今年のポール・マッカートニー

今年も(笑)ポール・マッカートニーが来日しました。次に来るの例の件の雪辱で新しい国立競技場のこけら落としかな、と思っていたのですが。


前回来たのはいつでしたか? 最近、頻度が多いのでよくわかりません。自分のブログで調べたら2017年だったんですね。


また来るの? と苦笑いした人も多いのではないでしょうか。

でも私には中学1年の1982年に「タッグ・オブ・ウォー」と「オール・マイ・ラビング」で人生を変えてくれた特別な人です。行かないというのはあり得ないのです。


東京ドームに2日間行きました。本番を楽しめるように米ツアーのセットを調べずに行ったのですが、これまでの来日とほとんど変わらなかったですね(笑)

そろそろ「Tug Of War」「Take It Away」「Pipes Of Peace」なんかをやってもらいたい、ということもいつも書いている気がします。


都合が悪く、両国国技館には行けませんでした。

今、気づきましたが、今回は写真も撮らなかったようです、私。






それから1カ月ほどたった12月8日。東京・神田の楽器カフェという所で川柳つくしさんという落語家のロック落語を聞きに行きました。

全3作で「根問い」「ビートルズ先生」「ディーコン」。あたり前ですが、つくしさんは相当なロックファン。50歳だそうで、私と同じ時代に音楽を聴いてきたようです。


ビートルズ先生は替え歌が売りの一つでしたが、判然としない曲が多く(笑) 。でもビートルズへの愛が伝わってきました。


ただ、おっしゃっていたポール単独で初めての日本武道館からファンクラブ企画の客席からの演出がどんどんしょぼくなっている、というのは違う気がします。ファンクラブが勝手にやっていることだし、あんな演出は不要だと思いますから。

私もつくしさん同じで最初の武道館で配られたリストバンドを持っています。開封すらしていません(笑)





テーマ
トラックバック (0)

トラックバック用URL

コメント (0)

コメントする

ニックネーム
本文

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事