語源 【干支 / 還暦】

「あなたの干支 (えと) は何?」 と聞かれると, 「私はサル」 とか 「ネ (子) 」 などと答えるのが一般的ですが,実は,それでは 「干支」 を答えたことにはなっていないのです。

正確に言うと 「干支」 とは 「十干十二支」 のことです。

私たちが普段言っている 「さる」 とか 「ねずみ」 などは, 「十干十二支」 のうちの 「十二支」 の部分です。

「十二支」 を全部あげると,

「子 (ね) 」 「丑 (うし) 」 「寅 (とら) 」 「卯 (う) 」 「辰 (たつ) 」 「巳 (み) 」 「午 (うま) 」 「未 (ひつじ) 」 「申 (さる) 」 「酉 (とり) 」 「戌 (いぬ) 」 「亥 (い) 」 です。

「十干」 とは何かというと,まず 「五行」 というのがあります。

「木 (き) 」 「火 (ひ) 」 「土 (つち) 」 「金 (かね) 」 「水 (みず) 」 の五行のそれぞれに 「兄 (え) 」 と 「弟 (と) 」 があって, 「十干」 が構成されます。

「十干」 は次の組み合わせです。

「甲 (きのえ) 」 (木の兄)   「乙 (きのと) 」 (木の弟)
「丙 (ひのえ) 」 (火の兄)   「丁 (ひのと) 」 (火の弟)
「戊 (つちのえ) 」 (土の兄)   「己 (つちのと) 」 (土の弟)
「庚 (かのえ) 」 (金の兄)   「辛 (かのと) 」 (金の弟)
「壬 (みずのえ) 」 (水の兄)   「癸 (みずのと) 」 (水の弟)

この 「十干」 と 「十二支」 の組み合わせでてきるのが 「干支」 なのです。

よく 「ひのえうま」 というのを聞くと思いますが,十干の 「丙 (ひのえ) 」 と,十二支の 「午 (うま) 」 の組み合わせによる 「丙午」 のことです。

ついでに言うと, 「甲子園球場」 ができたのは 1924 (大正 13) 年ですが,この年の干支が十干の 「甲」 と,十二支の 「子」 の組み合わせによる 「甲子 (きのえね) 」 だったので, 「甲子園」 と名づけられたのです。

まあ,とにかく,このようにして 「十干」 と 「十二支」 を組み合わせたものが,本来の 「干支」 なのです。


さて,満 60 歳 (正しく言うなら,数え年 61 歳) になると 「還暦」 を迎えるといいます。

これは,上に書いた意味での 「干支」 が一巡りして,元の干支,つまり自分が生まれた年の干支に戻る (還る) ということです。

どの辞典 ・ 辞書を引いても, 〈60 年で干支が元に戻る〉 と説明されています。

しかし,私はそれを読んで,あれ? おかしいじゃないか? と思いました。

「十干」 と 「十二支」 の組み合わせなら,10 X 12 で 120 通りの組み合わせになるはずです。

そうだとしたら,干支が一巡りするのは 120 年のはずです。

それなのに,何を調べても,干支は 60 年で一巡りして元に戻る,と書かれているのです。

これは,私にとって長い間,謎のままでしたが,最近になって,ようやく真相が判明しました。

下の表を見てください。

※ 申し訳ありません。表の文字が読みにくい場合は, [Ctrl] キーを押したまま,マウスのスクロールつまみを上に回してください。拡大表示されます。



(1) の欄に 「甲子」 とあります。これは,十干の 1 番目の 「甲」 と,十二支の 1 番目の 「子」 の組み合わせです。

(2) の 「乙丑」 は,十干の 2 番目の 「乙」 と,十二支の 2 番目の 「丑」 の組み合わせです。

(3) の 「丙寅」 は,十干の 3 番目と,十二支の 3 番目の組み合わせです。
(4) の 「丁卯」 は,十干の 4 番目と,十二支の 4 番目。

以下, (10) までは,同じようにして組み合わせていきます。

さて, (10) までくると,十干の方は,一巡りしてしまいました。しかし,十二支の方はまだ 2 つ残っています。

そこで, (11) は,十干の方は 「甲」 に戻りますが,十二支の方は残っている 11 番目の 「戌」 との組み合わせになります。

(12) は,十干の 2 番目の 「乙」 と,十二支の最後の 「亥」 の組み合わせです。

これで,十二支の方も一巡りしました。

(13) は,十干の 3 番目の 「丙」 と,十二支の方は 1 番目に戻って 「子」 との組み合わせになります。

(14) は,十干の 4 番目と,十二支の 2 番目との組み合わせです。

以下,同じ理屈で組み合わせていくと, (60) までの組み合わせができます。

では, 61 番目の組み合わせは,というと (1) と同じになるのです。で,あとはこの表の繰り返しになるのです。

こういう組み合わせ方をしていくと,十干と十二支のすべての組み合わせができるわけではなく,実際には組み合わせは 60 通りしかできないのです。

例えば, 「甲丑 (きのえうし) 」 とか 「癸戌 (みずのといぬ) 」 という組み合わせはできないのです。

これで,ようやく, 「還暦」 は, 60 年で干支が一巡りして,元の干支に戻る,というのが納得できました。

それにしても,辞典 ・ 辞書というのも不親切なものですね。 「還暦」 がなぜ 60 年なのかの説明不足だと思います。

あ,上の方に書いた 「甲子園」 の話ですが,落成年の干支がたまたま 「甲子」 だったから 「甲子園」 にしただけで,もし干支が 「甲子」 でなく他の干支だったら,その干支を球場名にはしなかったのではないでしょうか。 「甲子」 が 60 の干支の第 1 番目だからこそ,名づけたんだと思います。もし落成がもう 1 年後だったら,わざわざ 「乙丑園球場」 とはしなかったと思いますけど・・・・。

−−−−−−

** 《参考図書》 **

記号-番号 については,

《参考図書》 リスト
http://mobility-8074.at.webry.info/201606/article_35.html

を参照してください。

A-01 A-02 A-11
B-02 B-03 B-03-2 B-04 B-05 B-11 B-12 B-13 B-16
B-18 B-32 B-62(1) B-67 B-69 B-70 B-71
C-08 C-27 C-30 C-33(5) C-57(1) C-63
D-02 D-16(1) D-19 D-21 D-22 D-29 D-31 D-32 D-33
E-10 E-11
J-04 J-06 J-11 J-12
L-07
X-01 X-05 X-06 X-11

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事