高濃度酸素水OXYSHOTは使える! 北海マラソンで体感 足が楽ですね! 摂取サプリをさらに詳しく

どもです 酸素ください 店長オラオです
巷でジワジワと「楽になるらしい…」と噂になっているらしいテキナアイテムを北海道マラソンのレース中に使ってみましたよ…
うん、スッーと楽になる感覚を実感できましたね・・・
足が楽になりますね…
前半スタート後は足が重かったですが、8kあたりで1回目の摂取で足がスッーと楽になった感覚があります。

けど、先に言っておきます。
少しお値段は張るかな・・・ 
けど、それだけの実態感を感じましたよ

高濃度酸素水 SPORTS OXYSHOT


飲む酸素ですね・・・

今回レース中に3回、10k、23k、32kと摂取してみました。
感覚的には、足の重いのがスッーと楽になる感じを受けました。

今回、ネガティブスプリットな安全走行レースをしたとは言え、後半ペースを上げれることに繋がったのは、このアイテムの効果は高いかもしれませんね・・・

簡単に言えば、酸素カプセルに入っている効果と言うのがわかりやすいかもしれませんね…
レース前、レース後の使用も効果的ですが、激しいレース中に摂っていくのも効果が高いと思います。
ここぞと言うレースでは強い味方になると思います。

北海道マラソン報告 Vol1もぜひご覧ください
http://orao.at.webry.info/201609/article_1.html


今回の北海道マラソンでの使用したアイテムを整理すると・・・

朝ご飯をしっかり食べて・・・(これ大前提ね)

スタート 30分前に
IRON FORCE BAR

通販はこちら
http://item.rakuten.co.jp/runwalk/stc-1/

スタート直前に
OVER BLAST NO CRAMP

通販はこちら
http://item.rakuten.co.jp/runwalk/stc-3/

8k、21k、30kに
SPORTS OXYSHOTを約5mlずつ

通販はこちら
45ml
http://item.rakuten.co.jp/runwalk/10000186/
250ml
http://item.rakuten.co.jp/runwalk/10000187/

35kでマグオンを1本

いつもに比べれば、摂取量は少なめですが、今回はこの摂り方に効果を感じていますね・・・
IRON FORCE BAR+OVER BLAST NO CRAMPのセットはかなりの持続・耐久性を感じるので、嬉しいアイテムになります。
腹持ち、持続・耐久性を実感するので、頻繁にジェルを摂ることをしなくて良いのは助かります。

できることなら摂る回数は減らしたいのでね・・・

SPORTS OXYSHOTは足の疲労度を軽減してくれる効果を実感するし。
カラダに酸素が行き渡るので、痙攣予防の効果も期待できそうです…
あと、カラダに酸素が行き届くので、集中力も向上するような感覚もあります。

フルマラソンはある意味、集中力が切れた時点で失速に繋がりますので、その効果も期待できます。

今回はジェルは2本持っていましたが、1本で押し切れました。

北根室ランチウェイのことが頭によぎったので、マックスまでは振り絞らなかった感はあるので・・・
その代わり、ゴール後にすぐに摂取して疲労回復を促しました。

トレーニングなどやTRAILではある程度効果を実感していたのですが、今回の北海道マラソンでは、このパターンの効果を実感できたので、当面レースではこのアイテムに頼ろうと思っています。

次のレースは斑尾トレイル50k
2016年のメインレースと位置付けているので、ガンバフンバしたいと思います。

今回、北海道マラソンは高級ロング走テキナ考え方もあったのでスタート前にOXY shotは摂らなかったですが、次のレースは摂りましょうかね・・・

今考えているのは、こんな感じです。

朝ごはん たっぷり(これ絶対条件)

スタート45分前 OXY shot 5ml
スタート30分前  IRON FORCE BAR
スタート 10分前 OVER BLAST NO CRAMP

30分毎 にOXY shotを5ml 目標4h45として、8shot

2時間あたりで、Vo2 MAX BAR
斑尾山の上りぐらいでガシガシと食べるかな…^^

通販はこちら
http://item.rakuten.co.jp/runwalk/stc-2/

あとはジェルは3本ぐらいをカラダと相談しながら・・・等間隔で

こんな感じになりますかね・・・

STCシリーズが腹持ちが良いので、持つ量は少なくて済むのは嬉しい効果になりそうです。


酸素と噛むバー+ジェル 今、押しのサプリ摂取法ですね





BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事