「シャッドテールワーム 泳がない」って、フック&シンカー重量が足りてませんね(−−;)

 ノーシンカーでシャッドテールワームを使っていると思われますけど、T字型のしっぽを持つワームの場合、そのしっぽが左右に動くためには水の抵抗を受ける必要があり、水の抵抗を受けても回転などしない、安定した姿勢で引けるだけのフック&シンカーの重量が付いてないとテールが動くことなく泳がない状態になります。

 テールをしっかり動かして泳ぐ状態にしたいだけなら、ジグヘッドリグにしてみれば、ちゃんとテールを動かし、姿勢は安定して泳ぐというのが見て、分かると思います。

 「そりゃそうだろうけど、ノーシンカーで使いたいのに・・それは無いな!」というのなら、フックの軸の太いものを選び、そのフックの重量だけでも重さが足りない時には、おなか側に何か重さのあるものを取り付けるしかありません。

 ねじ込み式の軽く小さなシンカーも売っているはずだし、ワームのボディーにある程度の太さがるのなら、ネイルシンカーをオフセットフックのカーブの部分、ワームから離れている部分の真ん中あたりに埋め込むと姿勢は安定して泳ぐようになると思います。

 シャッドテールワームをノーシンカーで遣って安定してテールが動くようなセッティングというものは、釣り人が自分で見つける物であって、推奨のフックでもあれば別ですけど、じぶんで工夫すれば良いだけの事ですね^^;

 ノーシンカーに拘るのなら、オフセットフックの軸のワイヤーの太いものを探してきて、サイズの違う物をいろいろ試して、フックの重量だけで十分に姿勢が安定して、テールが動くセッティングを見つければ良いだけです。

 たどり着くまでには、かなりのフックを買って、使ってみる必要はあると思いますけど^^;;;(笑)

 そういうことをしないのなら、「ワームがちゃんと水中でテールをブルブル震わせながら回転せずに泳ぐ」という状態を優先して、そのためにできる事を考えるということで十分かと思いますね^^;

 ノーシンカーに拘らなければ、オフセットフックを取り付けた後で、ネイルシンカーの0.3gとか0.5gとか0.9gとかをボディーの中に差し込めば、テールが震えて、泳いで姿勢も安定する状態にはできるはずです。

 泳ぐ層、引く層に関しては、ロッドの穂先の高さの調整、リールのハンドルの回す速度の調整で対応すれば、水面でのバジングは出来ないとしても、水面直下から水面下30cmぐらいまでの層を横に引くことは出来るはずですね。

 リールのハンドルの巻き速度の調整を充分にできるのであれば、それは水面下1mでも2mでも横に引くことは出来ると思います^^。こういう場合に、ハイギアリールは不向きです。ゆっくりハンドルを回す必要があるから。

 シャッドテールが左右にしっぽを動かすためには、尻尾を動かした振動よりもボディーの中心軸がぶれないだけの重さがある事が条件であり、ボディーの重さが足りてない場合、テールは動かず、クルクルと回転する、横倒しで戻ってくるような状態になります。

 というわけで、シャッドテールのワームのしっぽが思うように動かないのであれば、動いてくれるようなフックの選択、ボディーへの重さの追加をすれば良いだけですね^^;;;;

 シャッドテールワームと言ってもどこのメーカーのどのワームなのかが分かりませんので、あとは、自分で試してください♪

 ボディーサイズ、形状、テールの形状、素材の比重はメーカーとモデルで違いますので。

 「泳がぬシャッドテール、泳がせて見せよう!」という心意気で使ってくださいませ(笑)


ジャッカル タングステンネイルシンカー 1/96oz-1/13oz JACKALL NAIL SINNKER
Lure&Boats Back Lash
JACKALL/ジャッカルNAIL SINNKER/ネイルシンカー◆素材:タングステン◆Feco対応


楽天市場 by



BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事