3000万署名を集めきることは、私たちの世代の歴史的責務

18.09.19


 安倍政権が、圧倒的な国民、専門家の反対・批判の声を踏みにじって「戦争法」=安保法制を強行してから、今日で3年目。その戦争法のもとで安倍政権による。安倍政権の軍事的暴走が続いています。
   写真   市民アクション花見川の呼びかけに応えて署名する市民
 エジプトとイスラエルの国境地帯で展開される「シナイ半島駐留多国籍軍・監視団(MFO)」への陸上自衛隊派遣が検討されています。南シナ海での潜水艦を含む海上自衛隊による軍事訓練の実施が明らかになりました。

 「『戦争できる国づくり』に向けて、どこでもいいから実績を積み上げていきたいという安倍政権の市政が前のめりに出ている。」「南シナ海は明らかに日本の領域外・・・今回の訓練の公表は、軍事力で対抗・けん制するという明らかなメッセージで、緊張を高めるきわめて有害な動きだ。」日本共産党の小池晃書記局長が、厳しく批判しました。
   写真   私もマイクを握りました
 秋の臨時国会にも、9条改憲を発議するという安倍政権の危険な動きに、何としてもストップをかけるために、今日も私たち「安倍9条改憲NO!市民アクション花見川」は、JR新検見川駅前で、宣伝署名行動に取り組みました。

 日本共産党の寺尾さとし県議をはじめ、10人が参集。1時間の行動で、17筆の署名(3000万全国統一署名)が寄せられました。
   写真   訴える日本共産党の寺尾さとし県議
 最後まで、あきらめず署名を集めきること。それがいま私たちの世代に課せられた日本とアジア、世界の未来に対する歴史的責務なのだろうと思います。

最近の画像付き記事