語源 【間髪を容 (い) れず】

かつて,小学校の教師約 80 人を対象にした講習会の講師を務めたことがありましたが,その講義の中で, 「間髪を容れず」 の読み方と意味を尋ねたことがありました。

意味の方は,まあ半分以上の人が正しく,あるいはほぼ正しく答えたのですが,読みの方は 8 割以上の先生方が 「かんぱつをいれず」 と答えました。

「髪」 は 「はつ」 で,これを 「ぱつ」 と読むというのは 「間髪」 ということばを意識していることになります。

しかし, 「間髪」 という単語などありません。

「間髪を容れず」 は 「かん,はつをいれず」 なのです。

中国の 『説苑 (ぜいえん) 』 という書物にある 「間不容髪」 という句からきていることばです。 「間に髪を容 (い) れず」 で, 〈間に,髪の毛 1 本入るほどのすき間もない〉 ということです。

それほどの空間の狭さを,時間的な短さに置き換えて, 〈少しの間もおかずに〉 〈即座に〉 〈すかさず〉 〈ただちに〉 〈瞬間的に〉 というような意味で使われるようになりました。


私は 72 歳で脳梗塞を患って,タバコにドクターストップがかかって,現在は吸っていませんが,それまではかなりのヘビースモーカーでした。

特に,大学教員時代は 1 日に 60 本以上も吸っていました。

大学内の喫煙コーナーで,学生と一緒に吸ったりする機会も多くありましたが,時々,学生の中に,タバコの火をもみ消さないまま灰皿に捨てるヤツがいます。

そんな時は,私は,間髪を容れず 「オイ !! 火を消してけ !! 」 とたしなめました。

相手の間違った行為にも,場合によっては,それなりの理由があることもあるでしょう。

しかし,タバコの火を消さずに捨てるのに,正当化できる理由などありえません。ですから, 〈言い訳〉 など聞く必要もないのです。

−−−−−−

** 《参考図書》 **

記号-番号 については,

《参考図書》 リスト
http://mobility-8074.at.webry.info/201606/article_35.html

を参照してください。

A-01 A-02 A-51 A-52 A-54
B-03-2 B-05 B-12 B-17 B-17-2 B-20 B-25 B-41
C-54 C-57(2) C-61
D-07 D-14 D-23 D-27 D-32 D-33 D-40
E-01 E-08 E-10 E-11 E-13
J-04
R-01 R-02

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事