岡崎長次郎


山形県蔵王温泉の岡崎長次郎さんの6寸桜崩し模様です。晩年の作で、いかにも長次郎さんらしい、おもちゃおもちゃした雰囲気を醸し出しています。面白いのは、桜崩しの模様で、4段の花のうち、2段目の花だけは、つぼみのように描かれていることです。。長次郎さん以外にこのような桜崩しを描く方がいるのか、興味のあるところです。胴裏には、岡崎長次郎作との墨書があり、胴底には、米浪コレクションの梅花の印が押されています。緑は薄くなっていますが、すべて残っていて、貴重な作品と思っています。

最近の画像付き記事