<恋物語>第恋話「ひたぎエンド 其ノ肆」

貝木が戦場ヶ原から受け取った30万円は「一回一万円づつ北白蛇神社にお布施する約30日分」だった!Σ(・ω・ノ)ノ


「高級ホテルへの30日分の宿泊費やタクシー代などの必要経費を請求しないなんて、どんだけ良心的な料金設定なんだ?」というのが正直な感想です。
そして、貝木が撫子の部屋のクローゼットで見た「意外なもの」とは?(不明のままですw)
そもそも、題名の「恋」は、誰の、誰に対する恋なのか?さえ判らなくなってきました。(笑
※ひとつ確信できることは、貝木が戦場ヶ原や羽川に『料金は、お前の体で払ってもらおう。』と言う薄い本が続々と出て来るであろう事ですっ!(`・ω・´)シャキーン

さて、何者かに尾行された貝木がホテルに戻ると「手を引け」と書かれた手紙が落ちています。不審に思った貝木は戦場ヶ原に電話。
彼氏持ちの女に夜遅く電話するとか、前回は夜11時にファミレスに呼び出すとか、なにかと怪しい行動が多い貝木ですが、今回は無駄話を繰り返した挙句に何の収穫も無し。('A`) ホント ニ プロ カヨ・・・
※個人的には、蟹の怪異と出会う前の戦場ヶ原を犯そうとして抵抗され、怪我させられた宗教団体の幹部あたりが怪しいと思います。

翌日、何事も無かったように北白蛇神社に行く貝木。撫子は相変らず無邪気です。
そして帰路、彼の前に出現したのは羽川!Σ(・ω・ノ)ノ
忍野を探しに海外に旅行していた羽川が、わざわざ一時帰国してきた理由は?(不明のままですw)
羽川の宿泊しているシテイホテル(デザイナーズホテル?)に上がりこむ貝木。まさに薄い本のネタ提供にしか見えない。(笑
そして彼が羽川に「聞きたい事がある。情報交換だ。」と言った意図は?(不明のままですw)
更に「羽川が、何らかの確信を持って、貝木を疑わないこと」の理由は?(不明のままですw)
(´・ω・`) ドンダケ ジカイ ニ ヒッパリ タイン ダヨ ・・・

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事