テーマ
気持玉(0)
トラックバック (0)

トラックバック用URL

コメント (4)
来年もブログ楽しみに拝見させて頂きます。良いお年を。
REV
ありがとうございます。良いお年を。
noukann
来年も色々教えてください。ブログも楽しみにしてます。良いお年を。
ほくと
コメントありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。良いお年を。
noukann

コメントする

ニックネーム
本文

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事