「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」






私のオススメ度....★★★★☆


映画に感動する。それには、いくつか必要なものがあります。
ストーリー、役者の演技、胸に残る台詞に映像など...。
「ハリー・ポッター」の新作映画が公開されるたび、欠かさず映画館に足を運んでいます。公開前に、すでに原作を読んでいる私にとって、ストーリーがわかりきっている映画を見ても、正直あまり新鮮味はありません。それでも、なんでわざわざ映画館に足を運んでいるのかというと、自分なりにイメージしていた映像、あるいは難しすぎて読み飛ばしてしまった部分を、役者さんの表情や最先端の製作技術で実際に目の前に表してくれる、その瞬間がたまらないからです。"Harry Potter"は全7巻、意地張って洋書しか読んでこなかったので、うまく映像化できていない部分が消化できて助かっています。





シリーズも4作目となり、回を重ねるに従って、ハーマイオニーの活躍が目を引きます。原作と映画の違いはいくつかありますが、特にハリーとロンの仲違いの中、あたふたしてしまうハーマイオニーの姿が少なかったのは残念でした。2時間ちょいという時間枠に、あの量の原作をすべて取り込むことは不可能なので、仕方ないことなんですが....。
映画は映画、原作とはベツモノという心構えで鑑賞した方がよさそうです。
ハリポタの原作は、容赦なくどんどん分厚〜くなっていくのですから。





とうとう復活してしまった闇の魔術師ヴォルデモート。レイフ・ファイアンズが演じていたということですが....う〜ん。特殊メイクがきつすぎて、よくわかんない!? これまで浮遊霊状態だった闇の帝王、彼の今後の悪漢ぶりも見ものです。


セリフ集

Make sure you're alone.
 (必ず1人でいるんだよ)

Attaboy!
 (よくやった!)

Some game, huh?
 (厳しい試合だよ、な?)

First and foremost, a dance.
 (何はともあれ、ダンスです)



以上のセリフは、映画館で鑑賞した際にメモしました。カン違いなどありましたら、ご教示ください。




テーマ
気持玉(1)
コメント (2)
こんにちはです。
私は原作の日本語版を読んで映画を見てますが
それでも、映像化されて始めて消化出来ることが
多いです。
Emiさんの英語だけでの理解=私の日本語での理解
ですね〜きっと。
私も早くそうなれるようにがんばらないと!
ドリトル
ドリトルさん、ありがとうございます。日本語版もわが家に全巻ありますが、英語版を読んでから、またあの厚い本を再び開く元気がなくて、ほとんど読んでいません...。日本語版も、自分のカン違いを正すために、今後は少しずつ目を通していきたいと思っています。
また遊びに来てくださいね!
Emi

コメントする

ニックネーム
本文

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事