朝日新聞 うたの旅人・・・甲子園に流れた校歌 「軍艦マーチ」 瀬戸口藤吉作曲 盛岡市

朝日新聞2012年4月20日 うたの旅人
甲子園に流れた校歌 「軍艦マーチ」瀬戸口藤吉作曲 盛岡市



岩手山を前に、屋上で校歌を歌う盛岡一高の応援団員たち=盛岡市上田

 1968(昭和43)年8月13日午後2時すぎ、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場。全国高校野球選手権大会第5日の第2試合は、岩手代表の盛岡一高が徳島・鴨島(かもしま)商高を4対2で下しました。盛岡一高の選手らがホームベース近くに整列すると、勝利をたたえる校歌が鳴り響きました。

 そのとたん、スタンドから「アー」というどよめきが起こり、ついで爆笑が広がりました。軍艦マーチではないか――。でもその歌詞は、例の「守るも攻むるも……」ではなく、「世にうたわれし浩然(こうぜん)の……」などと、何やら難しい言葉が続きます。実は、同校の校歌は、歌詞は違うが旋律は軍艦マーチなのでした。

 キャプテンだった高橋寿(ひさし)さん(62)は、スタンドとは別の意味で「おかしいぞ」と思いました。いつもは和太鼓をバックに叫ぶように歌われるのに、聞こえるのは吹奏楽伴奏の軽快な曲調です。「宿舎に戻るとみんな『あれはないよな、パチンコ屋じゃないか』と言い合ったものです」と、今は盛岡市の隣村・滝沢村で村議をしている高橋さんは言います。「恥ずかしかったなあ」

 甲子園で流す校歌は、高校から送られてくる楽譜をもとに、地元の朝日放送がスタジオで合唱と伴奏を収録しています。楽譜を見て、軍艦マーチのスタイルで収録してしまったようでした。

 (続きは4月21日付け朝刊の別刷り「be」をお読みください。)

「軍艦マーチのすべて」(キングレコード、3150円)が面白い。




海上自衛隊音楽隊のオーソドックスな演奏のほか、盛岡一高校歌、チンドン屋(菊乃家)、東海林太郎の歌など。ミャンマー国軍軍楽隊や戦前のベルリン・フィルの交響詩風の演奏も珍しい。

瀬戸口藤吉生誕130年記念アルバム。1905年、米国コロムビアの日本出張録音から、`98年の録音盤まで貴重な音源を集めた軍艦マーチ集。 (C)RS

収録曲目
1.岩手県立盛岡第一高等学校校歌(3:28)
2.軍艦行進曲(2:51)
3.軍艦行進曲(2:55)
4.軍艦行進曲(2:07)
5.軍艦行進曲(3:00)
6.軍艦行進曲(2:47)
7.ミャンマー・ドゥーイェ・タッマドウ(2:46)
8.軍艦行進曲(2:25)
9.軍艦行進曲(2:59)
10.軍艦行進曲(2:20)
11.軍艦行進曲(2:40)
12.軍艦行進曲(3:18)
13.行進曲「軍艦」(3:16)
14.軍艦行進曲(3:21)
15.軍艦行進曲(2:57)
16.軍艦行進曲(3:24)
17.軍艦行進曲(2:56)
18.軍艦行進曲(3:01)
19.軍艦行進曲(2:58)
20.軍艦行進曲(3:02)
21.軍艦行進曲(2:25)
22.2台のピアノのための軍艦マーチパラフレーズ(7:18)
23.軍艦マーチ(2:57)
24.軍艦マーチ(1:48)
25.ラグ・アンカタン・ラウト・ジュパン(日本海軍の歌)(1:28)
26.軍艦マーチ(2:56)収録時間 77分23秒

組枚数 1
製作年 1998
販売元 キングレコード


永久保存盤 軍艦マーチのすべて
キングレコード
1998-04-24
行進曲


Amazonアソシエイト by



[CD] 上井章指揮 海上自衛隊東京音楽隊 他/軍艦マーチのすべて
ぐるぐる王国 オレンジ DS
詳しい納期他、ご注文時はお支払・送料・返品のページをご確認ください発売日1998/4/24軍艦マーチ


楽天市場 by




BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事