おー! 勘違い

先日、テレビでぼた餅は、牡丹が咲く頃つくるお餅のことで、、お萩は萩の花が咲く頃作る
御餅のことだといっていた。

へぇー、そうだったのか!とんだ勘違いをしていた。

九州育ちの炭鉱近くに住んでいたことがあった為か、ぼた餅はボタ山と関係があると思い込んでいた。
あの黒い山の色、とボタ餅のイメージが見事に重なって、何の疑問も感じなかった。
関東地方に引越しした時、関東では、ぼた餅と言わず、お萩と言っている人が多かったので、
やっぱり関東にはボタ山がないからだと思っていた。

ぼた餅と聞いて、ボタ山を思い浮かべていたのは私一人なのだろうか?






ムサシアブミ  
馬具の鐙に似ているそうだけど、鐙はあまり見たことがありません。


テーマ
気持玉(0)
トラックバック (0)

トラックバック用URL

コメント (12)
こんにちは。
 ボタ山とは、思いつきませんでした。でも、私も、牡丹が咲く頃だから、ぼた餅って、知りませんでした。灯台もと暗しですね。
 
秋桜
ぼた餅についての印象はありませんでしたが、ぼた餅を約さず、ぼたん餅の方がいいのではと思いました。
ムサシアブミは本当に馬具の鐙に見えますね。
あぶ
ホホー、「ぼた餅」ってそういうことだったのですか、知りませんでした。いま「ぼたもち」を変換したら「牡丹餅」が出てきました。
ボタ山とは、見たことが無いので(「青春の門」の映画以外は・・)、それとは関連付けませんでしたけど。
そういえば・・今更ですが、こちらで「ボタ餅」なんて、言ったことも聞いたことも、ありませんね。
人生ゆっくり
関東でも、春は"お萩"と呼ばずに"ぼた餅"と呼ぶようにと、きつーく教育されたことがあります(笑)
泥が付いているから、ぬぐってから食べるなんて笑い話もあったような(もったいない!)
matsumaru
棚からぼた餅なんて最初に憶えた格言のように思っていましたが、地方によって随分違いますね。ボタ山も懐かしいです。昔見た、夕日に影を作るボタ山の写真が今でも目に焼き付いています。
カナート
秋桜さん、
ぼた餅というとなんだかドテッとした大きなお餅で田舎風の感じがしますね。
お萩と言うと上品がイメージが・・・・・(笑)
のんびり猫
あぶさん、
私もそう思いました。牡丹餅の方がおいしそうな感じがします。
のんびり猫
人生ゆっくりさん、
ぼた餅と言うとイメージが良くなくてあまり使われないのではないのでしょうか?(笑)
私も幼い時の一時期、住んでいただけですので、ボタ山をしっかり見ていた記憶は無いのですが,成人になって福岡空港に降り立つ時、見えたボタ山の景色に、何故か胸がいっぱいになって、心のどこかに、焼き付けられているのだなーと思いました。
のんびり猫
matsumaruさん、
確かに泥饅頭と似ている様な・・・・・(笑)
のんびり猫
カナートさん、
棚からぼた餅・・・いろはがるたにあったのかなー?
確かに小さいときから、知ってる言葉ですよね。
のんびり猫
 ウラシマソウの類……
 こういうのを見ると食虫植物に思えてくる。
みそ
みそさん、
よく知ってますね。
ウラシマソウもあるのですが、特徴である釣り糸みたいなのがたっれ下がらなくて、年々小さくなってきているのです。
今年は、どうなるのか・・・・浦島太郎も魚が連れませんよね。
釣り糸がたれたら載せます。
のんびり猫

コメントする

ニックネーム
本文

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事