ウナギ成魚を諏訪湖に放流 岡谷の会供養祭

>放流では愛知県豊橋市の養殖場で体長約40センチほどに育ったウナギ

あ〜あ........。

以下引用。
http://www.nagano-np.co.jp/articles/43401
ウナギ成魚を諏訪湖に放流 岡谷の会供養祭
長野日報
地域, 経済 2019年1月21日 6時00分

岡谷市のウナギ料理店や川魚店でつくる「うなぎのまち岡谷」の会(今野利明会長)は20日、釜口水門近くにある「寒の土用丑の日」発祥の地記念碑前でウナギの供養祭を開いた。消費されたウナギに感謝し、水産資源の回復を願って諏訪湖に成魚を放流した。

同会は、脂が乗った寒ウナギを食べて厳冬期を乗り切ろうと、立春前の毎年1月最終土用の日を「寒の土用丑」と定めている。記念碑を建立した2004年から供養祭を続け、ウナギを放流している。

供養祭で今野会長が「安心してウナギで商いを行い、ウナギのまち岡谷にいつお客さまが来てもいいよう協力を」とあいさつ。会員たちが岡谷の食文化を守っていけるよう願いを込めて一礼した。

放流では愛知県豊橋市の養殖場で体長約40センチほどに育ったウナギ数十キロを、子どもたちがバケツからそっと湖面に流した。

今年の寒の土用の丑の日は28日。

引用ここまで。

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事