ジープに乗った従軍慰安婦…洋公主30万人の進撃

女を乗せてジープは疾走する…戦時下の朝鮮半島で撮影されたフィルムが見つかった。パク政権を脅かす自称米軍慰安婦の集団訴訟。実在の洋公主たちが性奴隷の捏造話を喰い破る。

都市伝説、あるいは笑い話として語り継がれる「ジープに乗せられた」という自称慰安婦の証言。その証拠となる可能性を秘めたフィルムが発掘された。

トップに掲載した画像。奥の中央、助手席の後ろに座っているのは、女性だ。髪型までは確認できないが、周囲の熱い視線や同乗する男たちのニヤケ顔から、女性と推定できる。

乗っている車は、大東亜戦争中に量産されたタイプの米国製ジープ。運転手は、UN軍兵士である。そして、撮影場所は朝鮮半島。時代は、南北の地上戦が真っ盛りの頃であった。
▼米軍ジープに乗った洋公主(JNN)

「16歳の秋、外で用事をしているとき、洋服姿の男2人がちょっと来いと手招きをしていました。行ってみると、そばに黒いジープが停まっており、それに乗れと言いました」(内閣外政審議室資料)

河野談話の決め手となった政府聞き取り調査で、白某という匿名の朝鮮女は、そう証言していた。また台湾の自称慰安婦・鄭陳桃は、昨年7月の東京公演で、こう語っている。

「高校への通学途中、突然警察官にジープに乗るよう強要され、その後海外に連れて行かれた」
▼鄭陳桃にダイブする馬英九4月(中央社)

自称慰安婦の話の中で、繰り返し登場する「ジープ」という具体的な車種。朝鮮半島のケースでは、UN兵が日本兵に置き替えられていることは、確実だ。貴重なフィルムは、その証拠である。

そして、この「ジープに乗った従軍慰安婦」と同時に、軍部隊による女性の大量移送シーンも発見された。トッラク満載の慰安婦…衝撃的な映像だ。

【米軍トラックに揺られる洋公主】

「腕を捕まえられて門の前に停めてあったトラックに乗せられました。(略)トラックには多くの娘が乗せられ、端に軍人らが座っていました」(内閣外政審議室資料)

河野洋平が涙した政府の聞き取り調査で、尹某と名乗るいう匿名の朝鮮女は、そう証言している。トラックには大勢の女が詰め込まれ、一緒に兵士も乗り込んでいた…そんな映像が見つかった。
▼米軍トラックに揺られる女性たち(JNN)

トラック奥側の左、少なくとも4人が女性と見られる。1人は明らかに黒髪ロングの東洋人の女だ。一方、右端に映り込んだ運転手は白人で、トラックは米軍装備品と見られる。

1950年代は、まだ女性兵士が前線で活躍するような時代ではなかった。長髪の女性がなぜ米軍トラックに乗っていたのか、判らない。しかし、記録班のカメラはジープ編と同じく、女性をクローズアップしている。
▼丘の上から女性たちを撮影(JNN)

不鮮明で、何の説明書きもない年代物の白黒フィルム。そこに映る人物を女性と断定した理由は、単純だ。6月25日に報じられた米軍“慰安婦”訴訟のニュースの中で、JNNが使用したカットなのである。

テレビ報道では、情報のバックに使う映像を厳選する。まったく違う時代や場所が異なる資料映像は、基本的に採用しない。米軍“慰安婦”訴訟の会見のニュースで使用したことには必ず理由があるのだ。
▼洋公主訴訟報じるTBS夕刊ニュース6月25日

そして、この本邦初公開と見られる白黒フィルムは、夕刊ニュースで使用された後、ネット版では削除されている。TBS報道局が所有する資料映像ではなく、外部から提供された権利映像に違いない。

参考動画:JNN6月25日『「米軍慰安婦だった」と主張、韓国人女性122人が集団訴訟』(注:すぐ消去されます)


JNNは、原告団の声明文も独自に入手した。そのことから、ソウル支局が原告団体から映像を借り受けたと見られる。この映像が、訴訟と無関係である可能性は限りなく低い。

ジープに乗った洋公主。その華々しいメジャーデビューである。

【5年間で告発者122人に増殖】

洋公主(ヤンゴンジュ)、あるいは朴正煕「慰安婦」として語り継がれる売春婦の問題は、いよいよ法廷にステージを移した。驚くのは原告の数だ。背後団体側によると現時点で122人に上るという。
▼洋公主集団訴訟の会見6月25日(聯合)

2009年1月にNYタイムズが特集した際、仮名や匿名で告発している朝鮮女は、数人に過ぎなかった。それが5年間で100人を超す自称被害者を掻き集めることに成功したのだ。

参照:NY times2009年1月7日『Ex-Prostitutes Say South Korea and U.S. Enabled Sex Trade Near Bases』

「戦後の貧困や人身売買で基地村に来た私たちは、様々な暴力を受け、強制的に米軍の相手をさせられた」
▼南鮮政府を告発した女性2009年(NYT)

声明文には、洋公主らの訴えが綴られていた。貧困と人身売買をサラリと並べるのは余りにも雑だが、慰安婦問題に詳しい河野洋平は、本人の意に反したケースは「全て強制」との独自解釈を示す。

「生き地獄の基地村を抜け出そうと警官に助けを求めても、逆に警官に手を引かれて戻ってきた」

警察官も憲兵も見張り役だったのだ。慰安婦問題の権威・河野洋平は、悪質な業者を取り締まった我が日本軍の憲兵を断罪したが、この洋公主が告発する事例について、どう批判するのか興味深い。
▼70年代京畿道の米軍歓楽街(JNN)

基地村は、DMZ周辺の東豆川(トンドゥチョン)やソウルに近い議政府(ウィジョンブ)など基地周辺にあった。60年代の統計調査によると東豆川だけで実に1万人の洋公主が確認されいる。

現在も基地周辺では風俗店が大繁盛している模様だが、1996年までは南鮮政府が設置した「性病管理所」が存続したという。河野洋平らが必死に探していた“物証”は、当時の南鮮国内にあったのだ。

【カネの成る木の陰に挺対協】

約100万円の賠償金をエサに老女を集めた連中は「基地村女性人権連帯」を名乗る。反米団体や女性団体を取りまとめた上部組織だ。その中には捏造慰安婦で悪名高い「挺対協」も含まれていた。

「今日の会議では、連帯事業として基地村女性の人権運動のための研究会運営を決めました」
▼挺対協事務所での準備会合'11年3月28日

挺対協のボス・尹美香(ユン・ミヒャン)は、2011年3月に設立準備会合を開いたことを報告している。会議の場所は、挺対協の事務所だった。そして、昨年8月末に「基地村連帯」が発足した。

「口を閉ざしていれば、歴史に残らないというものではない」



発足イベントで壇上に立った尹美香は、支援を呼び掛けた。だが、6月25日の集団訴訟会見には姿を見せなかった。尹美香の南鮮政府委員登用とは関係なく、単にパリ巡業中だった為と見られる。
▼捏造慰安婦パリ巡業の尹美香ら6月25日(聯合)

「元慰安婦が途絶えれば、挺対協などは本格的に米軍・韓国軍の問題に乗り出すだろう」

慰安婦専門家筋は、そう展望していた。洋公主や朴正煕「慰安婦」をカネ集めの材料に用いることは、まだ先と見ていたのである。しかし、昨年11月に国政監査で質問が行われるなど動きは急ピッチだ。

参照:H25年11月14日『朴正煕「慰安婦」の衝撃史実…嘘吐きホンダが謝罪する日』
▼UN軍将校と戯れる洋公主(BBC)

「韓国政府は基地村での米軍慰安婦被害者に謝罪し、賠償しなければならない」

「基地村連帯」のオーガナイザーは6月25日の記者会見で、強く訴えた。その一方で、南鮮メディアの扱いは低調だ。聯合通信の記事を転載するに留まるなど、捏造慰安婦との温度差は激しい。
▼JNNが入手した洋公主訴訟の声明文

だがパク・クネが、この洋公主集団訴訟から逃げ切ることは不可能だ。

【洋公主興奮 クネの3・1発言】

集団訴訟を仕掛けた背後組織によると、原告女性の多くは、60年代から70年代にかけて基地村にいたという。告発集会に現れた元洋公主のみなさんは、捏造慰安婦に比べて角質層レベルで若い。

70年代に全盛を迎えたという事実は、洋公主の中でも別格の朴正煕「慰安婦」である。クネ父が、基地村事業の再整備に乗り出し、サインしたのは、77年5月。申し開き出来ない直接の関係がある。
▼朴正煕サイン入りの政府文書

そして、歴史資料などの根拠もなく、自称女の昔話を「証拠」としてきたことが、裏目に出た。首を刎ねかねない巨大ブーメラン。今年3月の「3・1暴動」演説で、パク・クネは、こう言い切った。

「歴史の真実は、生存者たちの証言だ。政治的な利害のためだけにそれを認めなければ孤立を招く」

被害者を自称する者の「証言」が全てなのである。検証作業など最初から必要ない。この無謀な3・1演説から、パク・クネは、元洋公主が語る昔話を「歴史の真実」として認めなければならなくなった。
▼演説するパク・クネ3月1日(聯合)

南鮮の研究者は、洋公主の総数を30万人と推定する。なぜか、この数は、ナヌムの家が掲げる朝鮮人慰安婦の合計と一緒なのだが、証言だけで即補償OKとなれば自称軍団の殺到は避けられない。

痛快なブーメランである。それは「証言が証拠」と言い続けてきた捏造派も直撃する。“被害者”差別は許されない。また日本以外の問題も決して無視しないと宣言。吉見善明は
、こう語っていた。

「日本軍の慰安施設のみを取り上げるのはアンフェアだということですけれど、外国のケース、占領軍の慰安所なども、時間の余裕があれば、当然教えるべきだと思います」(平成9年3月の発言)
▼捏造派の重鎮・吉見善明2007年(ハンギョレ)

なんと歴史教科書に書き込めというのだ。さすが捏造一筋20年の黒権威…時代の先読みに長けている。代々木も含め、我が国の捏造派には是非、洋公主問題で大きな声を上げて頂きたい。

実際は、完全無視を貫くだろう。米軍叩きに血道をあげる代々木も軽くスルーするに違いない。捏造慰安婦の虚構性を暴く、実在の洋公主は、徹底封印すべき対象だ。例えば河野洋平は先月、こう説教した。

「『他国も昔は同様のことをやっていた』と開き直るのは卑怯なことです」
▼講演で放言する卑劣漢6月21日(産経)

洋公主を視野に入れた牽制発言だが、河野洋平の嫌がることが、即ち正解である。徹底して追及すべき歴史の真実。捏造派のウィークポイントに他ならない。 

洋公主=朴正煕「慰安婦」、ライダイハン、ベトナムの南鮮兵向け慰安施設…その「3点セット」こそ、慰安婦捏造ストーリーを破綻に導く真実派の武器だ。



最後まで読んで頂き有り難うございます
クリック1つが敵に浴びせる銃弾1発となります



関連エントリ:
□H25年5月18日『米韓が作った兵士慰安街…和製R&Rの実像と捏造』
□H25年9月5日『朝鮮産・洋公主のヤミ歴史…朴正煕が設計した国家売春』

参照:
挺対協HP2011年4月14日『挺対協週刊ニュース243号』

参考記事:
□聯合ニュース6月25日『'기지촌 여성' 국가 상대 집단 손배소송』
□読売新聞6月27日『「在韓米軍の慰安婦」女性ら122人が賠償提訴』
□朝日新聞6月27日『元「米軍慰安婦」が韓国政府を提訴 韓国人女性122人』
□JNN6月25日『「米軍慰安婦だった」と主張、韓国人女性122人が集団訴訟』
□ZAKZAK6月26日『朴正煕元大統領時代の「闇」で窮地の朴政権 元「米軍慰安婦」が国家賠償訴訟』
□J-CAST6月26日『「米軍慰安婦」が存在?122人が韓国政府を訴える 日本では「韓国に大ブーメラン」と大盛り上がり』

□産経新聞6月21日『河野洋平氏、山口の講演要旨 「誤った事実は謝罪する」「政府は正しい歴史認識に立ち、不規則発言は改めるべき』

最近の画像付き記事