コナミスタイル限定、ラブプラス1/8フィギュアシリーズセット購入

12月16日、コナミスタイルで予約していた、ラブプラス1/8フィギュアシリーズ3体セット、
高嶺愛花、姉ヶ崎寧々、小早川凛子が届きました。価格は19,500円です。




さすがに3体分だけあって、送られてきた箱は大きかったです。
原型製作は、いずれも新居興業の絵里子氏。

各キャラとも、髪型パーツが5個入っているのですが、頭部が外れるタイプではないため、
髪型によってはやや取り付けにくいものもありますね。


まずは高嶺愛花ですが、彼女のみ、カバンが体に固定されています。




制服のスカートは固定されておらずルーズです。
もしかしたら、上半身と下半身が引き抜けるのかも知れませんが。














翻ったスカートは、実は愛花がいちばんガードが固くて(^_^;)、
右サイドからでないとパンツが見えません。




「ラブプラス+」のショートな新髪型を装着してみましたが、
やっぱりポニテの方が似合っているかな。










先着購入特典の、高嶺愛花用ときめきメモリアル藤崎詩織ver.ヘアパーツも装着してみたものの、
さらにイマイチな雰囲気です(^_^;)








続いて寧々さん。




3体とも、リアル方向に振った造形はではあるのですが、特に寧々さんは目が小さめに感じられ、
なびいた髪型とも相まって、ちょっと別人のように見えます。










愛花では気づかなかったのですが、制服のスカーフはラメが入ってるんですね。
カバンは別パーツ。髪型によっては、肩の部分と干渉します。

スカートの翻りはかなり激しく、後ろからだとパンツの全開率が高いです(^_^;)
たがしかし、この下着はセクシーというよりも、おばさんくさく感じられてしまうのですが…。










寧々さんの「ラブプラス+」新髪型はかなり好みなんですが、
このフィギュアの髪型は、前髪パッツン度が高くてイマイチです。

何か「バクマン。」の美保っぽくも見えるし。








そして最後は凛子。
こちらもカバンと、音楽プレイヤーは別パーツ。








ですが、寧々さん以上に位置決めがしにくいです。
音楽プレイヤーのストラップが太いのは気になっていましたが、
それだけでなく、塗料が割れてヒビが入ってしまってますね。

首は外れないので、髪型を外して何とか顔を通りますし。






凛子のスカートの翻りがいちばん大きいので、パンツは完全に露出。
しかも縞パンですか(^_^;)










髪型は、目にかかってしまうのが残念なところ。










ミノ☆タロー氏のキャラデザからは若干イメージが離れてしまっているのが好みの分かれるところだとは思いますが、
躍動感あふれるポーズで作りは悪くないです。

コナミがコントロールしているのか、ラププラスのフィギュアって、
ねんどろいどを除くとWAVEのBEACH QUEENSシリーズくらいしか見当たりませんしね。

最近の画像付き記事