世界バレー観戦☆ in 大阪市中央体育館

昨日、太子堂キャップに誘われて世界バレー観戦に行ってきました。 BLUE CRUSHのsiosioも一緒に。 僕たちが見に行ったのは日本がいる名古屋会場のプールEじゃなくてプールF。 こちらの会場は大阪市中央体育館です。

待ち合わせ時間にちょっと遅れて12時ぐらいに着いたら、もう既に1試合目のロシア−アメリカ戦が始まってました。 おお〜、テレビと同じアングルだ!(笑)

長身選手が多いロシアは、コートが小さく見えました。 11番のガモワ・エカテリーナ、16番のメルクロワ・ユリアは二人とも身長202cm。 その他の選手もほとんど190cm台です。 きょ、巨人軍団だ・・・。 この身長でネットが2m24cmって反則やん。。。( ̄▽ ̄;) 試合は3-0でロシアが取りました。

ガモワ・エカテリーナのスパイクはアメリカのブロックの上からです。(^^;)↓↓

2試合目は優勝候補のブラジル−ドイツ。 2セット目は27-25と接戦ながらも、3-0でブラジルがドイツを下しました。 試合展開は実力の差がはっきりとしてましたね。 ただ、ブラジルの中でも凡ミスがいくつかあって、あまり気分的に乗れてなかった感じ。 2セット目をドイツが取ってたら面白くなってたのに。

ブラジルの切り札スパイカー、ジャケリネ・カルバリョ(#12)とカストロ・シェイラ(#13)、そしてキャップ曰く小池栄子に似てるバレウスカ・オリベイラ(#1)。笑↓↓

3試合目は中国−プエルトリコ。 中国2番のセッター、ヒュン・コンのトス回しはホントにキレイでした。 1番オウ・イメイはバレー選手には珍しく超重量級。(笑) 中国にとってこの世界バレーは、北京オリンピックまでの通過点という感じがしました。 試合は3-0のこれまたストレートで中国の勝利。

中国のユニフォームは前のスポンサー名がでかすぎて、それがチーム名みたいでした。(^^;)↓↓

そして最後のオランダ−アゼルバイジャン戦は見ずに帰ってきました。 帰りにガイドブック買ってしまった。( ̄ー ̄) 男子も載ってるんでこれからも楽しめそうです。

帰ってきてからテレビで日本女子を見てると、なんと0-2からの劇的逆転勝利で1次ラウンドから全勝だったセルビア・モンテネグロに勝ったじゃないですか!! やるなぁ。 最近の日本女子バレーはギリギリのところでの底力みたいなものが見えてきましたね。 今夜のイタリア戦が楽しみです。

そして17日から始まる男子戦はどうかなぁ。。。 苦戦は必至だけど、植田監督になってからは厳しい練習で力をつけてきてるみたいだし、新しい日本男子バレーを早く見たいです☆


− 世界バレー公式ページ −
http://www.2006vball.jp/ja/top_j.html


BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事