Xperia X Performance F8132 デュアルスタンバイ確認

Xperia X Performance F8132 はデュアルSIMです。
今までは、デュアルSIMでも片方が日本で既に停波してい2Gのサービスだったので、海外に行く方くらいしかメリットがなかったのですが、今回CPUチップセットが対応することで、3Gが利用できるようになりました。
ただ、実機を入手するまでは半信半疑の状態が続き、確認が待たれました。
台湾の展示会などで、既に、4Gと3Gのデュアルスタンバイは確認されていましたが、
先日入手しました本機を使って、日本でもデュアルスタンバイを確認してみます。

今までは、フラグシップのXperiaは、独立タイプだったのですが、SIMトレイの二つ目のSIMトレイはSDカードと排他利用です。

自分は、SIM1にドコモ系MVNO の IIJmio のSIMを、
SIM2にソフトバンクのかけ放題(スマ放題)のSIMを挿入しました。
SIMトレイは、どちらもnanoサイズなので、ノーマルやminiサイズの場合は、SIMカットが必要になります。自分は両方ともnano SIMだったので、そのまま挿入できました。

IIJmioは音声通話も可能なSIMでしたが、今回デュアルスタンバイが発覚したので、音声部分を外してデータ専用のものに変更する予定です。
ソフトバンクの通話し放題のSIMは、ガラホ 501SH のもので、通称銀SIMの nano サイズです。

セットアップ時にSIMの設定がありました。
モバイルデータを使うSIMを選択します。自分は IIJmio(NTT DoCoMo)を選択します

通話で使うSIMを選択します。その都度選択の選択肢もあります。自分は、SoftBank を選択します。

テキストメッセージに仕様するSIMを選択します。

これでSIM設定が完了します。

セットアップが完了後、設定>その他の設定>モバイルデータ でアクセスポイントAPNを設定するのですが、
タブで切り替えるようになっています。
SIM1であるDOCOMO側は、優先ネットワークタイプが LTE/WCDMA/GSM(自動) になっています。
またアクセスポイントのMVNOの種類にてSPNを選ぶと普通はSIMの種類から、今回だとNTT DOCOMO が選択されるのですが、SoftBankになってしまったので、手動で変更が必要です。

SIM2であるSoftBank側は、GSM/WCDMA(自動)になっています。
自分はソフトバンクは通話のみ利用するので、SIM2のアクセスポイントは設定しませんでした。

設定>デュアルSIM では、セットアップ時に選択した、モバイルデータおよび音声およびテキストメッセージの優先SIMを設定できます。

試しにソフトバンク側のSIMで、117にダイアルしてみましたが、ステータスバーに砂時計が出て片方、つまりドコモ側のデータ通信が一時無効になることを確認しました。私はSIM2のアクセスポイントを設定していないので、電話中はモバイルデータが利用できません。

着信も試しましたが、発信と同じようにSIM1のモバイルデータがオフになりました。

以上の実験から、Xperia X Performance F8132 はDSDS (dualSIM dualStandby)とわかりました。
日本のキャリアでも利用できることもわかりました。

他の購入者の報告から、SIM2がドコモのFOMAでも利用できるとの報告が挙がっていましたので、ダブルドコモでも問題なさそうです。au は理論上はモバイルデータ側は問題ないと思いますが、SIM2側の3GはCDMA2000には対応していないので有効に利用できませんのでご注意ください。

最後に、Xperia X Performance F8132 の対応周波数を確認しました。
ダイアルにて、「*#*#7378423#*#*」をダイアルすると、サービスメニューを表示できます。
Sevice Info>Configuration でWorking Band を確認できます。

対応バンドは、UMTS HSPA+ いわゆるWCDMA 3Gですが、
800 (Band VI), 800 (Band XIX), 850 (Band V), 900 (Band VIII), 1700 (Band IV), 1900 (Band II), 2100 (Band I) MHz です。
ドコモだと2.1Ghz B1はもちろんのこと、いわゆるFOMAプラスと呼ばれるプラチナバンド800MhzのB6が特に重要ですね。
B19はほとんどLTE対応のものに切り替わっていて、対応していないですが問題ないと思います。
ソフトバンクについても2.1Ghz B1はもちろんのこと、プラチナバンドである900MhzのB8に対応しています。
B11には対応していないですが、終息する予定の周波数なので問題ないと思います。

LTE は、Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8,12,13,17,19, 20, 26, 28, 29, 38, 39, 40, 41 と幅広く対応していて、
ドコモだと高周波数帯のB1はもちろんのこと、プラチナバンド800MhzのB19 にも対応しており、
東名阪で展開されているB3にも対応、比較的新しいプラチナバンドB28にも対応しています。
CA(キャリアアグリゲーション)が可能なら速度も期待できます。
B21には対応していませんが、地域が限定的なので問題ないと思います。
ソフトバンクについても2.1Ghz B1はもちろんのこと、プラチナバンドである900MhzのB8に対応しています。
band3にも対応し、比較的新しいプラチナバンドB28にも対応していまので、CAが可能なら速度も期待できます。
auについては、2.1Ghz B1は対応していますが、プラチナバンドである800MhzのB18には対応していないように見えますが、B26が内包しているので、割と利用できると思いますが、あまり利用者を見かけません。

以上

関連記事
▽Xperia X Performance 3週間使ってみてレビュー
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201607/article_2.html

▽Xperia X Performance F8132 開封の儀式 その1 と その2
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201606/article_12.html
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201606/article_13.html

▽Xperia X Performance アクセサリーレビュー DEFF製 アルミバンパーストラップホール付き
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201606/article_15.html

Xperia X Performance アクセサリー(背面フィルム&前面フィルム)
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201606/article_16.html

▽Xperia X ストラップホールがないので、ケースなどを検討してみる。その1〜3
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201606/article_6.html
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201606/article_7.html
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201606/article_8.html

▽Xperia X Performance グローバル版F8131とF8132は技適通過してない!?
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201606/article_5.html

▽Xperia X Performance 香港予約開始 価格約78000円
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201606/article_1.html

▽エレコム製micro USB SDカードリーダ MRS-MB05BK を入手
(Xperia Xシリーズは、SIMトレイがSDカードと排他利用のため)
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201605/article_22.html

▽Xperia X デュアルSIM版 f5122 のSIMトレイがSDカードと排他利用タイプと判明
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201605/article_21.html

▽Xperia X Performance SO-04H Antutuベンチマーク&メモリー状態
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201605/article_12.html

▽Xperia XP dual SIM版用にソフトバンクスマ放題(電話かけ放題プラン)を契約してくる。なんと月々たった159円!
http://s.webry.info/sp/novel-99.at.webry.info/201605/article_13.html




















最近の画像付き記事