文亨進世界会長による「夫婦の真の愛の8段階」(その2)

今日もいいことありました?

文亨進世界会長による「夫婦の真の愛の8段階」の第2段階を紹介します。第1段階はこちら


第2段階「授受作用の始まり」
 その次に、「授受作用の始まり」です。祝福後に配偶者との授受作業が始まるのです。そうすると、配偶者の中に自分の考えや心と同一の内容を発見するようになり、同じ瞬間に自分と異なる部分や習慣、考えを発見し始めます。この段階で、互いの違いのゆえに、相手に対して批判的になる可能性が高くなります。

 例えば、一方が「女性は職業をもたなければならない」と考えるとき、他方は「女性は家にいなければならない。私の母は、いつも家にいて子供たちを育てたのだから」と考えたり、「家庭のためにお金をたくさん稼がなければならない」に対して、「お金がたくさんあるならば、与えなければならない」と考えることもあるでしょう。

 さらに「個人の喜びを求めたい」に対して、もう一方は「父母様と神様に喜びをお返ししたい」と考えるかもしれません。そうなった場合、授受作用する中で葛藤が起きることでしょう。

 そうなると、「全てが合わない。私はこの人とは合わない」という結論を下す可能性が大きいのです。ここで多くの人たちが祝福に失敗します。祝福が壊れた家庭の多くが、正に第二段階におけるこの問題で失敗しているのです。

 しかし私たちは、このことを覚えておかなければなりません。それは、祝福結婚は常に変化しているということ、また、私たちがどこからこの関係を導いていくのかによって、発展するようになるということです。

 ですから、この段階で重要なことは、そのまま放棄するのではなく、開かれた心で忍耐しながら、他の人の立場を理解しようとする訓練です。

 私が祝福を受けたとき、お姉様が私にとても知恵深い言葉を下さいました。「もし相手とけんかしたら、その人のうちに解決しなければならない。翌日まで放っておいてはいけない。その日に解決しなければならない」と。私は常にそれを実践しています。

 そのことについてお姉様に大変感謝しています。その日に解決すれば、常に夫婦二人がウィン‐ウィン(Win-Win)できる、そのような授受作用が起きるようになります。


個人的に印象に残った部分は以下の通りです。
相手に愛して批判的になる可能性が高くなります祝福が壊れた家庭の多くが、正に第二段階におけるこの問題で失敗しているのです祝福結婚は常に変化している開かれた心で忍耐しながら、他の人の立場を理解しようとする
みなさまはどんな感想を持ちましたでしょうか。

第3段階は次回に。

このブログをご覧になったすべての人に幸福が訪れますように。祈

応援ありがとうございます!にほんブログ村

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事