不思議な飲み物

昨晩、「結婚できない男」というドラマの最終回がありまして、国仲涼子と二人っきりになった阿部寛が思わず「こういう時って、頭の中に般若心経が流れない?」ってセリフを吐いてました。「あるあるある〜、流れるよね〜」と激しく同意したスイレンです。
阿部寛君とは永遠に分かり合った気がします(笑)。

さて、私には10年来の悲願がありまして、それは「メッコールを飲んでみること」です。



メッコールとは韓国のカルト集団・統一教会系の企業によって販売されている清涼飲料水。
昔は山崎浩子が新体操のリボンを振り回しながらCMやっておりました。
10数年前までは統一教会の信者による訪問販売も行われており、日本国内でもかなり有名な飲み物だったそうです。
味は「コーヒーとコーラと麦茶を合わせたような味」という想像すら不可能な神秘の世界。
が、統一教会による霊感商法や合同結婚式が社会問題になるにつれ、訪問販売は中止。現在では一部の自動販売機と統一教会の関連施設のみで購入が可能らしいです。
統一教会の施設に行くのはとってもコワイので、自動販売機を探しているのですが全く見つからず。

ちなみに韓国国内ではキリスト教系団体を中心にメッコールの不買運動が起きたため、「メクッ」という新しい商品名に変更して販売されているそうです。「メクッ」って発音しづらいんですけど、桜田淳子はその辺どうお考えなんでしょうか?
入手困難なことと、統一教会の怪しさが相まって、メッコールは伝説の飲み物となりつつあります(笑)。

ついでに、もう一つ飲んでみたいのが「お腸夫人」



一流メーカーDYDOが何でこんなギャグに走ったのか大変興味があります。
さらに、知り合いに胃腸の弱い人がいるのでお歳暮に箱ごとプレゼントしようかと(笑)。

さらに挙げると「ひやしあめ」



関西ではメジャーらしいですが、それ以外の地域の人にはまるで知られておりません。
つーか、私も飲んだことがありません。

日本国内にもこれほどの謎と神秘が溢れているのですね。

最近の画像付き記事