Apple Watchに傷がついたので修復してみた

Apple Watch Series3 にとうとう傷がついてしまった

息子に貸したら、エスカレーターでApple Watchを下向きにはめたまま手すりにつかまり、カチカチと音を立てながら降りて行った。慌てて見てみると、画面の端のラウンドエッジ部分に傷がついていた。画面表示部にはかかっていないので、それほどひどくはないが、結構目に付く。今まで無傷だったのに、ショック・・・

ネットで調べたけど、修理に2万数千円かかるとか、Apple Care+で8千円かかるとか、そういった情報はあるものの、自分で修理したという情報は見当たらなかった。逆に、サファイアガラスの場合は、修理は無理という記事を見かけた。傷のついたApple Watch Series3は、アルミケースモデルなので、ガラスは、Ion-Xガラスというものらしい。

物は試しに、家にあった車用の液体コンパウンドとルータ+フェルトバフを使って、磨いてみた。コンパウンドは、粒子の大きさが0.5ミクロンと非常に小さいものを使用した。フェルトバフに液体コンパウンドをつけて、AppleWatchの傷にあて、ルータで10秒ほど回して確認する作業を、5〜6回繰り返した。

結果は、なんと、見事に傷が取れた。よかった

(写真を撮り忘れていた


※試してみる方は、自己責任でお願いします。










リリーフ(RELIFE) 電池式ハンディールーター 30708
イチネン ミツトモ

Amazonアソシエイト by




リリーフ(RELIFE) 3本組 軸付フェルトバフ 28526
イチネン ミツトモ


Amazonアソシエイト by


最近の画像付き記事