SmartWatchの開発環境構築

最近、AppleのiWatchとかGoogleとか、はてまたMSとか何故か時計型デバイスが人気
ちょいと不思議です。
SonyのLiveViewとかSmartWatchとか早すぎたんですかね〜
LiveViewは周りで一瞬流行ってすぐ消えました。

SmartWatch2が今年の9月に出るみたいです
http://japanese.engadget.com/2013/06/25/smartwatch-2-nfc/

Fitbitみたいなものならともかく、別にスマフォ本体で操作するのいらんのですが><
しかし仕事でも最近BT関連の引き合いが多くて、会社に転がってて誰も使ってないSmartWatchで対応できるか調べたのでちょいとメモ書き



(1)環境構築
http://d.hatena.ne.jp/tarosay/20120415/1334486080
この辺を参考に構築

(1−1)Sony Add-on SDK 1.0
まずはEclipse上に必要なものをダウンロードします。
Android SDK Managerを起動します。
メニューのTools⇒Manage Add-on Sites...を選択すると画面がポップアップします。


User Defined Sitesのタブをクリックします。


Newボタンを押下するとポップアップするの「http://dl-developer.sonymobile.com/sdk_manager/Sony-Add-on-SDK.xml」を入力してOKを押下します。


元の画面に戻るのでCloseを押下します。


Android SDK Managerの4.1.2のところに「Sony Add-on SDK 1.0」が追加されるのでチェックしてInstall 1 packageを押下します。


ライセンス画面でAccept Licenseを選択して、Installを押下します。


ダウンロードが始まります


少し待つとダウンロードが完了します。


(1−2)Sony DeviceProfiles
Android SDK Managerの下の方、ExtrasにSony DeviceProfilesが追加されるはずなので
選択します、出てこなければAndroid SDK Managerを一旦閉じてから再度開いてください。


Accept Licenseを選択してInstallを押下します。


(2)AVDの生成
Android Virtual Device Managerを起動して、Newを押下します。
以下のように入力します。
AVD Name:適当に
Device:Xperia Z(1080 × 1920: xxhdpi)
Target:Sony Add-on SDK 1.0(Sony) - API Level 16
Memory Options: RAMは1024だと警告が出るので半分で
SD Card:Add-onを落としたところにイメージがあるのでそれを指定



これで作成したAVDを起動すると以下の画面になります。


(3)サンプルを動かす

(3−1)必要なライブラリを準備
http://d.hatena.ne.jp/tarosay/20120415/1334519040
ここに記述があるように
SmartExtensionAPIがAPIですが、アプリ的にはSmartExtensionUtilsを使って作られているようです。
⇒逆かな?SmartExtensionUtilsがSmartExtensionAPIに依存しているようです。

SmartExtensionAPIをまずインポートします。
次にSmartExtensionUtilsをインポートします。
SmartExtensionUtilsはSmartExtensionAPIを使用しているので、SmartExtensionUtilsで右クリック⇒プロパティ
Androidをクリック、一番下でAddボタンを押下してSmartExtensionAPIを追加します。



(3−2)サンプルのインポート
<Android SDKのルート>\add-ons\addon-sony_add-on_sdk_1_0-sony-16\samples\SmartExtension
の下にサンプルがあるのでインポートします。
エラーになるので、SmartExtensionUtilsをプロジェクトに追加します。
追加方法は以前と同じ、プロジェクトで右クリック⇒プロパティ
Androidをクリック、一番下でAddボタンを押下してSmartExtensionUtilsを追加します。



(4)サンプルを動かす
多分、本物のSmartWatchがあれば本体とペアリングしたときに、「SmartWatch」というアプリをダウンロードするようにメッセージが出るはずなのでインストールします。
SmartWatchは特殊でして、サンプルはSmartWatch本体では動作しないようです。
あくまでAndroidスマートフォン上で動作して、表示、タッチイベントの取得などをSmartWatch側で行うようです。
サンプルをAndroidスマートフォンにインストールしてもランチャーに出てきません。
「SmartWatch」というアプリ(ややこしい)の方に一覧表示されます。一覧の一番下とその上。


そして「SmartWatch」上で有効にすると、ハードウエア「SmartWatch」の方にアイコンが表示されます。

ということでやっとサンプルが動きました。
ただこの構成だと想定した機能は実装できそうにないのでお蔵入り><





BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事