祝!!久能山東照宮国宝指定!!及びお知らせ

10/15(金)、文化審議会において徳川家康公を祭る久能山東照宮の「本殿」・「石の間」・「拝殿」を国宝に指定するよう高木文部科学大臣に答申、事務手続き後正式に国宝指定となります。静岡県内の建造物の国宝としては初めて、静岡県内の国宝指定は実に49年ぶりになります。
久能山東照宮は「本殿」と「拝殿」を床の低い「石の間」でつないだ「権現造(ごんげんづくり)」で構成される複合社殿で、全国600箇所近い東照宮の先駆けとも言うべき最古の造営であり、国宝指定される御社殿は1617年建立。今回の国宝指定は、前述の事項が評価されて指定されることとなりました。



ということで、この吉報以来日本平は久能山東照宮に参拝される方が増えております!!誠に有難い次第でございます。

…さて、今回はこの吉報と共にお詫びのお知らせをしなければなりません。既に一部旅行会社等関係各所に通達しております11/29(月)〜12/28(火)で予定の日本平ロープウェイの運休について、日程の延期をする運びとなりました(つまり、期間中の運休がなくなりました)。関係各所の皆様並びに日本平に来場してくださる皆様には大変ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんが、これも久能山東照宮国宝指定という吉報故の変更ということでご理解いただけるようこの場をお借りしましてお詫び申し上げます。

尚、日本平ロープウェイ運休については改めて日程を決定して実施する予定でございますので、日程が決まりましたら改めてご報告申し上げます。

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事