V6・クマグスへの道☆三宅編(6)

あぁ、だから好きだなぁって思う。。。

V6のレギュラー番組「新知識階級・クマグス」
そのレギュラーコーナーと化している、健くんの「朝呑みクマグスへの道」
今週は番外編の後編、イノッチと坂本くんが合流するお花見パート2であります!

うん。ちょっと復活。
少し休んで、ちょっと吹っきれて。
やっぱ、担当ならリアタイで見なきゃ〜ってさ。
だって、一週間これしか楽しみないでしょうよ。

つーか、あの失礼なテロップは、何?!
“典型的な酔っぱらいトーク”とかって、要らないから。
私、感動してたのに、健くんの呂律の回らないお説教話にさー。

三宅『世の中ねぇ、求めるだけじゃダメなの。時には求めないことも必要なわけ』
堤D『無償的なことですか?』
三宅『そうだよ。求め続けたら、その先に何が残るんですか?』
堤D『憎しみですか?』
三宅『違うでしょ。求めるから、見返りとか色んなことを期待しちゃうわけでしょ?』
堤D『期待しますねぇ』
三宅『最初から求めなきゃ、そんなことで傷付いたりしないでしょ?』

何か、ファンには耳が痛いお言葉じゃないですか?
大好きなお友達で、一緒に参戦するのもすごく楽しいんだけど、いつも担当さんからのファンサをいじらしいほど求めるので、楽しいコンなのにいつもどこかで傷付いていて、私は見ていて思うんだよね、健くんみたいなことを。

私は、多分、求めなさ過ぎかな。
だって、目の前に居てくれるだけで、十分幸せじゃん!って思うから。

オッサン臭い説教トークかも知れないけど、ちょっと素に真面目になって、そういうことが言える健くんを、大好きだなぁって思う。


そんなこんなしているうちに、イノッチ登場!
人生初のお花見だとかで、堤ディレクターさんとじゃれあったり。
そうこうするうちに、ミュージカルスター坂本くんも登場!
あぁ、何か、やっぱり坂本くんが一番お酒が似合う。

三人揃うと、モノマネ大会が始まる始末。
健くんって、モノマネすると、普通の声が出るんだね。
モノマネよりも、大爆笑している坂本くんが好きなんだけどー。

何より、イノッチと坂本くんがラジオの仕事に行かなきゃならなくなったときの、急にテンション下がった健くんが、超可愛いんだけど〜♪
『帰っちゃうの?そんなの寂しいじゃん』って。
きっと二人は、後ろ髪引かれながら、お仕事行ったね、あれは。
だって、放っておけないでしょ〜。

竹内アナが、V6の仲良しぶりを良いですねって言ってくれて嬉しかった。
そうだよー。もっともっと、クマグスでそんな雰囲気が出るといいね。
もちろん、ファンには分かることだけど、知らない人にも伝わればいいな。

保護者二人の登場が嬉しいと言いつつ、登場場面はサラッと流してしまうあたり、結局そこんとこは私にとって大した着眼点ではないってことだね(笑)

可愛いけど、そろそろ誰か止めて欲しい気もする深夜です。。。

最近の画像付き記事