百貨店 は ミュージアム museum

お気に入り百貨店

レトロチック・エレベーター

会社帰りに日本橋の百貨店に寄り道してみた。
ここ日本橋店には、昔ながらのエレベータが設置されている。
扉はガラス張り、内側の格子状の扉は、黄金色の鋼管で造られている。
乗り心地も面白い。昇るときは一瞬少し沈んでから上昇する。
中から外の売り場が見えるので、その沈み具合を目と体で感じ取ることができる。
扉の開閉時の音もアナログ的な効果音である。

今日も、7階売場の食器売場で、楽しむ。
特選洋食器売場にjは、
リヤドロ
マイセン
ロイヤル コペンハーゲン
ウェッジウッド
リチャード ジノリ
ロブマイヤー
ヘレンド
ロイヤルドルトン
ラリック
ローゼンタール
クリストフル
サンルイ
バカラ
フッチェンロイター
メゾン・ド・レタン
エルベ
アンリ
ミントン
の売場があり、食器以外の作品も陳列されているので、一つ一つじっくり見ているだけでも、目の保養になる。
もちろん、和食器売場でも楽しめる。
食器以外の付属アイテムも各種取り揃えているので、いろいろな発見にも出会える。

ここ7階には、高級品もあれば、お手ごろ価格の日用品なども扱っている。
ちょっと身近なキッチン用品・日用品売場の隣に、敷居の高そうなバカラの売場が並んでいる。
この売場の雰囲気のギャップがなんとなく面白い。

高級なものを見ていると、何だか心が癒されて、いい気分にさせてもらえる。
(※見てるだけなので、百貨店さんには、ご迷惑おかけしてます。)

店員のサービスもとてもよい。
当たり前の話なのだが、1,000円位のアイテムを購入しても、丁重に対応してもらえる。

客層もとてもよい。
百貨店の価値は、客層の品格で判断できると思う。

最近の画像付き記事