Android かな入力視点 MS Bluetooth Universal Mobile キーボード

マイクロソフトのキーボードを購入しました。
Microsoft Bluetooth Universal Mobile Keyboard です。
今まで、エレコム bluetooth キーボード TK-FBP069BK を利用していました。軽くスタンドもあるのですが、スタンドのせいで少し分厚いのが気になっていました。


◎こちらの製品は、平らなのでスマートです。

蓋がスタンドになっているのですが、Xperia Z3 tablet compact は溝よりも薄すぎて起立できませんでした。
Xperia Z2 tabletは起立しますがも少し心許ない感じでした。
また、このスタンド用のカバーだけで約160gもあるのと、タブレットのスリーブケースがスタンドになるタイプなので、自分はキーボードのみを持ち歩く予定です。

本体側重量が約220gなので軽いです。
なによりフラットなのがうれしい。サイズは約24cm×約11cmです。
カバーがないとチルトしない完全なフラットになります。
カバーがあり、磁石合体していると、数ミリ だけチルトします。


◎スタンド用カバーは、キーボード本題側に被せて閉じると自動電源オフになる機能がありますが、右側面に機械スイッチがあるので、1秒押しすれば電源をオンオフできます。メカニカルスイッチだったらより良かったのですが、6ヶ月も持つロングバッテリーのため、付けっぱなしでもなんとななりそう。

電源が少なくなると、赤LEDが点灯してくれるのと、充電端子がmicroUSBのため汎用性があり、安心です。
(エレコムのキーボードはメカニカルスイッチで電源で、単4電池だった)

◎さて、キーボードの打感なのですが、エレコムのよりストロークは浅めで、ピッチは約17mmなのですが、特別打ちにくいとは感じませんでした。
ただし、キーボード五段行の内、一番上のキーが狭く、キーピッチを詰めているせいで、右上のキーを押し間違えることがありました。
(かな入力のため、この段もよく利用するのですよ)
ただ慣れのような気がします。

あと、ファンクションキーが省かれているせいで、全角半角キーもありません。切り替えは、IMEに依存しておりまして、ATOKだと、Alt+スペースです。(ほかのについては、検索すればでてきます。)
癖でAlt+Tab を押してアプリ切り替えになることが度々。うむ、慣れです。

一番上部のマルチメディアキーの段(音量や再生ボタン、ミュートボタンなど)はいらないので、ファンクションキー行段を搭載してほしい( ̄▽ ̄)

◎ペアリングですが、電源ボタンを3秒間長押しすると、LEDが点滅するので、ペアリングできます。
右上にあります。スイッチは、ペアリング組の変更にも利用できまして、Windows、Android、iOSのスイッチになっています。

自分はAndroid機を2台ペアリングしたいので、WindowsスイッチとAndroidスイッチを利用しています。
この2つ何が違うというと、特殊キーのキーバインドが変わります。
左下にある家マークのキーが、Windowsキーになります。
Androidとのペアリング時にどうなるかというと検索キーになっていました。ただし、Androidキーのキーレイアウトを別のものにして、Windowsキーをホームボタンにすることもできますので、自分はそうしています。
Androidスイッチの時は、そのようなキーレイアウトいじらずにホームキーになります。解決解決。

◎主にAndroid機2台を2つのスイッチで使い分ける観点でまとめますと・・・・

▼「Esc」左上角
Windowsスイッチ・・・Escキー(Androidの場合でもbackキーとして機能)
Androidスイッチ・・・Backキー

▼「家のマークキー」左下角から2個右
Windowsスイッチ・・・Windows スタートキー(Androidの場合は検索キーとして機能)
※キーレイアウト調整すればホームにも可能
Androidスイッチ・・・ホームキーとして機能

▼「(Cmd)キー」左下スペースの2個左
Windowsスイッチ・・・Ctrl
Androidスイッチ・・・Ctrl
※左下角にもCtrlキーがあるので、お好みで利用可能

底段のキー配列は以下の通り


▼「虫眼鏡マークキー」マルチメディア段の右端
Windowsスイッチ・・・Androidの場合はホームキーとして機能
Androidスイッチ・・・Google検索が起動

▼「ロックキー」マルチメディア段の左端
Windowsスイッチ・・・Androidの場合はホームキーとして機能?※「り」が入力されホームに戻る挙動
Androidスイッチ・・・ロック画面が起動

▼「その他マルチメディアのキー」
Windowsスイッチ・・・Androidの場合は音量上下だけ機能する
Androidスイッチ・・・音量上下は機能、再生ボタンで音楽が再生される。スキップ、戻しボタンも機能する。

ほか、このキーボードには、主に左側に灰色の印字があるのですが、これは素のAndroidやiOSだと、英語キーレイアウトになってしまうので、それ用の印字があります。
でもキーレイアウトいじるソフトで、日本語キー配列にしてあげれば、ふつうの印字のまま英字記号を入力できます。


次、印字されていない、分かりづらいキーについて
▽Del・・・「Fn」+「Del」
▽Back Space・・・・「Del」
※右角のキーには、backを示すだろう記号とDelが印字されているので、表記通りといえる。
※Windowsスイッチ時Androidの場合も問題なく機能する。

▽Home/End/Page Up/Page Down・・・「Fn」+「矢印」キー
※矢印マークしか印字されていない
※Windowsスイッチ時Androidの場合も問題なく機能する。

▽ファンクションキー・・・「Fn」+「数字」キー
※Androidでは利用が少ないと思うが、カタカナ変換や半角カタカナ変換としてATOKでは機能する。
ATOKかな入力視点・・・Fn6で全角平仮名、Fn7で全角カタカナ、Fn8で半角カタカナ
ATOKローマ字入力視点・・・Fn6で全角平仮名、Fn7で全角カタカナ、Fn8で半角カタカナ 、Fn9で全角英字、Fn10で半角英字

個人的に、WindowsのATOKのように、かな入力かファンクションキーを使って英字変換して入力したいが、IMEモードを抜ける以外手段がないのが残念(。´・ω・)フムー

◎次、かな入力(かな打ち? キーボードに書かれている「ひらがな」のキーを押下して日本語を入力する)の観点で、さらに掘り下げていきます。
「Android で かな入力 キーボードを買うの巻」
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201505/article_3.html
で、投稿したようにAndroidで、かな入力はかつて絶望視されていました。ただし、キーボードレイアウトのアプリ「日本語106/109 かな入力対応キーボードレイアウト」 https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.ind.knhnnh.jpnkanalayouts と、濁点(「ば」など)や半濁点(「ぱ」など)の入力を一文字として入力してくれる IME「ATOK (日本語入力システム)」 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.justsystems.atokmobile.service のおかげで、かな入力ができるようになりました。
このマイクロソフトのキーボードでも同様の方法で、問題なくかな入力できています。
ただし前述の通り全角半角キーがないため、IME起動には Alt+Space を押す必要がります。
キーレイアウトは、英数をカタカナ・ひらがなキーに置換して、Windowsキーをホームキーにする レイアウトがおすすめかな。
(後者は、Androidスイッチの場合不要)
物理キーボードを接続後、設定の「言語と入力」に現れる「物理キーボード」の下の接続キーボードをフリックして現れるキーボードレイアウト選択画面にて、設定してください。


後半へつづくっっっっっっっっっっ!! こちら→ http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201509/article_8.html

関連記事
▽ロジクール マルチデバイスキーボード k780 を試す
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201704/article_13.html

▽クルクル折り畳みかな入力キーボード LG Rolly KBB-710
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201703/article_6.html

▽マイクロソフト製 Bluetooth Universal Mobile キーボード レビュー
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201509/article_7.html

▽レノボ製 thinkpad tablet 2 bluetooth keyboard (型式 0B47358)レビュー
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201603/article_16.html

▽エレコム製 TK-FBP069BK レビュー
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201603/article_1.html

▽エレコム製 TK-FBP073BK レビュー
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201609/article_11.html

▽Androidでかな入力
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201505/article_3.html











最近の画像付き記事