マリオの声はこの人だった!

前回,世界中の子どもたちを魅了したポケモンについて書きましたが
同じ日本文化と言えば,ゲーム文化,特にマリオが挙げられます。
そういえば,リオ・オリンピックの閉会式に現れたのも記憶に新しい。


でも,もともとはこんな感じでした。服の色も違いました。


この日本が生んだキャラクター,マリオも進化してきました。


マリオの声を1996年の「スーパーマリオ64」から担当しているのは
チャールズ・マーティネー Charles Martinet さん

26年間マリオの声を担当してきた彼の GREAT BIG STORY が
先週公開されました。


マーティネーさんはマリオ以外にもルイージやワリオ,ドンキーコング
などの任天堂の主要キャラクターの声を担当しています。

もともとは,映画やテレビドラマ,企業のイメージビデオなどに
出演する俳優を務めていました。

ある日,友人からゲームのキャラクターの声のオーディションを
受けてみないかと誘われます。

オーディション会場に到着すると,もう終了寸前。
何とかオーディションを受けさせてもらえることになりました。

審査員はこう言いました。
「任天堂のゲームのキャラクターの声を演じて欲しい。
キャラクターはブルックリンに住んでいるイタリア人の配管工です。」


さて,マーティネーさんは即興でどう演じたのでしょう?
動画をどうぞ!



聞き取れましたか?
「また連絡する」=不合格,と思ったところ,
審査員の「マリオを見つけた!」という電話の声が聞こえてきたんですね。

ちょっと気になるのが,マリオ(マーティネーさん)が話す英語。

It's a me, Mario.


Let's a go.


これは調べてみると,マリオがイタリア人であるという設定のため
イタリア人っぽく,イタリア語なまりで発音しているようです。


イタリア語は日本語のように単語は母音で終わるからなんですね。


また,こちらの動画でも,オーディションの様子を話しています。
日本語訳もついていますので,見やすいと思います。



ファンレターも多く来るようです。
人生を楽しむのがモットーだそうで,陽気な性格ゆえ
マリオにピッタリなんですね。


テーマ
気持玉(14)
トラックバック (0)

トラックバック用URL

コメント (2)
おはようございます。

 なるほど、これがイタリア語なまりの英語ってやつなんですね。おもしろかったです。

 以前から、なんとなく英語よりもイタリア語の方が聞き取りやすいしまねしやすいなぁ、と思っていましたが、「母音で終わる単語」の所為だったのかもしれませんね。
あきあかね
あきあかねさん
こんばんは。イタリア語は詳しくないんですけど,日本語に似ているようで,発音しやすいようです。ローマ,マカロニ,ピッザ,フェラーリ,ジョルジオ・アルマーニ,フェデリコ・フェリーニ,…全部「(子音+)母音」で終わります。「ティラミス」も正しくは「ティラミスゥtiramisu」ですし。
英語は文字と発音が一致しない言葉が多すぎる珍しい言語です。
リアルET

コメントする

ニックネーム
本文

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事