六地蔵でひと休み(その1)

サイクリングをしていると、あちらこちらで見かけるお地蔵さん。
(益城町の県道57号線沿い)


この「お地蔵さん」とは正式には「地蔵菩薩」と言い、仏教の教えによれば、釈迦如来が入滅して、弥勒菩薩がこの世に現れるまでの56億7千万年の無仏の間、われわれ民衆をこの世界の苦しみから救ってくれるらしい。

「お地蔵さん」は、日本では平安時代から広く信仰され、特に子どもの守り仏とされている。そのため多くのお地蔵さんは前掛けをしており、子どもの好むような食べ物や飲み物を供えてあることが多い。
(新町の三面地蔵、「三面」とは、子ども、水、火)


また、村境や峠などの道端にまつられる、禍・悪霊を防ぎ、旅の安全をもつかさどる「道祖神」と習合したものも多い。
(地蔵峠のお地蔵さん)
(狩尾峠(ラピュタ)のお地蔵さん)
(娑婆神峠のお地蔵さん)


中には、ある特定の病気の治癒祈願などの特化したものも見受けられる。
(宇土半島の阿呆峠の「くすめき地蔵」は百日咳にご利益がある)
(和水町の山道にて)


全国的には「地蔵盆」と言うらしいが、熊本では「地蔵まつり」と称して、お盆の後に地域の地蔵を飾り付けてお参りをする風習があり、宇土や大津では特に盛大に行われている。
(大津のお地蔵さんはほとんどが座っている)


さて、仏教の教えによれば、人の魂は、六道、すなわち、天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道の6つの世界を転生しているらしい(六道輪廻の思想)。


地蔵菩薩は本来一体であるが、六道に迷う衆生を救済するために、六道へ分身になって現れるという。
(玉名の「シンドバット」に近い大覚寺)

この考え方が広まった室町時代以降、日本では、「死んだ肉親・知人たちが、六道のどこに生まれ変わっていようとも、ぜひその人を救って頂けますように」と願って地蔵菩薩の像を6体並べて祀った「 六地蔵 」像が各地に建てられた。
中でも馴染みがあるのは昔話の「かさじぞう」。
(物語の舞台は秋田県だとか)

そう言えば、「となりのトトロ」でも・・・。


もちろん、熊本でも、あちらこちらに・・・。
(交通センターの近く)

(阿蘇坊中の行者通り)

(二本木の白川沿い)

(馬見原の日向往還)

(南阿蘇、中松の旧道沿い)

(宇土市円応寺のは「地蔵まつり」の中心的存在)

(七城町の前川水源近くの碧巌寺)

(高森町の含蔵寺)

(出町の往生院、中央の座像は「放牛地蔵」)



九州では、このような六地蔵以外にも様々な形態の六地蔵が建てられており、今後は熊本の各地に点在する六地蔵を、数回に分けて紹介して行く予定。

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事


PC版に切替